Special
» 2004年01月30日 16時06分 公開

レビュー:タブレットPCに最適化された新感覚のインタフェース〜「Alias SketchBook Pro 日本語版」 (1/3)

タブレットPCに最適化されたグラフィックソフト「Alias SketchBook Pro 日本語版」が発売された。ペン操作を前提にしたクリエイター/ビジネス向けソフトとして工夫された、特徴のあるインタフェースと操作感を試してみた。

[吉澤亨史,ITmedia]

 エイリアス システムズのタブレットPC(およびペンタブレット)向けグラフィックソフト「Alias SketchBook Pro 日本語版」(以下SketchBook Pro)が2003年12月に発売(2003年12月10日の記事参照)された。

 メインターゲットはアーティストや設計者、イラストレーター。もちろんそのほかにも、ペン操作を行うあらゆるユーザーに対応するよう開発したという。インタフェースや操作感に大きな特徴のある同ソフトをタブレットPCを用いて実際に試してみた。

 ちなみにエイリアス システムズは、プロ向けハイエンド3Dソフト「Maya」(参考)でおなじみだが、プロのニーズを知りつくしている同社が、どのようなタブレット向けソリューションを作り上げたか興味のあるところである。

 SketchBook Proの標準価格は2万4800円。動作環境はWindows XP Tablet PC Editionを含むWindows XPおよび2000だ。同社のサイトからは15日間有効の体験版を入手できるので、まずは試してみるのもいいだろう。同ページより購入も行える。

Alias SketchBook Pro 標準価格は2万4800円。同社のオンラインストアからダウンロード、購入可能だ

ペン操作を前提にした使いやすいインタフェース

 SketchBook Proの操作画面は、左下にいくつかのアイコンが並ぶだけとシンプルだ。はじめはシンプルすぎて、何をどうすればいいのか分からないかもしれない。

 しかし、そのアイコンにペンをタップしてみるとその使い方が感覚的に分かってくるだろう。左下に5つ並んだアイコンはツール、ブラシ、カラー、編集、ファイルのそれぞれの機能メニューがまとめられている。

初期画面と操作アイコン SketchBook Proの画面は非常にシンプル。操作性を損なわずに画面を最大に活用するためであろう

 機能を呼び出したいときには、メニューアイコンをペンでタップし、そのまま外側に向かってスライドさせるとサブメニューのアイコンが表示される。基本は目的の機能に向けてペンをスッと動かしていくだけである。アイコンにペンをあわせれば機能がポップアップするので迷うことも少ないだろう。

 ちなみに、PhotoshopやPainterなど一般的なグラフィックソフトは、設定の変更操作が“クリック”(タブレットでは「タップ」)で、絵を描く・字を書くといった操作が“ドラッグ”と、操作感が異なる。無意識に使っているユーザーも多いだろうが、デザイナーにいわせれば、この二つの操作はまったく別のものだという。

 一方SketchBook Proでは、絵を描くときと同じペン操作で設定やツールの切り替えが行える。ペンを動かす微妙なタッチをメニュー操作でも維持できる。

機能メニューアイコン 設置の変更や機能の呼び出しはアイコンから行える。まさにアイコンから機能を「引き出す」感覚だ

 メニューアイコンからは詳細な設定画面を呼び出すことができる。ブラシツールや色のカスタマイズ画面もペンのみによる操作ができるよう随所に考慮されており、慣れてくると非常に使い勝手がよいと思えてくる。通常のソフトではメニューバーから行う操作のほとんどが、このメニューアイコンから行える。

機能メニューアイコン ブラシのカスタマイズや色の詳細設定もアイコンから簡単に呼び出せる。テンションを維持したまま操作できるインタフェースは秀逸だ

 また、メニューバーや操作アイコンなどの表示を自身で使いやすいようカスタマイズすることも可能だ。5つ並んだ機能アイコンのさらに左側にあるアイコンでは、メニューバーの表示、非表示やアイコンの表示位置などをワンタッチで切り替えることができる。イラストや絵を描く際、あるいはプレゼン時などにはアイコンが邪魔になることがなく、画面いっぱいに表示することも可能である。

機能メニューアイコン ブラシのカスタマイズや色の詳細設定もアイコンから簡単に呼び出せる。テンションを維持したまま操作できるインタフェースは秀逸だ

 新規ファイルのサイズは、デフォルトでは表示ウインドウサイズに準じて決定される。しかし、環境設定においてカスタムサイズを指定できるため、用途によってはあらかじめ大きな解像度のファイルも作成できる。

解像度は環境設定 新規ファイルの解像度は環境設定で指定できる。グラフィック作品の作成には必須の機能だ。単純にファイルのサイズを大きくするアイコンも用意されている

(次のページ)●ペン操作ならではの独特で工夫されたツールで行う「画像の拡大・縮小、移動」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.