Special
» 2004年08月19日 00時00分 公開

ブランチレポーター細野由華の:赤坂タブレットPC編集記者 Vol.6:ゆかゆか、OG訪問を受ける (1/2)

赤坂にある出版社の編集部に勤務する細野由華(23歳)。この物語は、ひとりの新米女性編集者がタブレットPCを使って立派に成長していく過程を追ったフィクションである。大学の後輩から、ある日突然の電話。ゆかゆかが勤務する赤坂の出版社に就職を希望しているという。OG訪問を申し込まれたゆかゆかは、勢いでこれを引き受けてしまう。しかしこの後輩はかなり図々しいキャラの持ち主だった……

[ITmedia]

 7月吉日、雨。

 ある日、ゆかゆかのケータイに着信が! 相手は非通知設定です。こりゃイタ電か!? 校了時期でイライラ気味の由華ちゃんです……

細野 「(ひとりごと)だれかしら? またワンギリ業者? 最近多いのよねえ。でも、とりあえず出てみるか……」

後輩 「あ、由華センパイですか? 私、センパイの会社を受けてみたくてお電話したんです。どうですか、センパイの会社って?」

細野 「あら、ひさしぶり! 『どう』って言われても……。編集長が近くにいるし、ココじゃ詳しいことは……。だいたいあなた、なんで非通知にしてんのよ?」

後輩 「で、OG訪問なんですけど、いつなら空いてますか?」

細野 「えーっ!? OG訪問? いつの間に話が進んでんのよ! 第一、いま校了でいろいろと忙しいんですけど(イライラ)」

後輩 「あ、わかった。来週の月曜午後イチでどうですか? 軽ーくランチでもしながら。会社で話せないこともあるんでしょう、センパイ?」

細野 「そりゃ、ココじゃ言えないことはいろいろと……えっ、待ってよ。私、月曜日は、えーと」

後輩 「じゃ、私、他にもいろいろ電話しなくっちゃなので。よろですぅ。失礼しまーす」

細野 「えっ、あの」

 ガチャーン。ブーッ、ブーッ……

細野 「ちょっと、何なのよ、もー」

編集長 「細野君、ココじゃ言えないことって、何かなー?」

細野 「いやあ……。デヘヘ」

 後日。

 昼下がりのアジア料理店にて。

 後輩の訪問を受けて、まずはランチするふたり。ゆかゆか、タブちゃんでメールチェックしながら……

細野 「(ひとりごと)で、アタシ、なんでこいつにランチをおごらにゃならんのよお? 給料日前だっつーのにぃ」

後輩 「しっかし、センパイも変わってますよね。音大出て、IT系に行くなんてー。びっくりですよ」

細野 「なに言ってんのよ、こっちがびっくりよ。突然電話してきて、まったく。あんたも音大じゃないの」

後輩 「だってどこも受からないから……ココは何ていうか、ついでというか。ドコでもいいんですよ、不本意な会社でも」

細野 「なによ、それ。ちょっと編集部の人に失礼の無いようにしてよね。あたし、立場が一番低いペーペーなんだから」

 後輩、ガツガツ食ってて、まるで聞いてない模様。ゆかゆか、心の中で「だみだこりゃ」です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.