Special
» 2004年09月30日 12時15分 公開

赤坂タブレットPC編集記者 Vol.7:ゆかゆか、異例のスピード昇進!?ブランチレポーター細野由華の(1/3 ページ)

赤坂にある出版社の編集部に勤務する細野由華(23歳)。この物語は、ひとりの新米女性編集者がタブレットPCを使って立派に成長していく過程を追ったフィクションである。入社から、はや5年。ゆかゆかは仕事においてメキメキと頭角を現し、編集部のトップに就任した。メーカー各社からも、タブレットPCのオーソリティとして一目置かれる存在だ。しかし、ゆかゆかのこの急激な成長は、夢か現(うつつ)か……?

[ITmedia]

 8月吉日、快晴。

 ゆかゆかも入社5年目となりました。5年の間に、そう、彼女は急成長を遂げたのです。現在のゆかゆかの肩書は編集長。社歴に似合わぬ異例のスピード昇進です!

細野 「さあ、今日もはりきって仕事、仕事。この椅子も、しかし、イマイチね。やっぱり編集長ともなれば、ハーマンミラー社にでもオーダーしなくちゃダメかしら?」

 日本HPにやって来ました。ゆかゆかは、出版社の編集長であるかたわら、PCメーカーやソフトウェアベンダーの顧問、相談役のような仕事もしています。つまり非常勤の役員です。

受付嬢 「(慌てて)あっ、細野役員! お、おはようございますっ」

細野 「お疲れさま!」

 わがもの顔で受付をスルーすると、特別ビップルームへ。日本HPの開発担当、販促担当の幹部と会談するゆかゆかです。幹部たちに「先生扱い」され、エラそうに会談してます……

開発のA氏 「いやあ、ほんとに先生のご活躍ぶりは、ますます(中略)」

販促のB氏 「私も、ハイ、いつも拝見して、ハイ、それであの(中略)」

 現在のHP製タブレットPCにコメントをするゆかゆか。日本HPの幹部たちはありがたく拝聴しています。今後のタブレットPC市場や、そこに対する日本HPのビジョンについて、ゆかゆかは相談を受けたのでした。

細野 「まっ、そういうことで!」

開発のA氏 「ありがとうございました」

販促のB氏 「   同上      」

 日本HPの役員室にもついでにご挨拶。なんだか役員よりもエラそうなゆかゆかです(笑)。

 ゆかゆか、日本HPで的確なアドバイスをしたあとは、その足でなんと日帰りの関西出張です。関西の財界人を集めたパーティに招かれ、講演に出かけるところであります。搭乗時間を待つ間、ゆかゆか、編集部に電話です。

細野 「それは、ああしてこうして(テキパキと部下に指示を出す)」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.