Special
» 2005年03月09日 09時30分 公開

TabletPCハンズオン(3)──for Students:TabletPCで変わるキャンパスライフ (2/2)

[まつばらあつし,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“楽しい”“カッコいい”も重要な選択基準

 さて、実用面だけでなく、TabletPCならではのお遊びも体験していただこう。dynabook R10に付属(デスクトップ上の「Power Toys」ショートカット経由で無料ダウンロードできる)しているマイクロソフト謹製のTabletPC用ゲーム/ツール集「PowerToys」を試してもらった。

 「いろんなのがあるんですね。筆跡分析に迷路ゲーム……。これは? 楽譜に音符をペンで書き込んで作曲ができるんですか。すごいなあ……」

 まずは「筆跡分析(Handwriting Analysis Tool for Tablet PC)」というソフトにチャレンジしてもらった。指示された文字を指定された場所に書くと、筆跡から性格などを分析してくれるという代物である。タカコさんはどうだったのだろうか。

 「なんかビミョー。『将来に関して楽観的で熱心で、ぐずぐずと引き延ばしもせず、急ぎもしない』って、褒められてるんだかなんだか(笑)」

指示された文字(英文)を画面上から直接書くと、筆跡から性格などを分析してくれる「筆跡分析(Handwriting Analysis Tool for Tablet PC)」

 PowerToysには4本のゲームソフト(Handwriting Analysis Tool for Tablet PC/MazeGame for Tablet PC/Puzzle Game/Tablet PC Writing Recognition Game)、2本のグラフィックソフト(Art Tool for Tablet PC/Drawing Animator Toy for Tablet PC)、1本の実用ソフト(Tablet PC Composition Tool)が揃っており、オマケ的存在とはいうものの、TabletPCの練習を兼ねたエンターテインメントツールとして十分楽しめるクオリティを持っている。

「PowerToys」には、TabletPCならではの楽しみ方ができるソフトが収録されている。左から順に、文字入力で水滴を撃ち落とすシューティングゲーム「Tablet PC Writing Recognition Game」、手軽にお絵描きや塗り絵が楽しめる「Art Tool for Tablet PC」、音符の書き込みで作曲できる「Tablet PC Composition Tool」

 このほかにもマイクロソフトのサイトには、計算機ソフト「Calculator for Tablet PC」やマルチディスプレイツール「Extended Desktop for Tablet PC」、Internet Explorerにペン入力できるURLアドレス入力エリアを追加する「IE-AddressBar for Tablet PC」といった各種ツール/ゲームが掲載されており、自由にダウンロードして使用することが可能だ。

 なおPowerToysは、TabletPC以外のユーザーでもダウンロードできるので、どんな具合に遊べるのかを体験できる。

回転式ディスプレイは共同研究にも便利

 しばらくタカコさんにTabletPCを使ってもらって、「どうですか? 毎日付きあえるイイ相棒になりそうですね」と訊いてみたところ、「ちょっと重くて大きいから、毎日持ち歩くのはちょっと……。もう少し軽くて小さければいいんですけど」との返事。

 確かにdynabook R10は、常時携帯、すなわちフルタイムのモバイルマシンと言うよりは、家庭内モバイル、あるいは必要に応じて持ち運びできるパートタイムのモバイルマシンと捉えておけばいいのかもしれない。

 「でも、重くて大きいけど、持ち歩こうと思えばできるから、ゼミ室とか教室とか友だちの家とかにみんなで集まって議論しながら共同研究するときなどにはいいかもしれませんね。ディスプレイが回転するのも、画面を見ながら議論するときに便利だし。それに、パソコンを囲んで話してると、つい指で画面を触ったりしちゃうじゃないですか。TabletPCなら気兼ねなくそれができるからいいなって思います」

 「それに、部屋でずーっとレポートを書いてると、煮詰まっちゃって、どこか別の場所でやりたいなーって思うときがあるんですよね。そんなときの気分転換にもイイかもって思いました。無線LANが使えるカフェなんかも増えているので、部屋と同じ環境で続きができますし」

 TabletPCにとって無線LAN機能は事実上の標準仕様とも言えるが、その「ケーブルに縛られない」というスタイルが、自由な場所、自由な姿勢で使えるTabletPCの特徴にぴったりマッチしている、ということなのだろう。

 「それにTabletPCだと、メールチェックやWebブラウジングぐらいなら、膝に乗せたリラックスしたスタイルで使えるからカッコいいですよね。背中を丸めてキーボードに向かうのよりも、ペンでササッとさりげなく操作してるほうがスマートですよ、絶対」

 使うときのスタイルが大いに気になるあたりが、若い女性らしい。パソコン選びでは、“役に立つ”“便利”はもちろんだが、“使っていて楽しい”“持っているとカッコいい”というのも重要な選択基準である。どうやらTabletPCは、タカコさんの買い替え候補として、かなりの高得点をマークした様子だ。

 TabletPCの自由で柔軟なスタイルと使い勝手がもっと多くの学生に拡がれば、キャンパスでの生活がだいぶ変わってくるかもしれない。もちろんより良い方向に、だ。

※人物写真はイメージです。記事中の登場人物とは関係ありません。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.