Special
» 2006年11月22日 10時30分 公開

本物だけが持つ“上質”とは:デザインと使い勝手を両立した革張りモバイルノートPC――ASUS「S6F」 (1/2)

本革を大胆に使った斬新かつ高級感あふれるデザインで、この冬注目を集めているモバイルノートPC。それが、ASUS「S6F」だ。

[PR/ITmedia]
PR

キャンペーン

ノートPC購入者対象プレゼントキャンペーン

 ASUSTeK Computer Inc.(以下、ASUS)は、2006年11月3日〜12月20日の間にASUSのノートPCを購入した人全員に無線LANルータなどをプレゼントするキャンペーンを実施している。

 キャンペーンの対象ノートPCは「VX1 Golden Edition」および「S6F」で、VX1 Golden Editionを購入した人は世界最小クラスのコンパクト無線LANルータ「WL-530g」(写真上)が、S6Fを購入した人には世界最小クラスのコンパクト無線LANアクセスポイント「WL-330g」(写真下)がそれぞれプレゼントされる。

 キャンペーン期間は2006年11月3日〜12月20日。

 キャンペーンの詳細はこちら


関連記事

ランボルギーニ&レザーで高級感を演出――ASUSのノートPCが国内参入

ASUSTeK Computerがランボルギーニとのコラボモデル、本革張りのモバイルモデルを引っさげて日本のノートPC市場に本格参入する。


天板の全面が本革で覆われたS6F(写真はS6F ブラウン)

 ヨーロッパや東南アジアを中心に、ワールドワイドで高い人気を誇るASUSTeK Computer(ASUS)のノートPCが、ついに日本市場に本格参入した。その第1弾として11月3日に発売された「S6F」は、天板とパームレストに本革を使用するなど、これまでのノートPCとは一線を画す“本物の高級感”を備えたモバイルノートPCだ。

 S6Fのラインアップには、深いブラウンの型押し革を用いた「S6F ブラウン」と、表面をよりスムーズに仕上げた明るい色調の「S6F キャメル」という2つのモデルが用意される。CPUにCore Duo L2400(1.66GHz)、チップセットにIntel 945GM Expressを採用する点は両モデル共通で、モバイルノートPCとしては高い性能を持つ。上位モデルのS6F ブラウンは、1Gバイトのメモリと100GバイトのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows XP Professional SP2を搭載して、実売価格が27万9800円前後。下位モデルのS6F キャメルは、512Mバイトのメモリと80GバイトのHDD、CD-RW/DVD-ROMコンボドライブ、Windows XP Home Edition SP2を備えて22万9800円前後だ。ちなみに、2モデルとも来年初頭にリリースされるWindows Vistaの動作要件を満たす「Windows Vista Capable PC」に指定されている。

ラインアップは、S6F ブラウン(写真=左)とS6F キャメル(写真=右)の2モデルを用意。どちらかと言えば、ブラウンはハード、キャメルはソフトなイメージに仕上がっている

個性が際立つ上質なレザーと細部へのこだわり

 それでは、本機のデザインに対するこだわりを見ていこう。天板とパームレストに用いられる皮革素材は、職人が厳選し、手作業で丁寧に貼り付けた牛革である。PCに皮革素材、それも人工皮革ではなく、コストのかかる本革を採用するのは極めて珍しい。液晶ディスプレイ部を閉じた状態で本機を手に取ると、本革ならではのしっとりとした感触が伝わってくるのが好印象だ。また、革張りのパームレストも、手のひらに馴染む感覚が心地よく、極めて上質な使い心地を演出してくれる。本革は自然の素材だけに、1つとして同じ模様のものは存在しない。さらに、オーナーの使い方によって革の風合いは独特の変化を遂げるため、時間を経ることで世界に1台だけのマシンという所有感が高まっていくはずだ。

牛革が天板(写真=左)とパームレスト(写真=右)に貼り付けられている。ブラウンのモデルは、表面がリザードのような型押し加工になっており、自然な風合いのキャメルのモデルとは質感が異なる

 デザインを重視する姿勢は、本体を革で装飾するだけに留まらない。液晶ディスプレイ部のヒンジに沿うように各種ボタンが配置され、その両端には1つ1つに手作業で「ASUS S6」の文字を打刻した金属製キャップが装着されている。液晶ディスプレイ部の固定にラッチレス構造を採用しているのも見逃せない。ラッチレス構造により、無駄な突起や穴のない外観を実現していることに加えて、本体を抱えた状態でも片手で液晶ディスプレイを簡単に開くことができるため、使い勝手も良好だ。そのほかにもタッチパッドを金属のパーツで囲ったり、側面のコネクタが露出しないようにカバーを設けるなど、さまざまな工夫が見られる。このように完成度の高いデザインは実際に高く評価され、本機は日本の2006年度グッドデザイン賞と、ドイツのデザインコンテストred dot awardでproduct design 2006を受賞している。

ヒンジ両端には、円を描くように「ASUS S6」と刻印されている(写真=左)。タッチパッド周辺を金属のパーツで囲んでいる点に、さりげない高級感がある(写真=中央)。液晶ディスプレイ部のヒンジのカーブに沿うように、縦長の電源ボタンやLEDが配置され、デザインのアクセントになっている(写真=右)

 高級感あふれる本体と並んで目を引くのが、手の込んだパッケージングだ。PCの梱包と言えば茶色の段ボールを使うのが一般的だが、本機は伝統的な革靴ブランドの化粧箱を思わせるブラックのボックスに収められている。ボックスの内部は2層構造で、上段にはソフトケースに入った本体が、下段にはそのほかの付属品が整然と収納されており、箱を開ける瞬間からこだわりのデザインが味わえるというわけだ。

 パッケージには専用のソフトケースに加えて、本体と同様の本革を貼り付けたUSB接続の光学式マウスも同梱される。このマウスは、携帯する際に邪魔になるUSBケーブルを本体側面の溝に巻き付けて収納し、底面のスナップにUSBコネクタを固定できるため、携帯性は非常に高い。さらに携帯性を重視して、標準バッテリー(3セル)と大容量バッテリー(6セル)の2本を付属しているのもうれしい配慮だ。ユニークなところでは、本体と同じ革に職人が刻印を入れた本革証明書が同梱されている。箱から本革証明書を取り出すとき、本機が一味違ったPCであると実感できるだろう。

本体を梱包する箱から付属品まで手抜きがない。左下にあるのが本革証明書(写真=左)。マウスの曲面にもきれいに革が貼られている。ケーブルを巻き取ってUSBコネクタを底面に固定できるのは便利(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.