Special
» 2007年03月30日 10時00分 公開

ユーザー事例:レクサスが選んだ“EIZOクオリティ”(後編) (1/2)

EIZOの液晶ディスプレイが大量導入された背景には、“レクサスクオリティ”を満たす高品位な製品デザインがあった。だがもちろん、それは理由のひとつに過ぎない。専用CGソフトによるデザインシミュレーションにおいて、どれだけ実車に近いクオリティでレクサスの豊富なカラーパターンを再現できるかが、最重要の選定要件であった。

[PR/ITmedia]
PR

専用CGソフトで「見え方の違い」をシミュレーション

 レクサスの「カラー」へのこだわりは尋常ではない。エクステリアだけで22色をラインアップし、すべて6コートの複層塗装。カラーごとにコートパターンを変化させ、レクサスSCのコスモシルバーでは8コートの複層化を果たしている。また配色パターンも、従来のクルマが利用していたカラー領域を超えて、深みや透明度、反射率まで計算し尽くしているという。ショールームで実車を前にすると、広告の写真やTV-CFとはまったく違う表情豊かな色合いに驚くはずだ。

2階に展示されたレクサス各車とレクサスの色見本。色見本はエッジと曲面で構成された立体造形物に塗装しているため実車に近い色の深みや透明感、光沢・反射を再現できる。とはいえ、(部分的な)色見本ではクルマの全体像をイメージしづらいといった難題もある

 例えば、ポピュラーな色であるシルバーにしても、レクサスにはプレミアムシルバー、シルバーマイカメタリック、コスモシルバーを中核に、グレーやブルー、レッドなど色味が入ったシルバー系のメタリック色が存在する。それらは光の加減、見る角度で「はっきりと違う」ものだ。

レクサスを検討しているお客様との“コンサルティング”や“コーディネート”の重要性を語るレクサス星が丘店マネージャー 吉田哲也氏

 だが、その違いを紙のカタログだけで見比べるのは難しい。そこでお客様へのコンサルティングで活用されているのが、専用CGソフトと高画質液晶ディスプレイを活用したデザインシミュレーションである。

 「レクサスを購入されるお客様はクルマの全体のイメージに、こだわりを見いだす方が多いですね。ですから、(部分的な)色見本でさまざまな配色のご紹介をするだけでなく、ディスプレイ上でクルマ全体像を見ていただき、その場でカラーパターンを変えて見ていただくことは重要になります」(レクサス星が丘店マネージャーの吉田哲也氏)

 CGシミュレーションの画面ではさまざまなカラーをあわせることが可能であり、オーナーはそれぞれのカラーパターンごとに「見え方の違い」を比べることができる。また視点位置がスムーズに変えられるので、角度によるそれぞれの色の表情の違いも見比べられる。これは紙のカタログでは不可能なことである。

専用CGソフトを駆使したカラーパターン変更によるデザインシミュレーション風景。紙のカタログや部分的な色見本では不可能なレクサスの全体像や角度による表情の違いをシミュレーションできる

 「レクサスを検討される方は『私にあう色』を求めるケースが多いですね。色へのこだわりは強いと感じています。例えばシルバー系でも少し色味がはいったカラーを選ばれたり、他社(のクルマ)では設定のないめずらしい色を購入される方もいます」(吉田氏)

 だが、それだけ「色へのこだわり」が強いということは、CGシミュレーション上での色再現性に求められるハードルは高くなる。EIZOの19インチディスプレイ「FlexScan L788LX-BK *」(以下、L788LX)がレクサスに選ばれた最大の理由が、まさにこの色再現性の高さにある。

 同機に搭載されている自社開発の制御ICチップは、PCから出力された1677万色の色データをいったん10億6433万色まで拡張し、その中から最適な1677万色を選び直して画面に表示できる。また、コントラスト比1000:1の液晶パネルによりリアルで奥行きのある映像を表現。レクサスの求める色へのこだわりに応えた。

 「レクサスの豊富なカラーパターンを、可能なかぎり実車に近いクオリティで再現できること。特に深みのあるクルマの色がどれだけ出せるかがポイントで、これが最重要の選定要件でした。

 EIZOの製品は(他社製ディスプレイも含めた)比較評価の結果、トータル的な性能で最も優れており、導入を決める決定打になりました」(レクサス国内営業部ブランドマネージャーの中村聡氏)

 確かにL788LX *に映し出されるレクサス各車は、豊富なカラーによる表情の違いをしっかりと描き出しており、「同じエクステリアでも、色が変わるとこうも見え方が変わるものか」と感心させられる。デザインやカラーへのこだわりの強いレクサスオーナーも、これなら納得できるだろう。

エクステリアのCGシミュレーションの一例。試したいカラーパターンを選択して「OK」ボタンを押すと(上)、そのカラーのレクサスを実車に近いクオリティで確認できる(下)。クルマの向きも、「:VIEW」の4つのボタンで4方向に切り替えられる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.