Special
» 2008年03月25日 10時00分 公開

EIZOワイド液晶ディスプレイ'08:2008年ラインアップのワイド液晶モデルを完全網羅! (3/4)

[PR/ITmedia]
PR

FlexScan S2431W ── コストパフォーマンスに優れた1920×1200ドットのスタンダードモデル

 VA系の液晶パネルを採用した、1920×1200ドットで24.1インチのスタンダードモデル。PC入力インタフェースはデジタル/アナログ両対応のDVI-I端子とアナログ接続のD-Sub15ピン端子で、DVI-I端子はHDCP対応(デジタル接続時)だ。スケーリング機能としては、フルスクリーン拡大、アスペクト比保持拡大、ドットバイドットの3通りが用意され、プリセット画面モードの「FineContrast」機能も豊富だ(Text/Picture/Movie/sRGB/Custom)。

 「FlexScan SX」シリーズほどの高画質化機能は持たないが、階調の表現能力を高める内部多階調ガンマ補正や、中間階調の応答速度を高めるオーバードライブ回路を搭載している。必要十分な機能と良好な使い勝手、そして高画質を兼ね備えており、幅広いユーザーにお勧めできる1台だ。

FlexScan S2431W
ボディカラーセレーングレイ、ブラック
画面サイズ24.1インチ
画面解像度1920×1200ドット
駆動方式VA
最大表示色約1677万色(約10億4877万色中)
視野角水平178度/垂直178度
輝度450カンデラ/平方メートル
コントラスト比1000:1
コントラスト拡張機能非搭載
応答速度黒→白→黒16ms
中間階調6ms
オーバードライブ回路搭載
PC入力端子DVI-I(HDCP対応)×1、D-Sub15ピン(ミニ)×1
AV入力端子非搭載
USB機能USB 2.0ハブ機能(アップストリーム×1、ダウンストリーム×2)
拡大モードフルスクリーン、拡大(アスペクト比保持)、ノーマル(ドットバイドット)
色調整機能輝度、コントラスト、色温度 (14段階:4000K〜10000Kまで500K単位、9300K)、ガンマ調整、色の濃さ、色合い、ゲイン
内部多階調ガンマ補正搭載
デジタルユニフォミティ補正回路非搭載
スタンド機構ハイトアジャスタブルスタンド(昇降範囲:82ミリ/スイベル: 左右各35度/チルト:上40度)
スピーカー搭載
画面の縦回転機構搭載
サイズ(幅×高さ×奥行き)566×456〜538×208.5ミリ(標準使用時)
367×578〜637.5×208.5ミリ(縦回転使用時)
重量10.6キロ
EIZOダイレクト価格(税込)11万4800円


FlexScan S2231W-E ── 広色域パネルを備えた22インチ1680×1050ドットモデル

 解像度は1680×1050ドットのWSXGA+で、Adobe RGBの色域を92%カバーする広色域のパネルを採用する点が特徴。最大輝度は250カンデラ/平方メートルと若干低めだが、物足りなく感じる場面はほとんどなく、1500:1という高いコントラスト比によって、特に画像やグラフィックの表示が引き立つ。内部多階調ガンマ補正によって階調の表現能力も優秀で、画面の縦回転機能もさまざまな用途で重宝する。オーバードライブ回路を搭載するため、動画やゲーム画面の表示もシャープだ。

 位置付け的にはミドルレンジからエントリー寄りだが、PC入力インタフェースのDVI-I端子がHDCPに対応(デジタル接続時)し、3通りのスケーリング機能(フルスクリーン拡大/アスペクト比保持拡大/ドットバイドット)を備えているのはうれしいところ。スタンドは「EZ-UP」スタンドで、高さ調節、チルト、スイーベル、画面の縦回転をサポートする。17インチや19インチのスクエア型モデルからの買い替えに、ぴったりの1台と言えるだろう。

FlexScan S2231W-E
ボディカラーセレーングレイ、ブラック
画面サイズ22.0インチ
画面解像度1680×1050ドット
駆動方式VA
最大表示色約1677万色(約10億4877万色中)
視野角水平178度/垂直178度
輝度250カンデラ/平方メートル
コントラスト比1500:1
コントラスト拡張機能非搭載
応答速度黒→白→黒16ms
中間階調8ms
オーバードライブ回路搭載
PC入力端子DVI-I(HDCP対応)×1、D-Sub15ピン(ミニ)×1
AV入力端子非搭載
USB機能USB 2.0ハブ機能(アップストリーム×1、ダウンストリーム×2)
拡大モードフルスクリーン、拡大(アスペクト比保持)、ノーマル(ドットバイドット)
色調整機能輝度、コントラスト、色温度 (14段階:4000K〜10000Kまで500K単位、9300K)、ガンマ調整、色の濃さ、色合い、ゲイン
内部多階調ガンマ補正搭載
デジタルユニフォミティ補正回路非搭載
スタンド機構EZ-UPスタンド(昇降範囲:165ミリ/スイベル: 左右各172度/チルト:上25度)
スピーカー搭載
画面の縦回転機構搭載
サイズ(幅×高さ×奥行き)507×351.5〜516.5×279.9〜296.4ミリ(標準使用時)
333×520.4〜603.5×279.9〜296.4ミリ(縦回転使用時)
重量12.5キロ
EIZOダイレクト価格(税込)7万9800円


FlexScan S2031W ── 1680×1050ドットのワイド画面をリーズナブルな価格で

 FlexScanシリーズならではの基本的な機能を一通り備えながら、EIZOダイレクトで5万9800円という買いやすい価格を実現したモデル。PC入力インタフェースはデジタル/アナログ両対応のDVI-I端子とアナログ接続のD-Sub15ピン端子の2系統で、DVI-I端子はHDCPに対応する(デジタル接続時)。この価格帯でも、スケーリング機能としてフルスクリーン拡大とアスペクト比保持拡大、ドットバイドットという3通りを搭載するのは大きなポイントだ。

 スタンドはハイトアジャスタブルタイプで、高さ調節、チルト、スイーベル、画面の縦回転という機能を持つ。液晶パネルはVA系なので、同じ画面サイズと解像度の「FlexScan S2001W」よりも視野角や階調の表現能力が優れている。ワイド画面の液晶ディスプレイを低コストで導入したい人にお勧めだ。

FlexScan S2031W
ボディカラーセレーングレイ、ブラック
画面サイズ20.1インチ
画面解像度1680×1050ドット
駆動方式VA
最大表示色約1677万色(約10億4877万色中)
視野角水平178度/垂直178度
輝度300カンデラ/平方メートル
コントラスト比900:1
コントラスト拡張機能非搭載
応答速度黒→白→黒16ms
中間階調8ms
オーバードライブ回路搭載
PC入力端子DVI-I(HDCP対応)×1、D-Sub15ピン(ミニ)×1
AV入力端子非搭載
USB機能USB 2.0ハブ機能(アップストリーム×1、ダウンストリーム×2)
拡大モードフルスクリーン、拡大(アスペクト比保持)、ノーマル(ドットバイドット)
色調整機能輝度、コントラスト、色温度 (14段階:4000K〜10000Kまで500K単位、9300K)、ガンマ調整、色の濃さ、色合い、ゲイン
内部多階調ガンマ補正搭載
デジタルユニフォミティ補正回路非搭載
スタンド機構ハイトアジャスタブルスタンド(昇降範囲:82ミリ/スイベル: 左右各35度/チルト:上40度)
スピーカー搭載
画面の縦回転機構搭載
サイズ(幅×高さ×奥行き)469×427〜509×208.5ミリ(標準使用時)
325.5×507〜589×208.5ミリ(縦回転使用時)
重量9.6キロ
EIZOダイレクト価格(税込)5万9800円


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ナナオ
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2008年3月31日