Special
» 2018年10月30日 10時00分 公開

ビジネスに求める“リアルモバイルPC”の条件とは――エプソンダイレクト「Endeavor NA513E」徹底レビュー (3/3)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3       

安心して使える堅牢性とセキュリティ

 Endeavor NA513Eのボディーは、薄型軽量でありながら堅牢性も兼ね備える。天面にマグネシウム合金を採用しつつパームレスト部はグラスファイバーと強化プラスチックを併用し、満員電車を想定した約200kgfの加圧試験に耐える強度を確保している。

 車で揺られたり、満員電車で押されたり、バッグが接触したり、外に持ち出せば何かしらの振動や衝撃は避けられないだけに、こうした裏付けがあるのは心強い。

天面部にマグネシウム合金、パームレスト部にグラスファイバーと強化プラスチックを併用した堅牢性の高いボディーも目を引く

 セキュリティについても、セキュリティチップ(TPM)によるハードウェアレベルの暗号化に対応。BitLockerなどで暗号化されたファイルは、暗号鍵が生成されたTPMがあるシステムがなければ開けないため、万一ストレージのみ取り外して盗まれてしまった場合もデータの漏えいを防げる。

 また、Windows Helloに対応した指紋認証デバイスをオプションで用意。これを使えば、ワンタッチでパスワード入力不要のスピーディーなログインが可能だ。また、使用中ののぞき見による情報漏えいを防ぐプライバシーフィルターも用意している。物理的な盗難を防ぐためのワイヤを取り付けるセキュリティロック・ポートも標準で搭載している。

国内ブランドならではの信頼性、利用しやすい充実のサポートメニュー

 エプソンダイレクトのPCは、安心の国内生産。長期間安定して使えることを念頭においてパーツ段階からシビアに品質管理されているため、信頼性は抜群だ。Webからの注文は「最短2日」で出荷する短納期も国内生産だからこそできることだろう。

 エプソンダイレクトの保証期間内の製品は修理センターに到着後1日で修理する「1日修理」体制を完備する他、オプションではサービスマンが設置場所へ訪問して修理を実施する「訪問修理サービス」も用意しており、業務への影響を最小限に抑えることができる。

 追加のサービスも充実している。通常では保証されない災害・破損などによる故障も保証する「安心プラス保証」、HDD・SSD交換を伴う修理の際にデータ救出と移行を行う「データ救出」や、データのバックアップなどのメンテナンスサービスを3回まで受けられる「データ安心セット ライト」、さらに失われてしまったデータの復旧まで対応する「データ復旧安心セット」など多彩な内容だ。

国内生産で「日本品質」をうたうエプソンダイレクトは充実したサポートメニューも特徴の1つ

 特筆できるのが、「定額保守サービス」が用意されている点。定額保守とは、通常の「1年間の無償保証」期間が終了した後の保証サービスを加入料金のみで継続して受けられるものだ。予期せぬ修理コストが発生せず、事前に保守料金を予算化できるため、法人にとってはとても利用しやすい。しかも期間は最長6年と業界最長。次の買い替えまでの期間を丸ごとサポートする。上記の「訪問修理サービス」や「安心プラス保証」も定額保守が選べるのはうれしい。

 さらに、エプソンダイレクトでは、まとまった台数を一括導入する企業向けに、独自の「キッティングBTO」というサービスも展開している。こちらは、導入企業の指示に基づいたソフトのインストールからセキュリティ、ネットワークの設定、資産管理用ラベル等の貼付、マスターHDDの完全コピーなど、導入時の煩雑なセットアップ作業を代行するサービスだ。大量導入を考えている企業には大いに魅力的な内容だろう。

働き方改革の即戦力となるクラムシェル型モバイルノートPC

 これまで見てきたように、Endeavor NA513Eは、堅牢性も含めた真の携帯性と快適に業務がこなせるパフォーマンス、見やすい液晶ディスプレイ、ビジネスに最適な接続性、打ちやすいキーボード、情報漏えいを防ぐセキュリティ機能など、冒頭で挙げた働き方改革に求められる要素を満たしている。

 そして、国内生産による信頼性、最長6年の定額保守、独自メニューも豊富に選べる充実のサポートは、エプソンダイレクトならではの付加価値といえる。ビジネスPCで長年の実績があるだけに安心感は抜群だ。働き方改革の即戦力として、日々の業務の効率化、生産性向上に大いに貢献してくれるだろう。

導入コストのハードルを下げるバリューモデルも用意

 働き方改革のために導入するPCは、幅広い社員が対象。従来のように、外回り中心の営業職など限られた職種だけに与えればよいというものではない。ビジネスである以上、採算は無視できない。どんなに素晴らしいPCでも、あまりに高価であっては現実的ではない。

 エプソンダイレクトは、そうした予算事情も配慮し、スペックやサービスを限定したバリューモデル「Endeavor NA513E-V バリューモデル」も用意している。こちらはBTOでのカスタマイズを一部制限(標準保証の3年部品保証を1年に、キッティングBTO非対応など)し、サポートを簡略化することで、税別10万円以下の低価格での提供を可能にしている。導入コストを抑えたい企業は検討してみてはいかがだろうか。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソンダイレクト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2018年11月14日