Special
» 2021年05月28日 10時00分 公開

「レッスンの提供を止めない!」 マンツーマン英会話のGabaが「ASUS Chromebox 4」にリプレースした理由(1/3 ページ)

マンツーマン英会話でおなじみのGabaは、オンラインでも対面レッスンと同じように受講できる新受講システム 「Gaba Online」が人気だ。それを支えるシステムとして、新たに導入されたのがASUSの「Chromebox 4」だという。その理由と得られた成果を伺った。

[PR/ITmedia]
PR

 Gabaは1995年の創業以来、マンツーマンに特化したレッスンを提供している英会話スクールだ。早くからITを活用したスクール運営を行っており、2020年8月からはオンラインレッスンを導入し、受講者はレッスンごとにスタジオでの対面レッスンとオンラインレッスンを選択できるようになっている。

 そのレッスンを支えるコンピューターとして2016年よりChromeboxを導入していたが、このたび機材を全面的に入れ替え、「ASUS Chromebox 4」へとリプレースを果たしたという。GabaではChromebox 4をどのように活用し、なぜASUS Chromebox 4を選んだのか。横浜ラーニングスタジオ(以下、LS)を訪ね、気になるところを同社の池田氏、高橋氏に伺った。

GABA ASUS Chromebook 4 今回お話を伺った「ASUS Chromebox 4」を手にするGABA IT部門 ITインフラストラクチャー課 マネージャー 高橋裕子氏(左)と、GABA IT部門 シニアマネージャー 池田晶子氏(スカイビル内にある横浜LSにて)

レッスンの予約/フィードバック/予習復習とITを積極活用

―― Gabaさんの業務内容を教えてください。

池田氏 当社は首都圏中心に36カ所のスタジオで、マンツーマンに特化した英会話スクールを運営しています。カリキュラムを自社開発し、小学生からシニアまでの幅広い層へのサービス提供に加え、法人さま向けの社員研修サービスも用意しております。当社の特長の1つが、インストラクター(講師)の多様さです。出身国は75カ国以上、金融、観光業、製造業など、さまざまな業種での職務経験を持つインストラクターが在籍しておりますので、よく使われるフレーズなど、受講者の方々の業種や場面に最適な英語を学んでいただけます。

GABA ASUS Chromebook 4 オンラインレッスンの提供開始に合わせて、LSの機材リプレースを進めてきた池田氏。同氏が「ITで強くなってきた会社」と評するように、GabaではITを積極活用して、受講者の学習支援を行っている

高橋氏 レッスンは、午前7時から午後9時15分開始で提供しており、2020年8月からはオンラインレッスンを導入しました。レッスン予約時には、オンラインか対面の受講形式を自由に選択でき、またレッスン開始直前(5分前)まで切り替えができるようになっています。時間と場所の自由度の高さは、特にビジネス層の受講者の方々からご好評いただいています。

―― ITを積極的に活用されているそうですが、具体的に教えてください。

池田氏 当社はベンチャーとしてスタートし、ITを活用して会社を強くしてきた側面があります。予約システムを開発したのは2000年代の前半です。当時は、LSの受付か電話でレッスン予約を承っていたのですが、受付に行列ができたり、電話がひっきりなしにかかってきたりしていたため、Webサイトから予約できるシステムを構築しました。それを発展させたのが、今の受講者向けポータルサイト「myGaba」です。

GABA ASUS Chromebook 4 受講者用のポータルサイト「myGaba」の画面。ここからレッスンの予約、インストラクターの選択、レッスンの予習・復習ができる。レッスンとは別に、1つの記事を各レベルに合わせて書いた読み物など、学習の幅を広げるコンテンツも提供される

―― myGabaではどんなことができるのでしょうか。

高橋氏 myGabaは、受講者向けのポータルサイトです。ここからレッスンの予約、インストラクターの選択、レッスンの予習や復習が行えます。また、カリキュラムとは別の自主学習用のコンテンツも配信しています。モバイル用サイトも用意しており、いつでもどこでも学習をすることができます。

―― LSに「ASUS Chromebox 4」を導入したそうですが、どのように運用されているのかを教えてください。

高橋氏 インストラクターが利用するデバイスとして活用しています。レッスンの流れを説明しますと、最初はスモールトークからはじまって、当社のカリキュラム、あるいは受講者の方の持ち込み教材(要望があった場合)を利用してレッスンを進めます。

 前者の場合はデジタル教材を画面に映し、それをお互い見ながら進めていきます。オンラインの場合はGaba Onlineを利用してお互いのカメラの映像を見ながら、教材を画面共有で映して行います。レッスンが終わると、インストラクターは新出の単語やフレーズ、受講者の方へのアドバイスなどをまとめてレッスンカルテに入力します。この過程の全てにASUS Chromebox 4を利用しています。

GABA ASUS Chromebook 4 横浜LSでのレッスンの様子。インストラクターと受講者がモニターを挟んで座る。このスタイルと距離感が、リラックスして学習できるポイントになっているという
GABA ASUS Chromebook 4 受講者が会話に集中できるよう、ノートはインストラクターが取るのがGabaのスタイルだ。ノートの取り方にもそれぞれ個性があり、このノートを理由にリピーターになる人も多いという
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ASUS JAPAN株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2021年6月18日

関連リンク