> レビュー 2003年5月19日 13時43分 更新

P-Review:よりPDFが簡単に! 日本語OCR付属のAcrobat 6はオフィス環境を変えられるか?
アドビ システムズ
 Adobe Acrobat 6が日本でも発表された。バージョンアップ最大のポイントは、いかに“PDF”が簡単になったか! ということと、ファミリー化したという2点だ。

前のページ1/3次のページ

 先月米国で発表されたAdobe Acrobat 6だが、日本語版の方も1月遅れという迅速さで発表された。今回のバージョンアップの最大のポイントは、いかに“PDF”が簡単になったか! ということと、ファミリー化したという2点だ。

PDFに対するハードルがまた一つ、下がった

 多くの読者がWindowsを使用しているためこういう話をすると恐縮だが、PDFを利用する、という観点で言えば今日、Mac OS Xのほうが環境的に先行していたのには疑いがない。アドビはWindows版もMac版も出してはいるが、Mac OS Xは描画エンジンのデフォルトフォーマットをPDFにしているため、スクリーンショットを撮ればPDFになるし、プリンタドライバレベルで、PDF保存のオプションが組み込まれる。

 つまりAdobe Acrobatなしで、作成するという面だけではあるが手軽なPDF利用環境が既に提供されているというわけだ。

 だがAdobe Acrobat 6によって、WindowsユーザーはMac OS X以上の簡便さで、PDFの作成が可能となる。Microsoft Officeのドキュメントを右クリックするかドラッグ&ドロップするだけで、PDFファイルが生成できるようになる。

 無論作成だけではない。注釈機能はより視覚的に向上し、ドキュメントを“レビュー”する(確認し合って注釈をつけ合う)コラボレーション作業を円滑化する機能強化が行われている。そこには、Microsoft Officeとの、排他的関係ではない共存関係を構築して、電子ドキュメント環境全体の向上を志向しているようだ。

 では、Adobe Acrobat 6.0 Standard日本語版(ベータ版)をもとに、幾つかの新機能を紹介しよう。

OfficeやInternet ExplorerでPDFを作りまくろう!

 PDFの作成については、前段でも述べたようにAcrobat 6をインストールすると、Microsoft Office及びInternet Explorerで、あっという間にPDFを作成することができるようになった。

左から、PDFへ変換(保存)、PDFへ変換してメール送信、PDFへ変換してレビュー用に送信、の各ボタン

 Microsoft OfficeファイルのデフォルトのPDFバージョンは、Acrobat 5の時と同様に1.4となる。ただしInternet Explorerの場合、FlashやWMFなどのマルチメディアファイルの埋め込みに対応する最新のバージョン、Adobe PDF 1.5形式で保存される(デフォルト設定)。


Internet ExplorerをキャプチャしたPDF。PDFバージョンは最新の1.5となる(クリックすると拡大します)

 Microsoft Officeとの連携はさらに向上した。WordやExcelをPDFに変換する際、元ファイルを添付することができるようになった。また、WordやExcelファイルをPDFに変換したあとで、そのPDFファイルからWordやExcelに、ほぼ同じ形でデータを再コンバートできるようになった。もちろんPDFへの変換時に、セキュリティ設定をすることができる。

 つまりユーザーはシチュエーションに応じて、元ファイルも送るかPDFだけを送るか、改変禁止など設定するかなど、より手軽にPDFを使いこなせるようになるわけだ。

[大出裕之, ITmedia]

関連リンク
アドビ システムズ ホームページ
アドビ システムズ 製品インデックス

前のページ | 1/3 | 次のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!