> レビュー 2003年5月27日 03:00 PM 更新

サッと取り出してパッと撮れる高速レスポンスのムービーデジカメ
三洋電機 Xacti DSC-J1(1/3)

製品写真
総合評価7
デザイン・ユーザーインタフェース5
基本性能7
各種機能8
機動力9
メンテナンス性6
レイティングポリシー

評価のポイント

デザイン・ユーザーインタフェース

     カッコいいんだか悪いんだかわからない微妙さはあるが、お手頃なコンパクトデジカメとしては軽いしシンプルなデザインだし、レンズ回りのデザインも面白くて悪くない。背面もすっきりしていて、ボタンも少なくわかりやすい。音声ガイド機能もユニークだ。しかし、いくつか大きな欠点がある。

     DSC-J1の一番の特徴は、プリズムを使って光を直角に曲げ、レンズ自体は横向きに入っているという、ミノルタの「DiMAGE Xt」に似た新構造である。だからレンズが飛び出ないのだが、その構造がデザインに活かされてないのは欠点といっていいだろう。一見、単なる単焦点レンズのデジカメかと思えてしまうのはもったいない。

     2番目は、レンズがボディ中央部にあるうえにレンズが飛び出ないため、右手の中指がレンズにかかりやすいこと。持ち方にもよるだろうが、筆者の場合は頻繁にレンズにかぶってしまう。沈胴式レンズだとレンズが飛び出ているので指がそこに当たるだけだが、DSC-J1はレンズが飛びでない分指がかかってしまうのだ。レンズをもっと端に寄せるべきだったと思う。

     3番目は電源スイッチ。シャッターボタン回りにあるダイヤルが電源スイッチを兼ねているのだが、ストッパーもなく回転しやすいため、不用意にスイッチが入りやすいのだ。カバンに無造作に入れていると、かなりの確率でダイヤルが回ってスイッチが入ってしまう。デジカメを長年作っている三洋電機とは思えないミスだ。今まで通り電源スイッチを別にしなかった理由を知りたいところである。

基本性能

     三洋電機らしい下手な色誇張をしない、さわやかな鮮やかさを持つリアルな写真を撮ることができる。遠景のディテールはつぶれぎみだが、1/2.7型の320万画素CCDを使った機種としては標準的だ。2.8倍のズームも快適で、F2.8〜F3.9と悪くないスペックだ。嬉しいのはシームレスで20センチまで寄れるAF。マクロモードにするとワイド端で2センチまで近寄ることが可能になる。これはなかなか楽しい。

     が、オートホワイトバランスがやや不安定なのが気になった。屋外でもちょっとした構図で色が微妙に変わることがあるし、室内でもうまく合うときもあれば合わないときもある。うまくヒットすれば非常にナチュラルできれいな写真を撮れるのだが、時にはEXPERTモードにしてホワイトバランスなどを自分でセットしたくなるかもしれない。

各種機能

     同社の「DSC-MZ3」に比べると機能はかなり減らしているが、それでもできることは多い。ほとんどの操作は液晶モニタを使ったメニューで行うのだが、EXPERTモードにすると簡単にカスタムホワイトバランスが取れたり、スポットAF機能を持っていたり、ISO感度を変更できたりする。マニュアル露出系こそ持たないが、必要十分な機能はある。連写機能もDSC-MZ3に比べると劣るが、0.75秒間隔で13枚まで撮れる。

     圧巻は動画機能。VGAサイズで秒30コマのムービーをSDメモリーカードの書き込みが追いつかなくなるまで(遅いメディアだと数秒だが、高速なメディアだとメディアがいっぱいになるまで)撮れるのみならず、QVGAサイズで秒30コマや15コマなど撮影モードが多彩で、動画撮影時もホワイトバランスや露出補正といったセッティングができるのはうれしい。これは高く評価したい。

機動力

     ボディは厚めでポケットにすっと入るわけではないし、撮影時重量は185グラムもあるので高い点は与えられないが、動作速度は最高レベル。起動は実測でも約1.5秒と瞬時だし、終了も高速。撮影と再生の切り替えも速いし、再生も高速だし、メニュー操作もキビキビしていて気持ちいい。操作全体が高速でリズミカルなので、撮影が楽しくなるのだ。思わずたくさん撮ってしまうデジカメの1つといっていい。これは快適。

メンテナンス性

     バッテリはリチウムイオン充電池だが、本体からバッテリを外して充電器で充電するタイプ。フルオート中心のお散歩デジカメの場合、その使い方から考えて予備電池を持ち歩くこともまずないし、毎日持ち歩くものだから、本体内充電ができた方が煩わしさがないしバッテリの入れ忘れもない。よってこのジャンルではちょっと評価が下がる。

     パソコンとの接続はUSB。マスストレージクラスなので簡単だが、接続時はいちいち接続モードにしなければならないのは面倒。デジカメ側の端子がAV接続も兼ねているため特殊で、専用ケーブルしか使えないのもややマイナス点。

総合評価

 大きさもほどほどで、キビキビ動作するので使っていて気持ちいいし、ムービーデジカメを標榜するだけあって静止画も動画もきれいに撮れて非常に幅広く気軽に使えるデジカメだ。そういう意味では非常に高い評価をしたいが、デザイン・ユーザーインタフェース面での欠点は大きい。普通の人が普通に使うデジカメなので、指が写り込みやすかったり、電源が不用意に入ってしまうマイナスは大きい。

 逆に、この欠点をわかったうえで使うなら(ちょっと気を付けて使えばいい)、プラス1点してもいい。それならまったく問題はないし、お勧めできる。特にペットや子どもなどがいて、スチルのみならずちょっとしたビデオクリップも撮りたいユーザーは、特に素晴らしいデジカメだと思うだろう。動作が速いので、撮りたいと思ったときとっさに撮れるのだ。

ベンダー製品担当者からの一言

 レンズの飛び出しがない起動時間約1.2秒の瞬間起動と、すべてにわたって機敏な動作は、撮りたい感性に素早く対応します。最短2センチまで近づける迫力のスーパーマクロ撮影、モードを選ぶだけでいろんな撮影条件に対応できるシーンセレクトショットは初めての方にも好評です。カメラの状態を声でお知らせする「おしゃべりナビ」、7色に光る「レインボーイルミネーション」は使う楽しさを演出。静止画とムービーが撮れる一台二役の「Xacti DSC-J1」でムービーデジカメの楽しさを是非ご体感ください。(三洋電機 DIソリューションズカンパニー 商品2部 永瀬賢治)

主要スペック

有効画素数約320万画素
レンズ37〜104mm相当(35mm換算)、F2.8〜3.9
ズーム光学2.8倍ズーム
最大画像解像度2880×2160ピクセル(静止画)/640×480ピクセル(動画)
記録メディアSDメモリーカード/マルチメディアカード
バッテリ専用リチウムイオン充電池
サイズ(W×D×H)98×31×57ミリ(突起部除く)
重量約150グラム(本体のみ)/約185グラム(バッテリ、SDメモリーカードを含む)

[荻窪圭, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/3 | 次のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!