> ニュース 2003年8月8日 08:28 PM 更新

京セラ、秒間3コマ「フルメモリ連写」対応の500万画素「Finecam」


 京セラは、有効500万画素CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ新モデル「Finecam S5R」を8月9日に発売する。7万5000円。


 昨年発売した「Finecam S5」の後継モデル。新画像処理プロセッサ「RTUNE」の搭載で高速化し、記録速度10Mバイト/秒以上の高速SDメモリーカード(松下電器産業製256Mバイト/512Mバイトタイプなど)を使えば容量いっぱいまで約3コマ/秒の連続撮影ができる機能を搭載した。

 また新プロセッサにより階調表現も高めた。通常、RGB各色のレベル調整は各色をデジタルに変換してからホワイトバランスを調整することで行うが、新プロセッサはアナログ信号段階で各色の出力レベルをそろえた上でデジタルに変換するようにした。

 このため豊富な階調をそのままデジタル化でき、暗部でのトーン飛びといった画質劣化が起きにくいという。A/Dコンバータは16ビット化し(出力は12ビット)、カラーノイズも抑えたとしている。

 CCDは1/1.8インチ有効500万画素、レンズは3倍ズーム。静止画は最大2560×1920ピクセル、動画は最大640×480ピクセル(音声付き)の撮影が可能だ。マクロ機能は最短約12センチ。動きのある被写体を捉える「コンティニュアスAF」や、「スポーツ」「夜景ポートレート」など6つの撮影モードを備えた。

 主な仕様は以下の通り。

製品名Finecam S5R
撮影素子1/1.8インチ有効500万画素CCD
記録画素数静止画:最大2560×1920ピクセル、動画:最大640×480ピクセル
レンズ7.3−21.9ミリ(35ミリカメラ換算で35−105ミリ)、F2.8−4.8
デジタルズーム最大3.7倍
記録形式静止画:JPEG、動画:AVI
連続撮影約3コマ/秒(記録速度10Mバイト/秒以上の高速SDメモリーカード使用時は容量いっぱいまで記録可能)
ファインダー実像式
記録メディアSDメモリーカード/MMC
液晶ディスプレイ1.6インチTFDカラー
電源専用リチウムイオン充電池(液晶オン時で約130枚)
本体サイズ92(幅)×57.5(高さ)×33(奥行き)ミリ
重量約180グラム(本体のみ)
価格7万5000円

関連記事
▼ 京セラ、500万画素で世界最小・最軽量「Finecam S5」発表

関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ 製品情報

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!