> ニュース 2003年8月29日 03:44 PM 更新

リコー、8倍速対応DVD+Rを第4四半期に発売


 リコーは8月29日、8倍速記録に対応したDVD+Rメディアを今年第4四半期に発売すると発表した。対応ドライブを使用すれば、4.7Gバイトを8分以内に書き込めるとしている。


 新開発の有機色素を採用し、等倍速から8倍速まで対応する。現在発売中の2.4倍速や4倍速対応のドライブでも利用できるとしている。広いパワーマージンと低エラーレートにより、ビデオレコーダーとPCの両方で信頼性の高い高速書き込みが可能という。

 対応ドライブについては明らかにしていないが、ほぼ同時期に各社から登場するものと見られる。

 8倍速記録対応のDVD+Rでは、プレクスターがZoneCLV方式により独自に対応した製品を発表している(関連記事を参照)。DVD+RWアライアンスによる8倍速規格は現在策定中。



関連記事
▼ プレクスター、世界初「8倍速」記録に対応した記録型DVDドライブを発表
プレクスターは、世界初の8倍速記録に対応したDVD±R/RWドライブ「PX-708A/JP」と「PX-708UF/JP」の2製品を発表した。


関連リンク
▼ リコー

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!