> ニュース 2003年9月11日 01:52 PM 更新

シャープ、初の3D液晶搭載「Mebius」発表


 シャープは9月11日、3D表示対応液晶ディスプレイを搭載した初のノートPC「Mebius PC-RD3D」を10月27日に発売すると発表した。専用眼鏡をかけず裸眼立体視が可能だ。当初は英語OS・キーボードの海外仕様のみの販売となるが、年内に日本語仕様の一般ユーザー向け製品を発売する。


 3D対応液晶パネルは同社の独自開発。これまで「SH251iS」など携帯電話での採用実績はあるが、ノートPC用の比較的大きなディスプレイは初となる。サイズは15インチで1024×768ピクセル表示に対応。2D/3D表示は専用ボタンで切り替えられる。3Dコンテンツ表示・作成ソフトやサンプルコンテンツをプリインストールした。

 スムーズな3D表示が可能なよう、グラフィックスアクセラレータにGeForce4 440 Goを採用した。CPUはPentium 4/2.8GHz、メモリは512MバイトDDR SDRAM(PC2100)、HDDは約60Gバイトを搭載した。

 OS(Windows XP Professional)、キーボード(89キー)とも英語仕様となっている。

 主な仕様は以下の通り。

製品名PC-RD3D
CPUPentium 4/2.8GHz
メモリ512MバイトDDR SDRAM(最大1Gバイト)
HDD60Gバイト
ドライブDVD Multi
ディスプレイ3D表示対応15インチTFT液晶(1024×768ピクセル)
通信56Kbpsモデム、10/100BASE-TX
主なインタフェースPCカード、CF、SDメモリーカード&スマートメディア、メモリースティック、USB 2.0×4、IEEE 1394×1、外部RGB、光デジタルオーディオ
OSWindows XP Professional 英語版
サイズ352(幅)×296(奥行き)×46−53(高さ)ミリ
価格オープン



関連記事
▼ シャープ、裸眼立体視が可能なLCDを実用化
▼ 3D液晶、ノートPCやPCディスプレイにも
携帯電話に搭載されて話題になっているシャープの3D液晶が、2003年にはノートPCやPC用液晶ディスプレイに採用される見込みだ。そのほか設計や医療の分野でも採用が見込まれている

▼ 3D立体表示普及へ「3Dコンソーシアム」設立
シャープ、三洋、ソニー、NTTデータ、伊藤忠商事の5社は、3D立体表示の普及に向けてコンソーシアムを設立した。規格の制定を中心とし、各社の技術をビジネスとして結実させるのが目的


関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ シャープ「3D液晶ディスプレイ」

[ ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!