> レビュー 2003年10月20日 10:37 PM 更新

バッテリー+CFスロット付で機動力抜群、外付けHDD「Tripper」シリーズ

飛鳥の外付けHDD「Tripper」シリーズは、CFスロットとバッテリー、そして液晶モニターを装備した、充実の機能を持っている。その使い方とパフォーマンスを探ってみた。

「Tripper」と「Tripper Plus」がラインアップ

 Tripperシリーズは、コンパクトフラッシュメモリカードスロット備えたポータブルストレージだ。パソコンに接続すると外付けHDDになるだけでなく、CFスロットに挿入されたメディアも読み書きできるので、CFリーダー/ライターとしても使用できる。接続もUSB 2.0に対応しているためかなり高速だ。

 ポータブル外付けHDDとしては珍しく、液晶モニターを搭載している点も、魅力のひとつ。これの有り無しでは使い勝手が全く異なる。スタンドアロンで持ち歩くメカとしては当然の装備であろう。

 Tripperシリーズには、「Tripper」と「Tripper Plus」の2種類があり、Tripperは20Gバイト、Tripper Plusは20Gバイトと40Gバイトモデルがある。

 またTripper Plusは専用外付けバッテリーやキャリングケースが同梱されており、最大3時間連続使用に対応した製品となっている。


Tripper


Tripper Plus

バッテリー搭載ならではのモバイル機能

 Tripperシリーズの最大の特徴は、充電式のリチウムイオンバッテリーを内蔵していることだ。

 そのため別途PCを使用することなく、Tripperだけあれば、CFまたは、マイクロドライブを使用したデジタルカメラの写真を簡単にTripperにバックアップできる。長期の旅行でバックアップ用のパソコンを持っていきたくない場合でも、これだけでバックアップができるので便利だ。

 Tripperの場合、フル充電状態で約30分使用できる。256Mバイト程度のCFカードで約7回分、1Gバイトタイプのマイクロドライブで約2回分をバックアップ可能なので、モバイルでのバックアップメディアとしてはそこそこ十分で、モバイルで写真を撮りまくる人には心強い味方と言えるだろう。

 ただし、1Gバイトのマイクロドライブをフルバックアップするには、12分からへ15分ほどかかる。また、バッテリーの持ち時間はTripperではつらい場合もあるだろう。バッテリーの持ち時間を優先したいなら、Tripper Plusのほうをお勧めする。

 なおコンパクトフラッシュType I、Type II対応しており、スマートメディア/メモリースティック/SDメモリカードなどは、別売のCF変換アダプタを利用することで対応可能となっている。


Windows XPにマウントしている状態、HDとCFスロットが同時にマウントされる


Tripper Plusの盛りだくさんな同梱物

意外な軽さと丈夫さ

 今回試用して感じたことは、とにかく軽いことだ、サイズはW91×D138×H33(mm、突起部を含まず)と非常に小さいというわけではないが、20GバイトのHDを搭載した「Tripper」と「Tripper Plus」は約300gと軽量なため、かばんの中に入れておいてもほとんど気にならない。

 また、ケースもかなり丈夫に作られているため、取り扱いもそれほど気を使わなくて済むだろう。

 対応している機種は、PC/AT互換機、PC98-NX、Macintoshと幅広い。対応OSも、Windows 98/98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.0〜9.2.2、Mac OS X 10.1.3〜10.1.5、Mac OS X 10.2と、ほとんどを網羅している。

 通常の外付けUSB対応HDDとしても使用できるので、データ移動用のHDDとしてだけでなく、WindowsとMacなどの異なるOS間のデータ互換用のメディアとしても使えるのでとても便利だ。

 さて気になる価格だが、Tripper(20Gバイト)で2万7800円、Tripper Plus(20Gバイト)で3万9800円、Tripper Plus(40Gバイト)で、4万7800円となっている。現在のマーケットプライスでは、通常のポータブル型の外付HDDが約3万円程度で買える。バッテリー駆動と液晶モニター、そしてメディアリーダー/ライター機能付のTripperシリーズの価格をどう見るか、だろう。

 Tripperシリーズの付加価値が気に入ったのであれば、後は機動力を手軽に手に入れられる20Gバイトにするか、バッテリーの持ち時間と容量を優先して40ギガバイトにするかの選択肢となるだろう。


TripperのHDのプロファイル、FAT32でフォーマットされている


実際に写真を格納してみた。容量が20Gバイトあるので、いれてもいれてもまだ入る

関連記事
▼ ハードディスクに「秘密のドライブ」を作るUSBキー――飛鳥

関連リンク
▼ 飛鳥

[長家克善, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!