スピードもセキュリティも―― 働き方改革時代の「無線LAN」の要件

高速で安定した通信が可能になった昨今、オフィスに限らず、店舗や工場などでも「無線LAN」が普及しています。ノートPCに加え、タブレットやスマートフォンなど、接続可能な機器は増え続けており、今後はIoTによりその流れがさらに加速されるでしょう。セキュリティなどの懸念を考えれば、ネットワーク管理者の負担は増える一方です。増え続ける機器をいかに早く、そして安全にネットワークにつなげばいいか。今後はオフィス内だけでなく、工場や拠点、支社などを含めて、企業全体としてどのように無線LAN環境を効率的に管理・運用していくかを考える必要があります。本企画では、無線LANの最新動向に基づき、リプレース時に気を付けるべきポイントや製品選定の視点、運用管理の手間を省く方法を解説していきます。

無線LAN最新動向解説

働き方改革でも注目される、オフィスの無線LAN。快適な無線LAN環境を構築するには、アクセスポイントを慎重に選ぶ必要がある。現在主流となっている802.11acを中心に、アクセスポイント選びのキモを解説する。

(2017/07/03)

Special

企業や組織などで無線LAN導入が進むと、回線が混雑してデータの送受信が遅延する、通信が安定しない、運用コストが高くなるといった問題が生じる。そんな課題を解決するのが、エレコムの無線アクセスポイント「WAB-M2133」である。

(2017/07/03)

関連製品情報 from キーマンズネット

おすすめの関連製品の資料をまとめてダウンロードすることができます。
ご覧になりたい製品にチェックを入れ、「資料ダウンロード」ボタンを押して下さい。

●キーマンズネット会員の方は、こちらからログインしてご利用下さい。
●別ウインドウでキーマンズネットのページが開きます。
キーマンズネット会員では無い方もご利用いただくことができます。

提供:エレコム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2017年9月2日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Special

企業や組織などで無線LAN導入が進むと、回線が混雑してデータの送受信が遅延する、通信が安定しない、運用コストが高くなるといった問題が生じる。そんな課題を解決するのが、エレコムの無線アクセスポイント「WAB-M2133」である。

スポンサーリンク