IDG ニュース
2005/01/20 18:38 更新


ソニー、UMDの公開に向けた第一歩

SCEIの久夛良木社長は、映画・音楽UMDをオープンにして、他社が対応プレーヤーを製造できるようにする計画を語った。また同社はPSP月産能力を200万台に倍増する。(IDG)

 ソニーは、他社がUMDを採用した製品を構築できるよう、PSPで使われているプロプライエタリなUMDをオープンにする第一歩を踏み出した。同社上級幹部が1月20日、明らかにした。

 UMDは1.8Gバイトのデータを格納できる直径60ミリの保護ケース入り光学ディスク。ソニーがPSP用に開発したものだが、既にゲーム以外の用途も計画されている。ゲーム、映画、音楽用の各バージョンのUMD仕様が作成されているが、現時点で市販されているUMDコンテンツはPSP用のゲームのみだ。

 今後、ソニーはこれを商用の映画・音楽UMDに拡大する計画だと、ソニーコンピュータエンターテインメント(SCEI)社長兼グループCEOの久夛良木健氏はこの日、日本の外国人記者クラブで語った。

 「コンテンツパブリッシャー・制作会社、アーティストの多くがコンテンツを提供し、PSPでライブラリを見せたいと切望している。この音質と画質でこれだけの広範なアプリケーションを扱えるプラットフォームはほかにない。これは実際、初めてあらゆる人に提供されるチャンスだ」(同氏)

 ソニーは、他社がUMD対応のメディアプレーヤーを製造できるように、UMD技術の映画版・音楽版へのアクセスを提供する予定だという。ゲームフォーマットに関しては公開せず、他社が競合するゲーム機を開発するのを防ぐ。

 「当社は既にUMDディスクメディアをあらゆる人に向けたオープンな標準として提案している」と久夛良木氏。「ゲームプロファイルはPSP固有のものとなるが、映画と音楽は皆に共通のアプリケーションになるはずだ」

 ソニーは12月後半に国際標準化団体にUMDの規格を提出したと、SCEIの広報担当ヨシコ・フルサワ氏。同氏は提出先の団体を明かすことは控えた。

 また久夛良木氏は、PSPを増産する計画も明らかにした。「本日の時点でPSPの出荷台数は80万台に上る。少ない数ではないが、今の市場には十分ではない」

 3月末までのPSP出荷台数は合計で約300万台に上る見込みだと同氏。この数字には日本と欧米の出荷分が含まれる。ソニーは3月末までに欧米でPSPを発売するとしている(1月6日の記事参照)

 「夏にはPSPの月産能力を100万台から200万台に拡大する。今年の商戦期には、月産およそ300万台というちょっとクレージーな数に増えているだろう」(同氏)

[IDG Japan]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping