「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



news032.jpg

日々是遊戯:話題のタイ産美少女ゲーム、今度は制作元が日本語でお礼のメッセージを掲載

タイ生まれの美少女ゲーム「Re Angel」が話題に――というトピックを先日お伝えしましたが、その後公式サイトを見てみたところ……。

二つの国がつながり合った日

wk_090522hibikore03.jpg 「Re Angel」

 先日お伝えした「タイ生まれの美少女ゲーム『Re Angel』がなんかスゴい」ですが、あれからさらに多くの反響が動画(反響の動画はこちら)や公式サイトへ寄せられたようで、その後なんと制作元であるStudio GUのトップページに、日本のユーザーに向けた日本語の挨拶文が追加される事態にまで発展していました。Studio GU、対応早っ!

 「日本の皆さまへ。」と題したこちらのメッセージでは、サイトに寄せられた励ましや問い合わせへのお礼とともに、「Re Angel」やStudio GUの活動内容について簡単に説明。これによると「Re Angel」の原型となったのは、同グループが2年前に発表した「Angel's Tale」という同人ソフトで、「Re Angel」はこれの大幅な発展・リメイク版にあたるとのこと。残念ながらStudio GUの作品がこれまでに日本語化されたことはありませんが、「Re Angel」はタイ国内で2009年11月から12月の発売を目指して現在鋭意開発中だそうです。

 また面白いのが、「Studio GUの作品は決してアダルトソフトではありません!」とあらためて強調している点。日本に比べると、タイは性的表現への規制がかなり厳しい国で、アダルトソフトの製造・販売などは法律違反になってしまうのだそう。誤った風評が広がってしまうと深刻な問題にもなりかねないため、「Studio GUの作品について言及する際には、どうか“エロゲー”ではなく“ギャルゲー”と表現してください」と強く念を押しています。うーん、そう考えると日本の「美少女ゲーム」をとりまく環境は、世界でもかなり甘い方なのかもしれません。

 日本サイドの一方的な盛り上がりから始まった今回のやりとりですが、本来ならば言葉も文化も異なる二つの国が、こうして「ゲーム」という共通言語によっててつながり合うことができたと考えると、ちょっと感慨深いものがあります。公式サイトでは「Re Angel」のほかにも、上記「Angel's Tale」や、ほかのStudio GU作品の体験版も公開されていますので、興味がある方はぜひ遊んでみてください。

wk_090522hibikore01.jpg 日本語で書かれたお礼のメッセージ
wk_090522hibikore02.jpg 「タイ語のページしかなくてごめんなさい!」
Copyright (C)2008 StudioGU, All right reserved.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping