2002年3月14日更新
■ウイルスからLinuxサーバを守る
第3回:メールサーバでのウイルススキャン −Postfix編−
icon
第2回のqmailに引き続き,今回はPostfixでのウイルススキャンについて解説する。Postfixはsendmailとの互換性が高く,また設定も容易であることなどからqmailと同様に人気のあるMTAだ

 メールサーバでのウイルススキャンとして前回のqmail編に引き続き,今回はPostfixでのウイルススキャンについて紹介しよう。Postfixはsendmailとの互換性が高く,また設定も容易であることなどから,qmailと同様に人気のあるMTAだ。これからPostifixの導入を考えているのであれば,Linux Tips 「メールサーバを動かしたい〜Postfix編〜」などを参考にインストールしてほしい。

 Postfixでのウイルススキャンだが,前回紹介したQmail Scannerと同様に,アンチウイルスソフトを利用して,送受信するメールのウイルススキャンを行うことになる。今回利用するメールウイルススキャナーは「AMaViS」だ。

 AMaViSで利用できるMTAはPostfixだけでなく,sendmailやqmail,Eximなどでも使用できる。第1回で解説した「Sophos Anti Virus」などのアンチウイルスソフトを利用し,メールサーバでのウイルススキャンを可能にする。

●AMaViSの導入準備

 AMaViSをインストールする前に,まず以下のツールを導入する必要がある(リスト1)。今回の筆者の環境は,RedHat Linux 7.2J + postfix-20010228-pl08でインストールを行っている。すでに各ユーザーの環境で事前にインストールされているものを確認し,必要なものだけインストールすればよいだろう。ここでは「Perl5」,「file」,「uncompress」,「gunzip」については,すでにインストールされている前提で解説する。また,各アーカイバのインストール方法はリスト2に掲載しておくので参考にしてほしい。

リスト1■AMaViSを導入するために必要なツール

システム環境
Perl5
アンチウイルスソフト(Sophos Anti Virusを利用)
file

アーカイバ
uncompress gunzip
unzip unarj
unrar LHArc
bunzip2 zoo
arc

Perlモジュール
IO-stringy Syslog
MailTools MIME-Base64
MIME-tools version 5.313 or better (!!) Convert-UUlib
Convert-TNEF 0.06 or better (!!) Compress-Zlib
Archive-Tar Archive-Zip
libnet(後述するcontent_filterを利用した送受信メールのウイルススキャンにのみ必要)

リスト2■各アーカイバのインストール方法

  unzip   unarj   unrar
  LHA   zoo   arc

unzip
$ wget http://sunsite.cnlab-switch.ch/ftp/mirror/infozip/UNIX/LINUX/unz542x-glibc.tar.gz
$ tar xzvf unz542x-glibc.tar.gz
$ mkdir unzip
$ cd unzip
$ tar xzvf ../unz542x-glibc.tar.gz
$ su
Password:
# cp unzip /usr/bin
※RPMよりインストールする場合
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/PLD/current/dists/ra/PLD/i386/
PLD/RPMS/unzip-5.42-2.i386.rpm
$ su
Password:
# rpm -ivh unzip-5.42-2.i386.rpm
 
unarj
$ wget ftp://sunsite.unc.edu/pub/Linux/utils/compress/unarj-2.43.tar.gz
$ tar xzvf unarj-2.43.tar.gz
$ cd unarj-2.43
$ make
$ su
Password:
# cp unarj /usr/bin
※RPMよりインストールする場合
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/rawhide/1.0/i386/RedHat/
RPMS/unarj-2.43-9.i386.rpm
$ su
Password:
# rpm -ivh unarj-2.43-9.i386.rpm
 
unrar
$ wget ftp://sunsite.unc.edu/pub/Linux/utils/compress/unrar-2.71.tar.gz
$ tar xzvf unrar-2.71.tar.gz
$ cd unrar-2.71
$ make
$ su
Password:
# make install
※RPMよりインストールする場合
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/contrib/libc6/i386/unrar-2.71-4.i386.rpm
$ su
Password:
# rpm -ivh unrar-2.71-4.i386.rpm
 
LHA
$ wget http://shibuya.cool.ne.jp/lha/Linux/engli/lha-115.tar.gz
$ tar xzvf lha-115.tar.gz
$ cd lha-115
$ su
Password:
# cp lha /usr/bin
※RPMよりインストールする場合
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/rawhide/1.0/i386/RedHat/
RPMS/lha-1.14i-3.i386.rpm
$ su
Password:
$ rpm -ivh lha-1.14i-3.i386.rpm
 
zoo(RPMよりインストール)
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/contrib/libc6/i386/zoo-2.10-7.i386.rpm
$ su
Password:
$ rpm -ivh zoo-2.10-7.i386.rpm
 
arc(RPMよりインストール)
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/contrib/libc6/i386/arc-5.21e-6.i386.rpm
$ su
Password:
$ rpm -ivh arc-5.21e-6.i386.rpm

1/5 NEXT


Special

- PR -

Special

- PR -