Mobile:NEWS 2003年3月11日 03:55 PM 更新

ドコモ、3月15日からビデオカメラライクなFOMA「P2102V」発売

ドコモは、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の第2世代FOMA「P2102V」を3月15日より発売する

 NTTドコモは3月15日からパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の第2世代FOMA「P2102V」を発売する。この端末は、2002年12月10日に発表された3モデルのうちの1つ(2002年12月10日の記事参照)。バッテリーの持ちが向上し、動画をメール添付できるiモーションメールへの対応が特徴だ(2002年12月11日の記事参照)。


 3モデルのトリとして登場する「P2102V」は、二軸構造の液晶部を採用。ビデオカメラのように液晶のアングルを回転させる「ムービースタイル」で、テレビ電話や撮影を行える。カメラは5倍のリニアズームに対応。テレビ電話中に、ムービースタイルで自分が撮っている画像と音声の録画や録音も行える。


「P2102V」は、ビジュアルタイプと呼ばれるテレビ電話が可能な端末。ヒンジ部に31万画素のCMOSカメラが内蔵されている。液晶を横に回転させて、ちょうどビデオカメラを撮るような形で撮影を行う。SDカードスロット搭載で、撮影した動画、静止画を保存できる。テレビ電話用に、内側にも10万画素のCMOSカメラがある

 31万画素CMOSと10万画素CMOSのカメラを搭載、128MバイトのSDカードを使えば、最大3時間の動画録画(ファインモード撮影時)と、最大約7600枚の静止画撮影が可能。

 メイン液晶には2.35インチ、26万2144色表示の透過型TFTが採用され、ボディカラーはシルバー、レッド、ブラックの3色がラインアップされる。

 なお、ドコモショップや都内量販店に問い合わせたところ、「入荷数が未定」「入荷数が少ない可能性がある」というコメントが聞かれ、事前予約は行わない店もあるようだ。

  • 主なスペック

サイズ104×50×25ミリ
重さ約133グラム
連続通話時間音声通話時:約130分、テレビ電話時:約90分
連続待受時間約180時間
ディスプレイ約2.35透過TFT液晶 最大26万2144色(240×176ピクセル)
カメラサイド:有効画素数31万画素CMOSカメラ、フロント:有効画素数10万画素CMOSカメラ
動画撮影画像サイズ:176×144ピクセル(高品質モード、標準モード、ファイン、スーパーファイン)、128×96ピクセル(長時間モード)



関連記事
▼ ドコモ、バッテリー強化、動画メール送信対応のFOMA〜3機種発表
NTTドコモは続待受時間が約170−180時間と向上、動画のメール送信に対応したFOMA端末3機種を発売する。12月中旬以降順次投入予定

▼ 写真で見る、新型FOMA
待受時間を伸ばすと共に、カメラ・赤外線を標準搭載。さらには「ニューロポインター」「回転する液晶」など新フィーチャーを盛り込んできた、新しい3つのFOMA端末。それぞれの端末を写真で見ていこう

▼ FOMAの逆襲が始まる?〜PDCとのデュアルも
ドコモの新FOMA端末開発ペースはますます加速しそうだ。今回の新機種投入に続き、2003年春にはPDCとのデュアルモード端末、秋には国際ローミングにも対応させる。来年末には、PDC端末の機能をFOMAが上回ることになりそうだ

▼ 「ASF」から「MP4」へ〜FOMAのiモーションメール
撮影した動画をメールに添付して送信できる「iモーションメール」に対応した、新しいFOMA端末が登場する。しかし動画関係の機能拡張に伴い、動画フォーマットは変更され、既存の「iモーション」対応端末との互換性は失われてしまった


関連リンク
▼ ニュースリリース

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!