Mobile:NEWS 2003年4月9日 01:33 AM 更新

動く壁紙、クイズ、ゲーム──Flash、QVGA対応サイト続々

505iシリーズ共通の機能として搭載されたのが「Macromedia Flash」。これに対応した101ものサイトが登場する

 NTTドコモの505iシリーズの目玉として、発表会以前から話題になっていたのが「Macromedia Flash」の搭載(2月24日の記事参照)。これまで以上に複雑なアニメーションやインタラクティビティの高いiモードコンテンツが登場することになるわけだ。

 「505iシリーズ対応サイト」として発表されたのはなんと121サイト。そしてそのうち、なんと101サイトがFlash対応を謳っている。

 また同時に、505iシリーズ全機種に標準搭載されることとなったQVGA液晶の表示能力を生かしたコンテンツも多数、用意されている。ユーザーにしてみれば、どうせなら端末の表示能力を発揮できるコンテンツを楽しみたいところだ。

イマジニア、高精細&Flash待受画面「ヒロヤマガタ&巨匠達」をスタート

 イマジニアは、505iシリーズ向けに10コンテンツを投入する。

 その中でも注目を集めそうなのは、ヒロ・ヤマガタ、シム・シメール、アルフォンス・ミュシャなど現代のアーティストと、ダ・ヴィンチやゴッホ、ミレーといた絵画史に残る巨匠たち、計40名以上のアーティストの作品を待ち受け画像として配信する「ヒロ・ヤマガタ&巨匠達」(月額利用料金300円)だろう。


ヒロ・ヤマガタのFlashアニメーショングリーティングメール (C)Art Collection House Co.,Ltd.(C)Focous Art Associates Ltd.(C)2003 Imagineer Co.,Ltd.(C)YAMAGATA

 ここでは、QVGA表示に対応した総計2000点以上の待ち受け画像や写真フレームのほか、Flashアニメーションのグリーティングメールサービスなどを配信する。

 また「ハローキティの超便利メール」(月額利用料金300円)、「ハローキティの易占術」(月額利用料金300円)、「OZの開運夢診断」(月額利用料金300円)、「ムー謎マガジン」(月額利用料金300円)でも、Flashメールサービスを開始予定だ。「全国パチ&スロ情報」(月額利用料金300円)でも、メニュー画面などにFlashを採用し、検索性と操作性を高めている。

 さらに最新ニュースや天気予報、占いなどの毎日の最新情報をハローキティが知らせてくれるメール連動型iアプリ「ハローキティの待ち受けNavigation」(月額利用料金180円)、フォトフレームを使用した写真の編集がiアプリで手軽に行える「ハローキティのフォトフレーム」(月額利用料金200円)、クイズの問題を友達にメールで送ったりクイズを解いて入手したアイテムをメールで通信できる「□いアタマを○くする〜日本縦断クイズの旅(仮)」(月額利用料金300円)などもサービス予定だ。


「□いアタマを○くする〜日本縦断クイズの旅(仮)」

サイバード、5種類のコンテンツを505i向けに用意

 サイバードは5種類のコンテンツを、505iシリーズ向けに用意している。そのうち4つがFlash対応となる。

 懸賞付きパズルゲームサイトの「懸賞パズラー」(月額利用料金300円)では、Flashに対応した「ぷにの絵あわせ」、「パタパタスロット」を追加。キャラクター専門待受画面サイト「着キャラ!」(月額利用料金100円)では、「スパイダーマン」「アルプスの少女ハイジ」の待受画面がFlash対応になる。クリエイターによる描き下ろしの待受画面サイトの「Cool Screen」(月額利用料金100円)も、動くFlash待受画面を配信する。

 さらにiショットで撮影した画像と文字を組み合わせてオリジナルのFlash待受画面が作れる「待受つくろっ♪」(月額利用料金200円)などのサービスも予定されている。

 ほかにも、「デジタル所さん」(月額利用料金300円)で、「着信オコトバ」「メール配達キャラクター」「タイムリーメッセージ機能」などのiアプリDXの配信を予定している。


「パタパタスロット」(左)、「デジタル所さん」(右)

ジー・モード、各サイトで505iシリーズへ対応

 ジー・モードは、同社が運営する4つのiアプリゲーム専門サイトで、QVGAに対応した高精細コンテンツやFlashコンテンツの提供を開始する。

 「Get!!プチアプリ」(月額利用料金100円、200円)では、全85本以上あるアプリのうち25本(「ミステリーアドベンチャー いづみ事件ファイル 〜潮騒編〜」「ミステリーアドベンチャー いづみ事件ファイル 〜黄昏編〜」「DT ローズ・オブ・ゲノム 〜榊拓馬編〜」「DT ローズ・オブ・ゲノム 〜飴井由佳編〜」ほか)をQVGA完全対応にする。さらにそのうち4本はFlashにも対応する予定だ。

 「対戦ぐるじゃむ」(月額利用料金300円)では、「オセロ」「Groovin' TETRIS」「花札」「ビリヤード」「大富豪」「対戦雀荘ぐるじゃむ」「ポーカーフリーク」の7本を、QVGA完全対応する。

 また「ペンシルパズルだよ。」(月額利用料金300円)では、「クロスワード」「ナンバーリンク」「ひとりにしてくれ」「カックロ」「スリザーリンク」の5本をQVGA完全対応に。そして「R.P.G-mode」(月額寮料金300円)では、「ソード・ワールド mobile」をQVGA完全対応にする予定となっている。

ハドソン、5サイトで505i対応コンテンツ配信

 ハドソンは、「取り放題¥100」(月額利用料金100円)、「美少女☆くらぶ」(月額利用料金300円、100円)、「iタツノコ」(月額利用料金200円)、「iゴルゴ13」(月額利用料金300円)、近日サイトが公開される予定の「わたせせいぞうイメージフラッシュ(仮称)」(月額利用料金200円)で、Flashを利用した待ち受け動画などのコンテンツや、QVGA液晶対応高精細コンテンツなどを提供する予定だ。


「取り放題¥100」



関連記事
▼ 特集:ドコモの「505i」
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準fg搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる

▼ データ通信から家電連携へ〜赤外線通信対応アプリ
「504i」では端末同士のデータ通信が主用途だった赤外線が、「505i」では家電との連携も可能な仕様に強化された。“携帯からビデオ予約”“携帯からカラオケ操作”。そんなiアプリが登場する

▼ ベールを脱いだ「505i」
メガピクセルカメラ搭載に限らず、505iでは数々の機能強化が行われた。端末内部との連携を強化した「iアプリDX」、ビデオの録画予約も行える赤外線機能、外部メモリの標準搭載……。505iの特徴を、iモード企画部長の夏野剛氏が語った

▼ 「505i」シリーズ、どの端末に何が搭載される?
ドコモの「505i」シリーズは6モデルが開発表明された。ここではどの端末にどんな機能が搭載されているのかを見ていこう


関連リンク
▼ サイバード

関連リンク
▼ ジー・モード
▼ イマジニア

関連リンク
▼ ハドソン

[吉岡 徹, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!