Mobile:NEWS 2003年11月21日 05:48 PM 更新

Qualcomm、BREW3.0のSDKを公開

BREWが3度目のメジャーバージョンアップを果たした。対応端末は2004年夏頃に登場の見通し。

 米Qualcommは11月18日、BREW3.0のクライアントソフトとSDKを公開した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 BREW3.0では、外部メモリカードとシリアルインタフェース(USBなど)に対応。メモリカード内の音楽ファイルや画像ファイルへアクセスしたり、シリアル経由で接続したキーボードなどを利用できる。

 またグループ管理機能が強化され、通信キャリアはビジネスユーザー、企業などを区別してカスタマイズしたアプリケーションを提供できるようになる。さらに、アプリケーション提供者側がプッシュで最新版に更新したり、アプリを削除できる機能も追加する。

 BREWシミュレータも新版となり、携帯電話固有のスペックをシミュレータに読み込ませてテストできるようになるほか、BREWに関するメタ情報を記述するMIFファイル、BARファイルの使い勝手が向上した。

 なおBREW3.0のSDKとシミュレータは現在日本語化が進められており、間もなく公開される予定。BREW3.0対応端末は、現在のところ発表されていないが2004年の夏頃となる見通し。



関連記事
▼ BREW2.1で何が変わるのか?
auのA5500シリーズでは、アプリプラットフォームであるBREWのバージョンも2.0から2.1に上がった。BREW2.1のアップデートポイントは何か。そして、今後BREWはどんな方向に進化していくのか。

▼ BREWとは何か?──Javaとの違い
auの「A5304T」が対応したBREW。しかしBREWとは何なのだろうか。Javaとはどこが違うのだろうか。一般ユーザーの視点と、携帯アプリケーションのビジネスプレイヤーの視点からまとめてみた

▼ KDDI、BREWを導入〜ローエンド端末にも
KDDIがBREW端末「A5304T」を発表した。BREWによって、アプリケーションの世界流通、企業向けアプリケーションの開拓、コンシューマ向けの快適なアプリケーション環境を狙う。Javaとは異なり、今後ローエンド機にもBREWを搭載していく予定


関連リンク
▼ Qualcomm BREW
▼ Qualcomm プレスリリース

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!