Mobile:NEWS 2003年12月22日 05:43 PM 更新

使い勝手も進化したWIN端末〜「W11H」(1/2)

CDMA 1X WIN端末の「W11H」は、日立初のQVGAディスプレイ搭載機。日本語入力も“読み+次文節推測変換”を採用するなど使い勝手が進化した。今回はメールやWeb、日本語入力まわりを見ていこう。

 前回のレビューでは、「W11H」のデザインや機能を概観した(12月15日の記事参照)。今回は、日本語入力周りやメール、Web機能について見ていこう。

次文節推測も行う“ATOK for au”+“APOT”

 携帯電話を選ぶうえで重要視されるのが日本語入力機能。日立端末は、旧モデルとなる「A5303H」(2002年12月4日の記事参照)、「A5303H II」(5月14日の記事参照)でも推測変換機能付きの「ATOK for au」を採用していたが、1X WIN端末の「W11H」(12月15日の記事参照)ではそれが格段に進化している。

 まずW11Hでは、読みの入力と同時に読みを推測し、変換候補が画面下部に一覧表示されるタイプになった。もちろん一覧表示が入力レスポンスに悪影響を与えるようなことはない。また初期状態でも平文入力にたえるだけの推測変換用辞書を備えている。

 推測変換の候補一覧が表示された状態では、上下キーで候補を選択でき、右ソフトキーを押せば入力済みの読みでのかな漢字変換に移行する。推測変換で対象の候補が見当たらない場合、そのまま読みを追加入力すれば新たな推測に基づいた変換候補が一覧表示される。

 推測変換から候補を選択すると、さらに次文節の推測候補も表示される。したがって、よく使う文章は最初の文字の読みだけ入力すれば、次文節の推測変換でどんどん入力できる。また変換を伴わずに読みのまま確定した文字も読みの推測変換候補として学習するなど、日本語入力はトータルで見ても非常に出来のいい部類に入る。


画面右は初期状態での推測変換例。この状態で“こんにちわ”を選択すると、次回は“こ”と入力しただけで推測候補の先頭に“こんにちわ”が現れる。画面左は次文節の推測変換で、過去の日本語入力の結果を元にこのように次文節も予測する

 英文字や数字の入力にも配慮されている。かな入力からシームレスに変換する機能こそないが、英文字列を入力すると推測変換としてすべて大文字、小文字、全角英文字が候補として表示され、右ソフトキー(変換)を押すと、「先頭のみ大文字」といった候補も選択できる。さらに、一度変換を行うと次回からは先頭の一文字だけで推測変換が行えるようになる。この点は数字入力でも同じであり、“かな”“英字”“数字”という入力モードの切り替えは必要だが、英数字交じりの文章入力も楽だ。


左は“ITMEDIA”と英文入力した場合の推測変換候補で、すべて小文字、全角大文字が登場する。中央は“変換”キーを押した場合で、さらに先頭1文字のみが大文字といった候補も出る。英文も推測変換を学習するので、一度変換すると右のように、次回は“I”を入力しただけで“ITMEDIA”が候補として表示される

 記号入力は、かな入力時に[#]キーに割り当てられ、一覧から選べるなど検索性も高い。[#]をニ回押すと絵文字、三回押すと英数字になり、こちらも一覧から入力可能だ。一覧はページ送りができ、連続入力もサポートするなど、日本語入力同様さらに使いやすくなっている。


左から、記号、絵文字、英数字の入力ウインドウ。先頭には過去に選択した文字が候補として並び、左ソフトキーで候補を選ぶと、連続して記号入力ができる。記号では三ページ目以降には全角記号の候補も表示される

QVGAを生かした情報量のEメール、EZweb

 Eメールの機能は現在のauスタンダード仕様。送信元アドレスによるフォルダ自動振り分けをサポートする。条件には直接メールアドレスを指定でき、受信したメールからの条件設定も行える。また条件を追加設定したあとに、再振り分けすることも可能だ。


メールフォルダは最大10個。振り分け条件は送信元アドレスのみだが、アドレス帳に登録がなくても直接入力して振り分け条件に設定可能。面倒にも思えるが、受信したメールから送信元アドレスを登録すれば済む

 フォントサイズは三段階から選べる。大で9×9文字、小で11×10文字、極小で19×17文字が一画面に表示可能だ。極小はQVGA表示ならではの情報量だが、小との格差が大きいのはちょっと気になる。極小でも視認性が悪いわけではないのだが、電車の中などで揺られた状態では見づらいと思うこともあるからだ。なおフォントサイズがメール閲覧画面からは変更できず、Eメール設定でしか変更できないのは改善してほしい点だ。


左からフォントサイズ大、小、極小。EZwebなどでも利用できるフォントサイズは同じ。フォントサイズが設定からしか変更できないのはちょっと不便

[坪山博貴, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!