Special
» 2013年07月01日 10時00分 UPDATE

旅行ではもっと役立つ! NAVITIMEとカーナビタイムを使い倒す1泊2日 (1/2)

日常の移動をサポートする「NAVITIME」や「カーナビタイム for Smartphone」は、実は旅行に活用するとものすごく役に立つ。“トータルナビ”が売りのナビタイムジャパンのサービスを、旅行で使うとどうなるか。ジャーナリストの神尾寿氏のアドバイスも挟みながら、実際に検証してもらった。

[PR/ITmedia]
PR
Photo

 先日スマートフォンを最新モデルに買い替え、より大きな画面で精細な地図が見やすくなった。Googleマップで自分が今いる場所を確認できるだけでもかなり便利に感じるが、スマートフォンにはドアツードアで正確にナビをしてくれるサービスもあるという。そこで、今度の福岡旅行では、ナビタイムジャパンの「NAVITIME」と「カーナビタイム for Smartphone」を使ってみることにした。


Photo

NAVITIMEの魅力は、「トータルナビ」であること。つまり、徒歩や電車のルート案内だけでなく、飛行機や新幹線、高速バス、さらにクルマまで、あらゆる交通手段を網羅しています。ですから旅行に使うのにも最適なんです!


旅のプランニングから“使える” NAVITIME

 NAVITIMEは、普段の移動に使うアプリと思われがちだが、旅行の場合も、家と目的地を指定し、出発もしくは到着する時間を決めると、最適なルートを示してくれる。行きたい場所をいくつか挙げたら、どれくらいの時間で移動できるのかを調べつつ、コースを考えられる。

Photo 僕はAndroidスマートフォンで、彼女はタブレットで行きたい場所をあれこれ検索

 ちなみにNAVITIMEのiPadアプリは、NAVITIME IDを使ってAndroidスマートフォンやiPhoneと連携させることが可能。iPadの大きな画面に最適化されたUI(ユーザーインタフェース)で、家やカフェなどで落ち着いてルートの検討をしたあと、現地ではAndroidスマートフォンやiPhoneから履歴を参照してルート設定をするといった使い方ができて便利だ。

 飛行機は、利用する航空会社がJALもしくはANAの場合、NAVITIMEの検索結果からそのまま予約できた。最適な時間の飛行機が表示されたその画面から、「空席照会/予約」を選ぶと、各社の予約サイトにアクセスできる。帰路も、家に着きたい時間を指定すれば最適な飛行機が選べるので、帰りの飛行機を決めてから福岡までの往復の航空券をここから予約した。

PhotoPhotoPhotoPhoto NAVITIMEを使えば、ルート検索の結果から航空券の予約ができる。パッケージツアーを利用しないのであれば、ここから空席を検索して予約してもいい。予約の際には、帰りの飛行機の便も決めてから手続きするのがお勧めだ

 NAVITIMEでは一休.comやじゃらん、楽天トラベル、るるぶトラベルなどから情報提供を受けており、アプリからWebブラウザを開いて、宿泊予約もその場でできてしまう。


Photo

今回の旅では利用しませんでしたが、経路結果一覧画面から「格安サーチ」を選ぶと、LCCや高速バスのルートも検索できます。格安サーチを利用すると、成田空港経由で福岡空港へ行くルートなどをお勧めされ、いくらくらい安くなるのかの目安も表示してくれます。銀座から成田までの格安のリムジンバス情報なども表示されるので、トータルで安いルートを案内してくれるのがうれしいですね。とにかく旅費を安く抑えたいときには、こうした機能も活用してみるといいですよ。


DOWNLOAD

細い道もしっかり案内するNAVITIMEで街歩き

 出発当日、彼女とは羽田空港で待ち合わせ、福岡へ。飛行機はANA便を利用した。

 福岡空港は、日本国内では他に類を見ないほど繁華街から近い。福岡市営地下鉄空港線を利用すれば、約6分で博多駅、およそ11分で天神駅まで移動できる。早朝の飛行機に乗らなくても、午後いっぱい福岡を満喫できるのだ。

福岡に着いたらまず天神に移動して、ランチがおいしい店を探すことにした。彼女の希望で、行き先は「Le doux(ルドゥー)」という鶏天の店に。早速NAVITIMEで検索して目的地にセットし、福岡市営地下鉄空港線に乗って一路天神へ。

 地下鉄を降りて天神駅の改札を抜けると、天神地下街、通称「てんちか」の真ん中に出る。地上に出るルートはたくさんあるが、地理に詳しい人でないと、いきなり歩き出すのはちょっと不安なエリアだ。しかしNAVITIMEでルートを検索してあるので、まったく心配はない。

 案内通り出口14番を目指し、地上に出ると、そこは天神の外れ。目的のお店は、水鏡天満宮横の細道「博多名物うまかもん通り」にあった。博多名物うまかもん通りは、非常に細い路地だが、NAVITIMEが的確に道案内をしてくれたおかげで、迷うことなくお店にたどり着けた。

PhotoPhotoPhoto 博多名物うまかもん通りという細い路地にある「とり天 Le doux」へ
PhotoPhoto こんな路地でもしっかりとガイドしてくれる

Photo

細い路地にあるお店にもしっかりナビゲートしてくれるNAVITIMEはさすがと言えます。2人にこのお店をお勧めしたときは、ちゃんとガイドできるかちょっと心配もありましたが、正確に曲がる場所を案内してくれました。NAVITIMEの地図は、細い路地でも道が見やすくなっているのもポイントです。街歩きのパートナーとしてこれ以上心強いことはありません。曲がる場所などに自信が持てなければ、「ARナビ」機能もお勧めです。目の前の景色にルート案内の矢印を重ねて表示してくれるので、方向感覚に自信がない方も安心です。


ランチの後は天神・大名エリアを散策、そしてバスで福岡タワーへ

 美味しいランチを楽しんだ後は、神尾さんがお勧めしてくれた天神の反対側、おしゃれな店が多い大名エリアに移動。ブランドショップなども多いエリアでウィンドウショッピング。少々距離はあったが、食後の腹ごなしも兼ねて、NAVITIMEの周辺検索で道案内してもらいながら歩くことにした。

PhotoPhoto おしゃれな店が多く立地する大名エリアを散策。地図が見やすく、周辺情報も豊富なNAVITIMEは、散歩にも便利。ただしスマートフォンの画面を凝視していると危ないので、確認はほどほどに
Photo 天神バスセンターは、通り沿いにたくさんのバス停があり、目的地によって場所が違うので、NAVITIMEを見ながら移動。バス停には次々とバスが来る

 散歩の後は天神バスセンターまで戻り、福岡市内の名所の1つ、福岡タワーへ。ここからは西鉄バスを活用した。西鉄バスのネットワークは、福岡エリア内に細かく張り巡らされており、バス停には次々といろいろな行き先のバスがやって来ては人を乗せ出発していく。

 初福岡の自分が、いきなり目的地に連れて行ってくれるバスを探し当てるのは難しいので、素直にNAVITIMEに頼る。出発地点を現在地にして、「福岡タワー」を目的地に設定すると、周りに数あるバス停から福岡タワー行きのバス停を見付けて表示してくれた。西鉄バスは、運行状況表示に対応しており、乗る予定のバスがいまどこにいるのかを一目で把握できる。


Photo

バスのルート検索はNAVITIMEの強みの1つです。バスというと、どうしても交通状況の影響を受けやすいというイメージがあるかもしれませんが、実はけっこう正確です。しかも停留所ごとの時刻表やバスの接近状況が確認できるため、いつ来るのか分からないという不安がありません。西鉄バスは系統が多いため、時刻表自体もたくさんあって分かりにくいのですが、NAVITIMEなら分かりやすいです。現在このバス接近状況表示が可能なのは西鉄バスと都営バス、京王バスだけなので、ぜひ活用したいところです。最初からバスに乗ると分かっているなら、NAVITIMEで「バス」ルートを検索したり、「バスNAVITIME」という別のアプリを活用するのも手です。


PhotoPhotoPhotoPhoto 天神から福岡タワーへは西鉄バスを利用。市内を縦横に走るバスの中から、最適なルートを見付けてくれるので頼りになる。西鉄バスはバスの接近情報を配信しており、NAVITIMEからバスが今どのあたりにいるのかが確認できる
Photo 福岡タワーに到着。展望台からは福岡市内が一望できる

 西鉄バスは302系統の能古渡船場行きを利用。バス停にして5つほどで目的の福岡タワーに到着した。福岡タワー南口のバス停でバスを降りれば、目の前に高さ234メートルの青いタワーがそびえ立つ。福岡タワーは正三角柱型の電波塔で、高さ123メートルの位置に展望室があり、市内が一望できる。

 福岡タワーの後は、ホテルにも近いキャナルシティ博多へと移動。キャナルシティ博多は、博多駅からほど近い大型ショッピングモールだ。福岡タワーからは、やはり西鉄バスを利用して移動するのが最適とNAVITIMEに案内されたので、バスを乗り継いでキャナルシティ博多へ向かう。バスからバスへの乗り換えはあまりしたことがないが、最適な移動手段が適切に案内されていることがよく分かる。

 夕食はキャナルシティ内で済ませてこの日はホテルへ。翌朝早いので、この日のうちに市内でレンタカーを受け取ってホテルにチェックインした。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ナビタイムジャパン
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2013年8月11日

NAVITIME

【地図検索】や【乗換案内】【トータルナビ】がすぐに使える総合ナビゲーションアプリ

カーナビタイム for Smartphone

オフラインでも使えてリアルタイム情報も充実の本格派カーナビアプリ

バスNAVITIME

バスの接近情報や、複数路線の時刻表、地図上ののりば案内などバスに特化したナビゲーションアプリ

NAVITIMEドライブサポーター

カーナビアプリの決定版!渋滞考慮ルートの音声ナビや、駐車場の満空情報も検索できるカーナビアプリ

NAVITIME×ITmedia

福岡への旅行で「NAVITIME」と「カーナビタイム for Smartphone」を活用して分かったのは、ナビタイムジャパンの細やかな気配りと日々の情報更新による情報の信頼性の高さ。その実現の裏で同社はどんな活動をしているのか。ジャーナリストの神尾寿氏が聞く。

「NAVITIME」関連記事総合INDEX