検索
ニュース

SlackやYammerの競合:

「Facebook at Work」、「Workplace」として正式公開

Facebookが2015年1月から「Facebook at Work」としてβ公開してきた企業向けコラボレーションサービスが「Workplace」という名称で正式リリースされた。従業員は仕事用アカウントで企業内の閉じた環境のニュースフィード、グループ、ライブ動画などのツールを使える。

[PC用表示]

 米Facebookは10月10日(現地時間)、2015年1月から「Facebook at Work」としてテスト運用してきた企業向けコラボレーションサービスを「Workplace」という名称で正式リリースしたと発表した。

 workplace 1

 Workplaceは、採用する企業の従業員がFacebookの個人アカウントとは別に仕事用のアカウントを作成し、同僚とのやりとりにFacebookのツール(ニュースフィード、メッセンジャー、グループ、ライブ動画など)を企業内の安全で閉じた状態で使えるサービス。

 Facebook MessengerのWorkplace版、「Work Chat」もiOSおよびAndrdoid向けに公開されている。

 workplace 2
専用メッセンジャー「Work Chat」

 テストには世界の1000以上の企業が参加し、10万近いグループが作られた。StarbucksやDanone(ダノン)なども参加し、世界中の支店が同サービスで交流したとしている。Facebook自身も「Office 365」と併用している。

 競合する米MicrosoftのYammerや米SlackのSlackにあるコラボレーション機能だけでなく、ライブ動画で企業幹部のメッセージを全社にリアルタイムで動画で伝えることもできる。

 一般向けFacebookの機能に加え、Workplaceでは解析用ダッシュボード、企業をまたがるグループ作成機能(向こう数週間でローリングアウト)、シングルサインオン機能などが利用できる。

 workplace 3
解析ダッシュボード

 また、Microsoftの「Azure Active Directory」を含む以下のIDプロバイダーのサービスと、セキュアに統合できるとしている。

 workplace 4
提携するIDプロバイダー

 公式版公開に当たり、Workplaceの提供パートナーとしてDeloitte Digital、Edelman、Weber Shandwickなどと契約した。

 料金体系は、アクティブユーザー1人当たりの月額制。1000人までは1人当たり月額3ドル、1001人以上は2ドル、1万人を超えると1ドルになる。非営利団体と教育機関は無料で使える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る