メディア

Patrick Thibodeau

人材管理とERP(統合業務)パッケージの分野を主に取材している。20年以上、企業IT分野の記者として活躍し、IT専門メディア「Computerworld」「InformationWeek」の他、雑誌『Federal Computer Week』(FCW)に記事を掲載。American Society of Business Publication Editors(ASBPE:米国ビジネス出版編集者協会)から全米ジャーナリズム賞を複数回受賞している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】

テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。

()

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【前編】

オンラインでコラボレーションをする際、没入的な3D空間でのやりとりが生産性の向上につながる可能性がある。Appleが2024年に発売したHMD「Apple Vision Pro」がこれを後押しするとの見方がある。本当なのか。

()

「週5出社」を貫く企業の行く末【後編】

オフィス回帰の動きが見られる一方で、オフィス回帰が離職率を高めるといった課題も顕在化しつつある。人材分野の専門家によると、今後はオフィス回帰が人材と雇用する側の企業にある影響を与える可能性がある。

()

ダイバーシティー改善に挑むIT業界【前編】

IT業界には、人種や性別の偏りが依然として存在する。こうした偏りは、なぜ生じているのか。IT業界における求人の実態を明らかにした調査結果から見えた、根本的な原因とは。

()

「Apple Vision Pro」はAR/VR市場の起爆剤になるか【後編】

AR/VR市場を盛り上げるきっかけになると専門家が指摘するのが、Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」の登場だ。Apple Vision Proは、AR/VR市場にどのような影響を及ぼすのか。

()

「Apple Vision Pro」はAR/VR市場の起爆剤になるか【中編】

AR/VR市場の活性化に、Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」は貢献する可能性がある。ただし専門家は、Apple Vision Proの“ある問題”が、その躍進を妨げかねないと語る。その問題とは。

()

人事部門が「生成AI」とどう向き合うべきか【後編】

「ChatGPT」をはじめとする生成AIツールは「人事部門に変革をもたらす」との見方がある。具体的に何をどう変革するのか。人事部門にとって、生成AIツールはどのように役立つのか。

()

オフィス回帰は“天国”か“地獄”か【中編】

パンデミックで急速に普及したテレワーク。かつての日常が戻り、オフィス回帰の動きが広がる中、テレワークは“過去に少しだけ流行した働き方”になってしまうのだろうか。Gartnerの人事アナリストに聞いた。

()

PwC調査で探る「景気後退下のIT投資」【後編】

米国でも主要な投資対象になっている「デジタルトランスフォーメーション」(DX)。PwCの調査によると、米国企業がDXと同じくらい重視する投資分野がある。米国企業の最大の懸念にもなっている、その分野とは。

()

「ChatGPT」は人事の仕事を脅かすのか【中編】

OpenAIの「ChatGPT」の利用が、人事部門の間で進むのではないかとの見方がある。だが人事業務に使う上で、ChatGPTには無視できない技術的な問題があるという。それは何なのか。

()

テレワークと人材確保の新たな関係【前編】

オフィス出社への回帰は当たり前だし、テレワークにしがみつくのは単なる甘えだ――。こうした考えは否定されるものではない。ただしその判断が、優秀なソフトウェアエンジニアの確保を妨げる可能性がある。

()