8Mbps ADSLの混乱は続く? アッカ&So-netの場合

【国内記事】 2001年12月6日更新

前のページ

 もちろん,NAT機能を持たないUSBモデムを使えばMessengerは使える(アッカはUSBモデムの提供を検討中)。しかし,USBタイプはOSをえり好みする,マシンを選ぶ,8Mbpsの速度が出ない,まだ不安定など,問題が山積している。筆者は何度かの使用経験からUSBモデムは使わないと決めて久しい。しかし,So-netでは,イーサネット接続の単体モデムについて「提供予定なし」という。

 アッカのスタンスは,11月15日に掲載されたサポートページに記されている。「弊社ならびに提携ISPとも,NAT(IPマスカレード)機能およびポートマッピング機能に関するご質問,オンラインゲームやVPN,メッセンジャーサービスなど,種類を問わず個別のソフトウエアまたはサービスについてのサポートは一切しておりません。あらかじめご了承ください」。

 足回りプロバイダとしては当然の表明と思う。しかしそれには前提がある。申し込む前に,先にそれを言ってくれ,と。そして,ナマのADSLモデム(ルータ抜きのイーサネット接続タイプ,「フレッツ・ADSL」にはある)を用意してからそれを言ってくれ,と。

 So-netにも聞いてみた。すると「ポートマッピング機能を持つルータならMessengerは使えるはず。でも,サポートはしません」。

 サポートしないのは正解だが,ポートマッピング機能があれば使える,というのは間違いだ。NEC,富士通のルータはともにポートマッピング機能を持っているが,これだけで「ルータ越え」は無理。というのも,Messengerが採用するH.323あるいはSIPという規格は,データ(パケット)の中に直接IPアドレスを埋め込むからだ。NATの下でプライベートIPアドレスを埋め込まれたパケットは,もちろん帰るべき場所が分からない。

 高機能なルータでは,パケットをすべてチェックし,書き込まれたプライベートIPアドレスをルータにふられたグローバルIPアドレスに変えてくれる。しかし,アッカの採用した2機種のモデムではだめ。同じ理由で,一部のオンラインゲームも不可だ。

 このほか,やはりパケットにIPアドレスを埋め込むFTPも従来の設定のままでは正常に動作しない。So-netのFAQを見ると,「FTPクライアントはパッシブ・モード(PASV)に設定してくれ」とある。

 今になってそんなこといわれてもね,と思うことしきり。これも同社が採用したルータの設計の古さに由来している。

局側も混乱?

 さて,モデムやルータの問題だけでなく,局側の工事や設定も混乱しているようだ。大量の工事が発注された結果としても少々お粗末。というのも,11月の後半あたりから,局側DSLAM装置までは接続できるものの認証に失敗する人が多いのだ。認証がうまくいかないと,グローバルIPアドレスが割り当てられず,結局はインターネットの世界に出ていけない。筆者の場合もこの症状だ。

 12月6日に至り,アッカはサポートページで4つのトラブルを報告した。2Mbps以下の速度でリンクしている場合に「実効速度が遅い」「MTUを小さな値にしなければインターネット接続ができない」,そして「リンクが確立しているにもかかわらず,IPアドレスが取得できない」……これだ。

前のページ | 2/3 | 次のページ

[淀橋太郎,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!