ホットスポット続々登場,タリーズも参入

年末から年始にかけ,都内各地に新しいホットスポットが次々と登場する。タリーズコーヒーは「TULLY's 赤坂ツインタワー新館店」で試験サービスを開始する。

【国内記事】 2001年12月13日更新

 タリーズコーヒージャパンは,12月下旬から溜池山王駅前にある「赤坂ツインタワー新館店」で無線LANによるインターネット接続サービスの試験運用を開始する。来店者は,無線LAN対応のノートPCがあれば無料で利用できる。


TULLY'sの赤坂ツインタワー新館店

 タリーズは,東京都,千葉県,神奈川県に計36店舗を展開するシアトル系カフェ。テイクアウトオンリーの“カウンター店舗”や,オンライントレードができるユニークな店舗を証券会社と共同で運営するなど,店舗形態の多様化にも注力している。

 そのタリーズに無線LANプラットフォームを提供するのは,「ブロードバンドeビジネス協議会」(BeB協議会)だ。BeB協議会は,インキュベーション事業を手がけるアットマークベンチャーが主催する業界団体。日立製作所や日本アイ・ビー・エム(IBM),シスコシステムズなど20社が参加しており,日本版ホットスポットビジネスの普及を目指している。11月には,「STARBUCKS 秋葉原店」のホットスポット化も手掛けた。

 タリーズの試験運用では,日本IBMとシスコシステムズが無線LAN機器を提供。Peopleを運営するフジテレビフューチャネットがISPを担当する。運営主体はアットマークベンチャーで,タリーズはむしろ「場所を貸す」立場だという。

 「タリーズでは,2003年3月までに赤坂近辺の数店舗までサービスを拡大して検証を進める。来店者へのLANカード貸し出しやVPNの導入による企業向け会員サービスなども段階的に導入する予定だ」(アットマークベンチャー)。

 さらに,六本木などに店舗を持つ喫茶店チェーン「Cafe LOLITA」,秋葉原のインターネットカフェ「NEPPALA」でもホットスポット化の準備を進めており,来年1月にも試験サービスを開始する計画という。BeB協議会では,このほかにもガソリンスタンドやカラオケボックスなど十数社と交渉を進めており,ホットスポット事業は,ますます“熱く”なりそうだ。

関連リンク
▼ アットマークベンチャー
▼ タリーズ
▼ NEPPALA
▼ BeB協議会(資料)
▼ ニュースリリース

関連記事
▼ 「PRONTO」がホットスポット事業に本格参入へ
▼ ヒルトン東京がホットスポットに
▼ カフェでBluetooth接続,B.L.T.実験がスタート
▼ ハンバーガーと無線LAN

[芹澤隆徳,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!