ニュース 2002年5月22日 04:01 PM 更新

米Centillium、高速化&長距離化を実現する「eXtremeDSL」

米Centillium Communicationsは5月22日、ADSLの新技術「eXtremeDSL」を日本市場に向けて投入すると発表した。下り10Mbps超のADSLサービスが可能になるほか、ISDN並みの伝送距離を実現するという

 米Centillium Communicationsは5月22日、ADSLの新技術「eXtremeDSL」を日本市場に向けて投入すると発表した。これにより、下り10Mbps超のADSLサービスが可能になるほか、ISDN並みの伝送距離を実現するという。

 eXtremeDSLは、G.dmtの標準規格に準拠した機能群の総称。今回投入されるのは、長距離化を可能にする「eXtremeReach」、および高速化を図る「eXtremeRate」の2つ。eXtremeRateでは、NTT局から1.6キロ以内であれば最大10Mbps、2.3キロまでなら8Mbps、4.1キロ以下で1.5Mbpsのスピードを実現できるという。


米Centilliumの資料

 また、eXtremeReachは、従来なら5.5キロ程度と言われているADSLの伝送限界を7キロまで拡大する。来日した米Centilliumのマーケティング担当副社長、Dori Braum氏は、「eXtremeReachは、これまでのサービスエリアを50%拡大する。キャリアは、従来と同規模の設備でより多くの加入者にサービスを提供できるだろう」と話している。

 eXtremeDSL技術を盛り込んだADSL機器は、2002年第3四半期にも市場投入される見通し。同社のADSLチップを採用しているイー・アクセスやNTT東西地域会社などのADSLサービスに適用される可能性が高い。

関連記事
▼ 米Centilliumが考える“次のADSLサービス”
▼ アッカの隠し球? 最大10Mbpsの“拡張版Annex C”詳報

関連リンク
▼ 米Centillium Communications

[芹澤隆徳, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!