リビング+:ニュース 2003/06/26 16:57:00 更新


固定→携帯通信、料金設定の方針を公表

総務省は6月25日、固定電話発、携帯電話着の通信で料金設定をどう行うべきかの方針を策定した。中継接続事業者に、料金設定権を認めると明記された。

 総務省は6月25日、固定電話発、携帯電話着の通信で料金設定をどう行うべきかの方針を策定した。中継接続事業者に、料金設定権を認めると明記された。

 総務省はこの問題で、「料金設定の在り方に関する研究会」を開催し、報告書案をまとめていた(記事参照)。今月17日には報告書が公表されたが、これを受けて総務省の方針が示された。

 焦点になっていた「中継接続」に関しては、報告書どおり、中継事業者に料金設定権が認められた。ただし、まずは“選択中継”を導入することとされ、事前にマイライン登録を行う“優先接続”は導入されないこととなった(解説記事)。

 同研究会ではまた、IP電話発、携帯電話着の場合の料金設定権も検討対象だったが、これはIP電話事業者が料金を設定することが認められた。

 今後、事業者から総務大臣に裁定申請があった場合、上記の方針に従った裁定が行われることになる。

関連記事
▼特集:いま、固定→携帯通信が変わる

関連リンク
▼総務省のニュースリリース

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!