リビング+:ニュース 2003/10/23 20:52:00 更新

東京モーターショー2003
音声対応のカーナビエージェント登場 〜その名は「SATSUKI」

「サツキー?」「はーい、何か御用ですか」。モーターショウ会場で、ゼンリンデータコムは音声対応のカーナビエージェントシステム「SATSUKI」をお披露目している。

 2003年、カーナビは人格を持ち出した。しかも21歳の女性の。彼女の名は“SATSUKI”――サツキ・メイ・リンという。

Photo

現在、ゼンリンデータコムのサイトで彼女の壁紙をダウンロード可能だ

 22日に開幕した「東京モーターショー2003」会場で、ゼンリンデータコムのブースでは音声会話対応のインテリジェントナビシステム「SATSUKI 00MODEL」のデモ展示を行っている。これは、音声認識エンジンや音声合成エンジンを組み合わせて、エージェントキャラクターと会話しながらのナビゲーションを楽しめるシステムだ。

Photo

右に見えるのが、サツキだ。会話中は、手を上げるなどの簡単なアクションも行う

 具体的な操作手順を見てみよう。ドライバーは運転中、カーナビに向かって「サツキー?」と呼びかける。サツキは「はーい、何か御用ですか」と返答。「おなかすいたよー」と言えば「レストランを検索します」と答える、といった調子で、店舗のナビゲーションが展開される。

 ユーザーの声が音声認識されると、エージェントエンジンはこの情報をレコメンドエンジンに渡す。レコメンドエンジンでは、ユーザーの過去のナビゲーションの利用から、「ラーメン」なら「味噌ラーメン、細い麺、ネギ入りが好き」といったプロファイルを蓄積している。こうしたデータを元に、エージェント側は適切と思われる情報をコンテンツDB(データベース)から取得するわけだ。

 ユーザーはサツキとの会話を経て、いくつかの候補を表示させることができる。システムは同社の地図情報配信サービス「its-mo Navi」と連動しており、ユーザーが店舗を選択した後は、地図DBから情報を取得して、経路表示につなげることもできる。

Photo

レストラン情報が提示された。細かいことだが、ラーメンを検索しただけにサツキの衣装がチャイナドレスに変わっている点も、見逃せない

音声情報は8Kbpsでも伝送可能

 ユーザーがエージェントに話かける際の音声情報は、車に接続した携帯電話から、単純に“通話”として届けらる。だが、この場合は扱う情報量が比較的大きくなってしまう。

 説明員は「今後、音声チップを搭載した携帯電話が出てくれば、容量の小さなデータとして送信することもできる」という。

 「音声信号から特徴抽出を行い、47ベクトルの情報量として起こすことで、データ量を30分の1にすることができる。これなら、8Kbpsもあれば伝送できる」。

 現在は、同システムは参考出展との位置付け。今後、より機能を向上させた上で、カーナビメーカー、およびカーメーカーに導入を訴える方針だ。

 デモを見た限り、サツキはこちらの呼びかけに、3秒程度遅れて反応する。会場の騒音もあって、やや音声認識にとまどうシーンも見られた。また、たまに「分かりました」が「ワァクワァリィマシタァ」と、ホラー映画のようなコワイ声色になることもあった。このあたりは、音声合成エンジンに多少なりと改善の余地があるのだろう。

 ちなみに、サツキは「身長何センチー?」といったたわいのない雑談にも、「158センチです。もう少し高いと、いいなあ」などと気軽に応じてくれる。気になる人は、会場でいろいろと質問をぶつけてみるといいのではないだろうか。なお、現状で分かっているサツキのプロファイルは、以下のとおり。

名前サツキ・メイ・リン
身長、体重158センチ、42キロ
3サイズ87、58、82
血液型AB型
チャームポイント目元、ウィンク
現住所サイバースペース
職業ドライブコンシェルジュ
特技中国拳法
好きな食べ物麺類(特にラーメン)
将来の夢インテリジェントナビのエージェントとして、快適な車社会を実現すること。

関連記事
▼復活した伊達杏子と楽しく工学を学びましょう!
▼バーチャルアイドル「伊達杏子」が進化する?
▼“通信で進化する”カーナビ 〜パイオニア
▼トヨタがG-BOOKで狙うもの


関連リンク
▼ゼンリンデータコム

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!