リビング+:ニュース 2003/11/21 23:59:00 更新


映画をP2P配信する「ポイントムービー」オープン

ポインテージは、映像コンテンツ配信サイト「ポイントムービー」をオープンした。月額1000円で見放題となるほか、1本300円のオンデマンド配信も行う。コンテンツはストリーミング配信、ダウンロード配信のほかに、P2P配信も考えているようだ。

 ポインテージは11月21日、映像コンテンツ配信サイト「ポイントムービー」をオープンした。月額1000円で見放題となるほか、1本300円程度のオンデマンド配信も行う。コンテンツはストリーミング配信、ダウンロード配信するほか、ダウンロードコンテンツのP2P配信も考えているようだ。

Photo

ポイントムービーのトップページ。まず、サイトの利用法ガイドが展開される

 シネマパラダイスと提携しており、「極道聖戦ジハード」「おとこ喰い」「許されざる者」など、同社の提供する約200の邦画作品を配信する。また、今後はアニメコンテンツや、洋画なども追加される予定。年度内には、500コンテンツが揃う見込みだ。

 ポインテージは、電力系FTTHサービスユーザーを対象とした映像ポータル、「Fiber TV」のコンテンツアグリゲーションを手がける企業(記事参照)。また、各種“ポイント”を伴うマーケティング活動も手がける。ポイントムービーでは、こうした経験を活かし、オンライン上で流通する同社のポイントを、決済手段として使用することもできる。

Photo

ポインテージの榊原悠社長

 映像サイトをオープンするにあたり、沖電気工業と提携して、コンテンツ管理などを含むプラットフォームの提供を受けている。また、KDDIとも提携して、課金システム、DRM技術の提供を受けているという。

 ほかに、バリューコマースと提携することで、個人サイトを絡めたサイト告知も行う。バリューコマースは、個人サイトやeメールマガジンなど、10万を超えるネット媒体と、広告クライアントとの橋渡しをする企業。具体的には、クライアントの“広告リクエスト”を受け、特定の報酬条件の下でバナー広告を掲載する媒体を募集する。今回、ポイントムービーもこの手法によって広く周知される予定だ。

P2P配信を視野に

 ポイントムービーでは、コンテンツは大きく2種類の方法で配信される。ストリーミングと、ダウンロードだ。

 ストリーミングでは、エムティーアイの動画配信技術を採用し、「従来のストリーミングをしのぐ画質を実現した」(同社)。また、KDDIのDRM技術を採用して、コンテンツのダウンロードを認めている。

 同社はさらに、このダウンロードしたコンテンツを、P2Pで流通させることも考えている。ユーザーの手元にある映像ファイルは、Windows Media PlayerのDRM技術によって暗号化されたもの。これを解除するためのライセンスを、ポイントムービーのサイトで発行してもらう方式だ。したがって、暗号化されたコンテンツ自体は、P2Pで自由に交換してもらってかまわないという。

 同社はこうした流通方法を、「超流通」と名付ける。ユーザー間で、ファイルが活発に交換されることを期待するとした。

関連記事
▼「WinMXで自由に交換してください」 〜NTTコムのP2P動画サービスとは?
▼ベールを脱ぐ「電力系FTTH」の新コンテンツ 〜5Mbps動画も
▼著作権管理で、P2Pは生まれ変わる――CRL

関連リンク
▼ポイントムービー

[杉浦正武,ITmedia]



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!