連載
» 2010年11月26日 10時30分 公開

「スキャン代行サービス」大研究:スキャン代行業者の実力を比較する(前編) (2/5)

[eBook USER特別取材班,ITmedia]

スキャンエージェント

  • 概要

 スキャンエージェントは、「中古漫画全巻市場」が運営するスキャン代行サービス。所在地は東京都練馬区。基本料金は1冊150円、ただし申し込みは10冊単位。ページ数の制限はなく、表紙スキャンも基本料金内に含まれている。ファイル名変更、OCRは別料金。

 他社で見られないサービスとして、PDFの対応バージョンを7.0以上に設定することでPDFサイズを圧縮するオプションを提供しているが、1冊100円とやや割高な感がある。また今回申し込んだ7社の中で唯一、本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証など)の添付が必須となっているほか、申込書をプリントアウトして冊数やオプションの有無を記入する必要がある。目安となる納期についてはサービストップページに明示されている。

スキャンサービスやオプションサービスをそれぞれ商品と見なしてショッピングカートに入れて精算する方式(写真=左)/送られてくる申込書をプリントし、記入して同こんする必要がある。今回評価した中で唯一、本人確認書類の添付も必要(写真=右)
  • 申し込みから納品までの流れ

 申し込みの後、入金と書籍発送を同じタイミングで行うという手順になる。サイトはショッピングカートシステムを採用しており、10冊単位でカートに入れて購入する方式。申し込み翌日に振り込みと発送の手続きを記したメールが届く。ここでは、添付の申込書をプリントアウトして記入し、本人確認書類とともに書籍に同こんして発送するよう指示されている。

 入金確認のメールはあったが、業者に送付した書籍が到着したかどうかを伝える書籍到着確認のメールはなし。納品はオンライン(firestorage利用)。メールはサービス名である「スキャンエージェント」ではなく運営者「中古漫画全巻市場」の名前で届くので紛らわしい。申し込みからオンライン納品までは中6日。なお、サイト上では写真集は対象外となっているが、今回はスキャンに対応していた。

料金

  • 発送料:950円
  • 料金:1800円 基本料金150円×10冊(最小単位)+ファイル名変更30円×10冊
  • 返送料:950円 返送は任意

  • 納品物のクオリティ

 カラーモードの判定を完全にソフト任せにしているようで、ひとつの書籍でカラー・グレー・白黒が入り交じっているなど、非常に読みづらい。

 モノクロページがカラーと読み取られるならまだしも、中にはカラーでありながらグレーでスキャンされているページもあり品質が一定していない。また、カラーモードでは機器のメンテナンス不足と思われる色の帯が冊子を問わず入っているほか、他社に比べると裁断の幅が大きく、ページの端の文字が切れてしまっている場合もあった。一方で読み取り時のミスと思われる1〜2センチ幅の余白がページについていることがあり、読んでいてストレスとなる。傾きについては許容できるレベル。白紙ページについては削除されている。

マンガ単行本のページをサムネイルで並べたところ。奇数ページがカラーモード、偶数ページがグレーモードで読み取られるなど、1冊の中ですら品質がバラバラ(写真=左)/ページは白黒だがカラーモードで読み取られている例。ページ下端の折れもそのままとなっている(写真=右)
カラーモードは黒が弱い傾向にあるが、発色は全体的に悪くない(写真=左)/スキャナのメンテナンス不足とみられる色の帯があちこちに出ている(写真=右)

総評

 カバーのスキャンが基本料金に含まれているのは評価できるが、申込書の記入や身分証明書の添付が必要であるなど申込手順が煩雑であるほか、納品物のクオリティもお世辞にも高いとは言えない。中でもスキャナのメンテナンス不足と思われる色の帯が散見されたり、裁断の幅が他社に比べて広い点など、本屋直営のサービスにしては本の扱いが雑な印象だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる