特集
» 2013年08月01日 08時00分 公開

電子書店完全ガイド2013:「楽天koboイーブックストア」を徹底解剖する (3/5)

[鷹野 凌,ITmedia]

簡単に購入できるか?

 楽天Koboイーブックストアで購入をするには、楽天会員になる必要があります。どのデバイスから利用をする場合も楽天会員ID・パスワードでのログインが必要になるので、入力しやすい端末から事前に登録しておくといいでしょう。もっとも、楽天の2013年度第1四半期決算資料によれば、楽天の会員数は2013年3月時点で5687万人(利用実態のない幽霊会員を除く)なので、実際のところ楽天koboを新規で利用する方の多くは楽天会員なのかもしれません。

 新規会員登録に必要な項目やプロセスは、前回の調査時点から大きくは変わっていません。他の楽天サービスと共通で用いるIDですが、電子書籍の購入だけの用途だとしても住所電話番号の登録が必要なのは少し煩わしい(☆-0.5)です。


Androidアプリから新規会員登録の画面を開いた状態
誕生日・性別は必須ではない
住所・電話番号はここでは必須ではないが、楽天kobo側で[お支払い情報]を入力する際に必須項目となる

 楽天koboイーブックストアでの支払方法は、クレジットカードと楽天スーパーポイントに対応しています。楽天スーパーポイントは楽天Edyなどを使って貯められるほか、ファミリーマートで楽天ポイントギフトカード」という形で購入できるようにもなりました。つまり、クレジットカードを持つことができない人(例えば子ども)でも、楽天koboイーブックストアは利用できます。


楽天ポイントギフトカード」のページから、楽天スーパーポイントを受け取れる
購入時に[楽天スーパーポイントを使う]で全額適用すると、「クレジットカード情報は必要ありません」という表示に変わる

 また、2012年末にログイン方法が改善され、日本国外からでも楽天会員IDを用いて日本版の楽天koboイーブックストアで購入できるようになりました。ただし、専用端末は日本国内でセットアップを完了しておく必要があるのと、日本の住所登録情報が必要となります。

 クレジットカード情報が登録済みの場合、購入に必要なステップは2クリック(タップ)だけ(☆+0.5)と、非常に簡便です。Amazon Kindleの「1-Click」には及びませんが、ポイントを使うかどうかをその都度選択できる(Amazon Kindleの場合、1-Click以外の方法が選べないため、ポイントがあると強制的に消費される)分、こちらの方が親切設計かもしれません。

 また、かなり頻繁にセールをやっている点も見逃せません(☆+0.5)。「kobo ニュース」によるお知らせや、「おすすめ」書籍の一覧に混ざって「期間限定!15%割引をゲット」といった表示が出る場合もあります。購入画面でクーポンコードを入力する手間は多少かかりますが、ゲームのような感覚で楽しむこともできるのではないでしょうか。


「kobo ニュース」には、割引クーポン情報がずらりと並ぶ
「おすすめ」にクーポン情報が表示されることも
購入時にこのクーポンコードを入力することで割引が適用される

発売前から予約注文ができる

 あとは、予約注文ができる(☆+0.5)のも特筆すべき点です。紙の本では発売前から予約注文できるのが当たり前ですが、電子書籍の予約注文に対応しているところはまだ多くありません。「いつ電子化されるのか分からない」というのはよく耳にする不満点であり、予約注文が可能であればその不満を和らげることができるでしょう。

評点:☆4.0

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる