ニュース
» 2014年03月10日 12時20分 公開

オーディオブック・オブ・ザ・イヤーは『海賊とよばれた男』「第5回オーディオブックアワード」表彰式典(2/2 ページ)

[渡辺まりか,eBook USER]
前のページへ 1|2       

本を読めない状況の人でも本を楽しめる機会を提供していきたい

久保田裕也氏 オトバンク代表取締役社長・久保田裕也氏

 今回の式に先立ち、オトバンク代表取締役社長・久保田裕也氏から挨拶があった。

 氏によれば、2005年3月5日、目の見えづらい人、本を読みたいが時間のない人にも本を楽しめる文化を浸透させたい、という創業者(上田渉氏)に誘われたのが、オトバンクとの出会いだったという。

 それから9年が経過。2014年1月1日と2日にはラジオ番組「ニッポン放送開局60周年記念オーディオドラマ『海賊とよばれた男』」を放送。年始早々、地方に住んでいる90代の老夫婦から電話があったという。聞けば、本好きだったが、文字が小さくて読めなくなってしまい、どうしようかと思っていたところ、たまたまラジオからその番組が流れてきたとのこと。「これなら本を楽しめる。ありがとう」と感謝を述べられ、オーディオブックの必要性を再認識したというエピソードを披露した。

 また、久保田氏は、

  1. コンテンツの充実
     今まではビジネス書や、語学学習作品などを提供してきたが、それ以外の文芸小説やライトノベル、アニメ原作、女性向け作品、お笑いなど、エンターテイメント系の作品を伸ばしていきたい。
  2. オフラインで経験の場を提供
    インターネット上だけでなく、施設やお店などで楽しめる場を作っていきたい。既に書店「WonderGOO」と提携し、オーディオブックを紹介・販売。それによりその書店での紙書籍の売上が3倍近くアップしているため、引き続き展開していきたい。

と今後の取り組みを語って、自らの挨拶を締めくくった。

オーディオブックアワード受賞者 オーディオブックアワード受賞者
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.