エンタープライズ:ニュース 2003/06/13 19:37:00 更新


PHPでもJava開発を――スクリプティング言語でJava開発を行うプロジェクトが始動

SunとZendの協力により、Javaの開発をPHPなどのスクリプティング言語で可能にする、新プロジェクトがスタートした。年内にPHPを使った実装が開発される予定で、ECMAscript、ASP、Pythonなども視野に入っている。(IDG)

 Sun MicrosystemsはJavaプラットフォームにおけるスクリプティング言語のサポートに関して、Oracle、Macromedia、Zend Technologiesなどの多くの業界パートナーと手を結んでいる。

 SunとZendは、(うまくいけば)PHP、ECMAscript、Active Server Pagesなどの人気の高いスクリプティング言語を使ってJavaアプリケーションを書くことができるよう、開発をすすめている。

 Oracle、Macromedia、Zend、Sunの4社は5月19日、SunのJava Community Process (JCP) 標準化プログラムの中で、あるグループを結成した。6月9日、JCPの執行委員会がこのグループに認可を与え、同グループはJava Specification Request 223という正式なJava標準の作業を開始した。

 「われわれはSunのサポートにより、スクリプティングとJavaが初めて連携するところを目撃している」とO'Reilly & AssociatesのCEOであるティム・オライリー氏は今週開催中のJavaOneカンファレンスで話した。

 SunはJavaOneの会期中、Javaデベロッパーをあと700万人増やしたいと何度も繰り返した。スクリプティングに関するこの作業により、Sunはこの数字に近づくことができるだろうとオライリー氏は話す。同氏の推測によれば、スクリプティングコミュニティを包含すれば、Javaデベロッパーはさらに300万人増えるだろうという。

 しかし、現在、開発に取り込んでいるのはPHPのみ。PHPコミュニティーには50万人のデベロッパーがいるとZendでは推測する。

 この話をSunに持ちかけたのは、PHPの商用版を販売しているZendで、同社は仕様に関する主要な貢献者でもある、とJ2SEプロダクト・ライン・マネジャーのカリン・シャイプ氏。「これはZendとSunとの共同作業のようなもの」とシャイプ氏。しかし、シャイプ氏はZendが唯一のパートナーというわけではないと言う。「他のスクリプティング言語も同調してくると期待している」と同氏。

 新しい規格はいいアイデアだとするのは、Pythonスクリプティング言語の作者であるホイド・ファン・ロスュム氏。「Pythonの熱狂的な愛好家の多くはJ2EEを使って仕事をしており、Pythonをその環境で、少なくとも一部の仕事で使うことができれば、確実に歓迎されるだろう」とロスュム氏はメールでのインタビューに答えた。

 SunのJ2EE (Java 2 Enterprise Edition) プラットフォームが広く受け入れられた今、同社はJava言語の発展により重点を置き始めている。スクリプティングサポートを追加するのは、その努力の一環であるとシャイプ氏。「われわれはこれまで、プラットフォームに多大な時間を充ててきたが、今はJavaの言語としての側面にフォーカスしようとしている」と同氏。

 SunとZendの2社はPHPをベースにした参考実装と、仕様、Technology Compatibility Kitを今年中に作成する予定である。

関連記事
▼2003 JavaOne Conference in San Franciscoレポート

関連リンク
▼Zend Technologies
▼Sun Microsystems
▼エンタープライズ トップへ

[Robert McMillan,IDG News Service]

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -