2003 JavaOne Conference in San Franciscoレポート
米国時間6月10日、カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターでJavaOneカンファレンスが開幕する。1990年代半ば、ダイナミックなWebページを制作する言語として一躍脚光を浴びたJavaは、その後、エンタープライズや携帯端末へと多様化が進んだ。しかし、快進撃のJavaにとっても、未開の地はまだまだある。オンラインゲームや開発ツールもそうした分野の一つだ。8回目を数える今年のJavaOneでは、デベロッパーのすそ野をさらに拡大すべく、さまざまなツールが発表される。
■ C O N T E N T S

モバイル、オープンソース……Javaの未来を語るSunのシュワルツ氏
[2003.6.25 UP] 先ごろサンフランシスコで開催されたJavaOneで基調講演に立ち、「Java is Everywhere」を強調したSunのジョナサン・シュワルツ氏。その同氏が語るJavaの未来像とは……。 (聞き手:Carol Sliwa)

モデル駆動型とパターンでJ2EE開発に新しいパラダイムを提示するCompuware
[2003.6.18 UP] 先週のJavaOneカンファレンスでは、開発ツールがホットな話題となったが、米CompuwareのJ2EE開発ツール「OptimalJ」もその一つ。この秋には日本語版の投入も予定されている。 (浅井英二)

基調講演:「JavaはMicrosoft支配を阻止した」とSunのマクニーリCEO
[2003.6.17 UP] 先週金曜日、JavaOneカンファレンスでマクニーリCEOは、Javaがなければ、同社の今はなかったとし、財務的にも貢献していることを強調した。「今こそ攻めに転じる時」と彼は話した。 (Stephen Shankland)

Borland、多言語データに対応の「CaliberRM 5.3」などを発売
[2003.6.16 UP] 米Borlandは、多言語データに対応した「Borland CaliberRM 5.3」および「Borland StarTeam 5.3」国際化版を発表した。 ()

Interview:RADからアプリライフサイクル全般へソリューションを拡大するBorland
[2003.6.16 UP] 懐かしい顔がJavaOneカンファレンスに帰ってきた。かつてSunでJavaOneの立ち上げを担当したパオリーニ氏だ。彼は今、Borlandの副社長として、Javaビジネス部門を率いている。買収によって、アプリケーションライフサイクル管理へとソリューションを拡大する同社の戦略をパオリーニ氏に聞いた。 (聞き手:浅井英二)

基調講演:シュリンクラップに代わる3つのソフトウェアモデルを説くマクニーリーCEO
[2003.6.14 UP] カリフォルニア州サンフランシスコのJavaOneカンファレンスは最終日を迎え、マクニーリーCEOが基調講演に登場した。「単なる思い付き」というテーマだったが、今後のソフトウェアのあるべき姿と同社の戦略を巧妙に印象付けた。 (浅井英二)

JXTA 2.1発表、広がる可能性
[2003.6.13 UP] Sunは今週、JXTA 2.1を発表。またグリッドサービス用のSun Grid Engineなど、ほかの製品にJXTAを追加する可能性を明らかにした。 (Paul Krill)

PHPでもJava開発を――スクリプティング言語でJava開発を行うプロジェクトが始動
[2003.6.13 UP] SunとZendの協力により、Javaの開発をPHPなどのスクリプティング言語で可能にする、新プロジェクトがスタートした。年内にPHPを使った実装が開発される予定で、ECMAscript、ASP、Pythonなども視野に入っている。 (Robert McMillan)

HPとDell、すべてのPCにJavaを搭載
[2003.6.13 UP] MicrosoftはJava技術を排除する方針を固めており、2004年初頭にはJava仮想マシンの提供を終了する。アナリストからはインターネットでJavaが広く利用されていることを考えれば、HPとDellの動きは当然のことだとの声も。 (Stephen Shankland)

Javaによる市場機会創出で自らのソフトウェア事業を加速させるSun
[2003.6.13 UP] Sunのシュワルツ執行副社長は、マッキンゼーのコンサルタントとしてキャリアをスタートさせ、現在は同社のソフトウェア事業を統括する。弱冠36才の彼はJavaのブレークスルーを追い風にし、Sunのソフトウェア事業拡大に取り組んでいる。「コンシューマーを巻き込んだ市場は巨大で、その一部のパイだけでも十分に大きい」とシュワルツ氏は話す。 (浅井英二)

SunがID管理プラットフォームを強化、Active Directoryとの同期ツールも提供
[2003.6.12 UP] SunはSun OneのID管理プラットフォームをアップデートするとともに、MicrosoftのActive Directoryと同期するためのツールを新たに追加した。 (John Fontana)

イノベーションに火を点けるJavaの新ライセンス
[2003.6.12 UP] Sunは再びJavaのイノベーションを誘発すべく、新しいライセンス「Java Research License」を導入する。ゴスリング氏が10日、JavaOneカンファレンスでのインタビューで明らかにしたもの。 (Stephen Shankland)

基調講演:JavaOne恒例、お気に入りのガジェットを繰り出すゴスリング氏
[2003.6.12 UP] Javaの生みの親、ジェームズ・ゴスリング氏の基調講演は、毎回、さまざまなガジェットが登場することで知られ、今年も期待を裏切らなかった。しかし、何日もかけて製作したTシャツ発射機は、どうも効率が悪い。ゴスリング氏は、「来年は発射機のコンテストを実施する」と宣言した。 (浅井英二)

OracleとPeopleSoftの合併案にBEAのCTOがコメント
[2003.6.12 UP] BEAにとってPeopleSoftは主要顧客の1つ。その顧客がライバル会社と合併するとなると、面白くはない。WebLogic Platform 8.1発表のためJavaOneに出席したBEA CTOに話を聞いた。 (Paul Krill)

基調講演:ベールを脱ぐ「Project Rave」、Javaデベロッパーを1000万人へ
[2003.6.12 UP] 2日目を迎えたJavaOneカンファレンスで、Sunの開発ツール、「Project Rave」がベールを脱いだ。J2EEの専門知識を持たないコーポレートデベロッパーを対象にした同ツールは、Javaデベロッパーのすそ野を拡大し、1000万人に引き上げる役割を担っている。 (浅井英二)

Opinion:JavaOneカンファレンスで気ままに闊歩するアプリケーションサーバベンダー
[2003.6.11 UP] 成熟しつつあるWebサービス体系の中でも、特にアプリケーションサーバに注目が集まっている。OracleとBEAは、現在開催中のJavaOneカンファレンスに先立ち、市場での主導権を握ろうと既に売り込みを開始している。両者の宣伝内容を見てみよう。 (David Berlind)

Sun、J2MEアプリ開発の“混乱”解消に向けたプログラム
[2003.6.11 UP] Sunは「Java Verified」プログラムによって、携帯電話やPDAの分野に見られる「Javaの不統一」の問題に対処する。 (Robert McMillan)

SunがJavaOneでRave発表へ、Microsoftの開発者たちを狙い撃ち
[2003.6.11 UP] Visual Studio.NETのプログラマーをターゲットにし、Sunが「Rave」を発表する。よりシンプルな開発ツールを求めるデベロッパーらの声にこたえるものだ。シュワルツ執行副社長は、JavaOneで発表する最も重要な事柄だと期待をあおる。 (Stephen Shankland)

基調講演:オープンソースコミュニティーを巻き込むJava.net
[2003.6.11 UP] JavaOneカンファレンスの初日、基調講演でシュワルツ執行副社長に続いて登場したのは、ソフトウェア部門のCTOを務めるファウラー氏。彼は、オープンソースコミュニティーを巻き込むべく、新たに開設された「java.net」サイトを紹介した。 (浅井英二)

基調講演:「Java is Everywhere」−−JavaOneに集まった5000人のデベロッパーが気勢
[2003.6.11 UP] サンフランシスコのモスコーニセンターでJavaOneカンファレンスが開幕した。長引く景気の後退からか、参加者こそ前年からさらに減っているものの、単に携帯電話だけでなく、企業のバックエンドも巻き込み、企業にモビリティをもたらすエンドツーエンドのソリューションへとJavaの快進撃は向かう。 (浅井英二)

HPがOpenViewにオープンソースソフトのEclipse用ツールを追加
[2003.6.11 UP] HPはJavaOneでオープンソースフレームワークであるEclipseのユーザーに向けたHP OpenViewツールをリリースした。 (Scarlet Pruitt)

SAPがJavaサーバをアップグレード、EclipseベースのJDEも発表
[2003.6.11 UP] JavaOneでSAPはWeb Application ServerのJ2EE 1.3対応版をリリースした。オープンソースのEclipseベースのJava開発環境も発表し、Javaコミュニティーへの浸透を図る。 (Gillian Law)

マイクロソフト、「Microsoft VM」のアンインストーラ提供を示唆
[2003.6.10 UP] Microsoft VMは、2001年3月のSun Microsystemsとの和解契約に基づき、2004年1月以降ソースコードを含めたすべてのライセンスが失効する。マイクロソフトは、プレス説明会で、「Microsoft VM」をアンインストールするツールの提供準備があると明かした。 (堀 哲也)

IntelがワイヤレスJavaの秘訣を探る
[2003.6.10 UP] JavaOneの開幕を翌日に控えたIntelがSunとの提携を発表した。合意によれば、チップメーカーのインテルは、ワイヤレスデバイス向けのJavaプログラミングの秘訣を知ることになる。 (Ben Charny)

BEAが先制パンチ、J2EE開発を簡素化するWebLogic Workshopの実績をアピール
[2003.6.10 UP] JavaOneカンファレンスを翌日に控えた6月9日、BEAがBEA WebLogic Workshop 8.1の実績をアピールするプレス向けラウンドテーブルを行った。10日から始まるJavaOneでは、Sun Microsystemsが開発ツール「Project Raven」を披露するという。BEAが先制パンチを放った格好だ。 (浅井英二)

PalmがIBMからWME Javaランタイムライセンスを取得、企業ユーザーへの浸透図る
[2003.6.9 UP] かつてPalmデバイスを自社ブランドで販売していたIBMが、今度はPalmの企業向け戦略で協力することになった。IBMのWebSphere開発環境がPalm向けに提供され、Tungstenに同社のJavaランタイムが組み込まれるのだ。 (Stephen Lawson)

SunがJavaブランド推進に向け大攻勢へ
[2003.6.9 UP] Sun Microsystemsは新しいJavaのロゴを表示するキャンペーンを実施する計画。JavaOneで正式に発表する。 (Stephen Shankland)

JavaOneでSunの新開発ツール「Project Rave」がデビュー
[2003.6.7 UP] Sunは来週開催されるJavaOneで、Visual Studio対抗のJava開発ツール「Project Rave」を披露する。オープンソースのデベロッパー向けポータル、新しいJavaロゴも登場予定だ。 (Robert McMillan)

オンラインゲーム市場に参入するSun、ゲームテクノロジーグループ新設
[2003.6.5 UP] JavaOneカンファレンスに先立ち、Sunがゲームテクノロジーグループの発足を発表した。同グループは、携帯電話市場において大きな成功を収めたJava言語をゲーム、特にオンラインタイトル向けの技術として売り込んでいくという。 (David Becke & Stephen Shankland)



Special

- PR -

Special

- PR -