エンタープライズ:特集 2003/08/18 16:03:00 更新

Microsoft Office Systemアプリケーションレビュー
第4回 操作性が洗練されたIME 2003

Office 2003には日本語入力システムの新バージョン、IME 2003が含まれる。より快適に日本語入力を行うための機能が追加されている。

 Office 2003の各アプリの変貌ぶりに比べると、IME 2003の変化は非常に少ない。日本語変換や操作性へのチャレンジはほとんどなく、外観・機能もほぼIME 2002と同じだ。その中で、操作環境の改善やインターネットを利用した新機能を見てみることにしよう。

Tabキーで拡大する候補リスト

 変換候補が多い場合、Tabキーで候補リストを拡大する機能が用意された(または候補リスト右下の矢印をクリック)。この場合、一度に表示される候補は最大81個(9行×9列)となる。候補リスト内はカーソルキーで移動できる。

Office_ime001.gif

Office_ime002.gif

画面1〜2■Tabキーを押すと候補リストが拡大する。一度に表示できる候補数は最大81個となる。


 また、Office XPで導入されたナチュラルインプットの操作が改善された。文章の途中で文字を挿入したり修正するとき、変換精度が向上した。また、Escキーで読みに戻せるなど、IMEスタンダードの操作も取り入れられ、編集操作のカスタマイズも可能となった。

Office_ime004.gif

画面3■IME 2003 ナチュラルインプットのプロパティ。[操作設定]では「Microsoft ナチュラルインプット 2003」「Microsoft ナチュラルインプット 2002」「IMEスタンダードに近い操作」の3つを選択できる。


インターネットからダウンロードできる最新語辞書

 時代によって変化する言葉、流行語、新語など、最近1〜2年間に出現した言葉を取り込んだ辞書がインターネットで提供される。ただし、現時点のベータ版では実際に試すことはできなかった。また、ベータ版に添付されている資料によれば、最新辞書を定期的に更新・提供するということだが、ユーザーが自分でダウンロードする形態をとるのか、Windows Updateのような自動更新の形態をとるのかは、試用時点では分からなかった。ちなみに、IME 2003のプロパティおよび辞書ツールをあちこち探してみたが、辞書をアップデートすると思われるコマンド・設定は見あたらなかった。

Office_ime003.gif

画面4■IME 2003 スタンダードのプロパティ。2002からほとんど変わっていない。


 さらにIME 2003では、誤変換や登録単語をインターネット経由でマイクロソフトにレポートできる仕組みが用意されている。誤変換を報告するには、誤変換が起きた直後にパレットの[ツール]ボタンをクリックし、メニューの[誤変換報告]を選択する。もちろん、報告したからといってユーザーに直接のメリットがあるわけではないから、報告しなくてもまったく問題はない。

 単語登録のダイアログでも、[登録と同時に単語情報を送信する]という設定が用意されている。もちろんこれも報告の義務はないが、特殊な人名、商品名などを報告することで、IMEの標準辞書に単語が収録される可能性はある。

 インターネットを利用した新しい試みではあるが、はたしてどれほどの効果があるか未知数だ。いたずらの登録データが送られる危険、企業内の社外秘の言葉・フレーズが誤って漏れる危険など、不安材料もなくはない。

Office_ime005.gif

画面5■誤変換を報告する際に表示されるメッセージ。


Office_ime006.gif

画面6■単語・用例を登録するダイアログ。[登録と同時に単語情報を送信する]をチェックしておくと、登録した単語が送信される。


関連記事
▼Windows .NETチャンネル
▼Microsoft Office Systemアプリケーションレビューへ戻る

[井上健語, 池田利夫(ジャムハウス),ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -