microsoft office systemアプリケーションレビュー

マイクロソフトの新しいOfficeが今年第3四半期に登場する。名前が示すとおり「システム」へと進化したOfficeだが、システムを構成する個々のアプリケーションはどのように進化しているのだろうか。
新着記事
epn18.jpg 第15回 Microsoft Office Systemまとめ&価格データ
[国内記事] 10月24日、Office 2003のパッケージがいよいよ店頭に並ぶ。Officeレビューの最後に、価格や製品ラインナップをもういちどまとめておこう。[10/23 20:25]
epn13.jpg 第14回 便利なOfficeの付属ソフト、Home Style+とOfficeツール
[国内記事] Outlookに便利な機能を付加するアドインツールがHome Style+だ。初心者にも使いやすいインタフェースが特徴で、動画やイラスト付きのメールを簡単に作成できる。合わせて、Office 2003標準付属の便利な画像処理ソフトも紹介する。[10/21 18:44]
第13回 企業内の複数プロジェクトもまとめて管理するProject 2003
[国内記事] 複雑になりがちな企業内のプロジェクトとそれに関わるリソースの管理を、なじみのあるOfficeアプリケーションのユーザーインタフェースで実現できるのがProject 2003だ。[10/17 20:00]
epn01.jpg 第12回 チームのコラボレーションを実現するWindows SharePoint Services
[国内記事] Office 2003の要(かなめ)の機能がチームコラボレーションであり、その中核となるのがWindows SharePoint Servicesだ。情報共有に欠かせないツールであり、何より手軽に利用できるのが最大の強みだ。[10/16 07:00]
epn05.jpg 第11回 情報を視覚化するVisio 2003
[国内記事] 机上のプランやアイデアをビジュアル化して、目に見えるドキュメントの形に仕上げる。これがVisioの利用法だ。使いやすいテンプレートの追加など、すべてのOfficeユーザーにとって「使える」アプリケーションになっている。[9/30 11:33]
epn11.jpg 第10回 デザイン現場の声を反映して生まれ変わったPublisher 2003
[国内記事] Publisherは、ビジネスパブリッシングおよびマーケティング資料作成のためのツールだ。顧客へリーチするための文書を、見栄えよくしかも容易に仕上げるためのさまざまな機能を備えている。[9/19 18:30]
epn18.jpg 特別編 Office 2003とXML 〜InfoPathという武器〜
[国内記事] Office 2003を語るとき、XMLという単語は避けて通れない関門のようなものだ。今回は、Office 2003を操るために最低限必要なXMLの知識を伝授しよう。[9/11 18:30]
epn09.jpg 第9回 多機能だが手軽なノート感覚のOneNote 2003
[国内記事] 気軽にメモをとる感覚で利用できるのが、Office Systemの新しいアプリケーション、OneNote 2003だ。キーボード/手書き入力のどちらにも対応し、他のOfficeアプリからもドラッグ&ドロップでデータを取り込むことができる。[9/8 20:00]
epn04.jpg 第8回 Webページ作成作業を効率的に行えるFrontPage 2003
[国内記事] Webページの作成から公開までをトータルにサポートするFrontPage 2003。新しいテンプレートやデザインツールを駆使することで、Web開発作業を短縮化できる。[9/5 18:00]
epn02.jpg 第7回 データベース開発が容易にできるAccess 2003
[国内記事] データベース管理アプリケーションのAccess 2003では、より幅広いソースからデータを取り込むことと、設計・入力時のエラー削減に重点が置かれたバージョンアップが行われている。[8/28 10:30]
epn06.jpg 第6回 電子メールのセキュリティを強化したOutlook 2003
[国内記事] Outlook 2003では、複数の人の間で情報を共有するためのフロントエンドアプリケーションという性格が強く表れてる。しかし、個人が利用する情報ツールという側面からも見所は多い。[8/22 15:29]
epn03.jpg 第5回 表現力を高めたPowerPoint 2003
[国内記事] PowerPoint 2003では、作成したプレゼンテーション資料を1つのパッケージにまとめる新機能や、スライドショーのインタフェース強化などがポイントとなっている。[8/19 10:26]
epn17.jpg 第4回 操作性が洗練されたIME 2003
[国内記事] Office 2003には日本語入力システムの新バージョン、IME 2003が含まれる。より快適に日本語入力を行うための機能が追加されている。[8/18 16:03]
epn05.jpg 第3回 データハンドリングに優れたExcel 2003
[国内記事] Excel 2003では、社内ポータルなどで利用するXMLデータの取り扱いやすさが格段に向上している。統計機能も強化され、分析ツールとしての完成度もさらに高まった。[8/11 16:09]
epn10.jpg 第2回 入力環境の向上を目指したWord 2003
[国内記事] Word 2003では、文書作成をアシストする新しい作業ウィンドウが注目に値する。コマンドの種類が増えただけでなく、体系もリファインされて使いやすさが向上している。[7/28 16:20]
第1回 Microsoft Office Systemの全体像
[国内記事] 新しいOfficeの正式な製品名は、Microsoft Office 2003だが、それとともに「Microsoft Office System」という言葉を見聞きする機会も増えてきた。マイクロソフトはこの言葉を、いったいどのように定義しているのだろうか。[7/18 17:54]


Special

- PR -

Special

- PR -