ニュース
2004/03/22 22:48 更新


マイクロソフト、対Linuxキャンペーンの第二弾を実施

マイクロソフトは、事実に基づいてWindowsとLinuxを評価する「Get the Facts」プログラムの第二弾を開始した。今回は、パートナーの証言による事実を提供する。

 マイクロソフトは、企業情報システムにおいて、WindowsプラットフォームとLinuxを評価する上での「Facts(事実)」に基づいた客観的な判断基準を提供する「Get the Facts(事実を語る)」理解促進キャンペーンの第二弾を2004年3月22日(月)より展開する。

 今回は、Linuxを取り扱った経験があるパートナーの証言によって、Windowsプラットフォームの価値をLinuxと対比して明確化するというもの。広告展開する最初のパートナーは、中堅中小企業にフォーカスした業務システム大手メーカー、オービックビジネスコンサルタント(OBC)。

 「Get the Facts」キャンペーンは、「総所有コスト(TCO:Total Cost of Ownership)」「導入コスト」、および「ビジネス価値」の観点から、第三者機関による調査情報や、顧客、パートナーの声といった「Facts(事実)」に基づく情報を、主に企業の情報システム部門責任者や担当者に向けて、分かりやすく広告という手法を中心に提供するもの。同社のサイトは2月9日のキャンペーン開始以来、4万以上のアクセスがあったという。

 今後、他のパートナーの証言もこの広告を通して提供していく予定。

関連記事
▼マイクロソフト、Linuxを意識したキャンペーンを実施
▼Windows .NETチャンネル

関連リンク
▼「WindowsとLinuxについての事実検証」

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -