メディア
製品比較
» 2019年12月10日 15時00分 公開

初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選【2019年最新版】

初めてのカメラにミラーレスカメラを選ぶ人向けに、軽さとサイズ、スマートフォンとの連携、バッテリーの持ちをポイントに、おすすめモデルを探してみました。

[Fav-Log]

 スマートフォンの写真をSNSにアップしているうち、専用のカメラでもっと“映える”写真を撮ってみたくなった。なんてことありませんか? レンズを交換できるカメラとしては比較的小型で、本格的な撮影が楽しめると人気なのがミラーレス一眼カメラです。

初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選

 一口にカメラといっても種類はさまざまあり、選ぶ上でのポイントもレンズやセンサーの種類など実にたくさんあります。そこで、初めてのカメラにミラーレスカメラを選ぶ人向けに、軽さとサイズ、スマートフォンとの連携、バッテリーの持ちをポイントに、おすすめモデルを探してみました。

持ち物が増えることも見越して、小さく軽いカメラを選ぶ

 せっかくミラーレスカメラを買ったのに、重くて大きくて使いにくい、結局使わなくなってしまった……ということがないよう、できるだけ軽くてコンパクトなモデルがおすすめです。また望遠レンズや広角レンズなど、将来的に複数のレンズを持ち歩くこともあるでしょう。持ち物が増えることも見越して、本体が小さく軽いほうが便利です。

初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選【2019年最新版】 初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選【2019年最新版】

 ただし、あまり小さいと持ちにくかったり、操作がしにくかったりと、快適に撮影を楽しめないことも。カメラが小さいとバッテリーも小さいことが多く、撮影枚数が少なくなる傾向もあります。できれば、家電量販店やカメラ店の店頭で気になった機種を試しに触ってみるのが良いでしょう。

撮った写真はすぐにシェアしたい スマホ連携のしやすさは?

 納得の1枚が撮れたらすぐにシェアしたいもの。ミラーレスカメラから直接ネットにアップすることはできないため、一度スマホに転送する必要があります。ほとんどの新しいミラーレスカメラはスマホと同じWi-FiまたはBluetoothに対応しており、スマホの専用アプリからカメラ内の写真をピックアップできます。

初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選

 カメラとスマホを専用アプリで連携しておくと、リモートで撮影することもできます。集合写真を撮る際にセルフタイマーを使わずとも、手元のスマホを見ながらナイスタイミングでシャッターを切る、なんてことも可能。またスマホの位置情報をカメラで撮影した写真に記録して、地図上に撮影場所を表示する機能もあり便利です。

シャッターチャンスを逃さないためにはバッテリー持ちも重要

 意外に忘れがちなのが、カメラのバッテリー持ちです。カメラメーカー各社は統一の試験方法で撮影可能枚数を発表していますが、ディスプレイを見る時間が長かったりすると、それより少なくなってしまいます。

初心者向け「ミラーレス一眼カメラ」 タイプ別のおすすめ3選

 せっかくのシャッターチャンスなのにバッテリー残量がゼロということを防ぐには、できるだけ撮影枚数が多いモデルを選ぶのがポイントです。なお、近頃のスマホと違いカメラのバッテリーは交換式ですので、予備のバッテリーを持って歩く方法もあります。

タイプ別のオススメはコレ!

まるでコンパクトカメラ パナソニック「GF10/GF90」

 パナソニックの「LUMIX DC-GF10/GF90」はボディが約270g、レンズセットに付属する12-32mmの標準ズームレンズも約70gと、合せて約340gで使える軽量モデルです。サイズも手のひらに乗るくらいのコンパクトサイズ。背面モニターを前向きにして自撮りも楽しめます。

LUMIX DC-GF10W パナソニック「LUMIX DC-GF10W」のホワイト(ダブルレンズキット:LUMIX DC-GF10W、LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.、LUMIX G 25mm F1.7 ASPH.)

 セットに付属するレンズは、室内も収まる広角寄りから肉眼に近い写り方。もっと広く撮りたい、逆にもっと遠くを撮りたい場合は「マイクロフォーサーズ」規格のレンズから目的に合せて選びましょう。ボディカラーは3色で、ホワイト×ローズゴールドなどファッションアクセサリーのようなモデルもあります。


スマホ連携がワンタッチ ソニー「α6100」

 ソニーの「α6100」は、Wi-FiとBluetoothに加え、NFCという通信規格に対応して、NFC対応のスマホと連携しやすいのが特徴です。専用アプリをインストールしたスマホとカメラを近づけるだけで連携設定が完了するため、アプリやカメラのメニュー画面を開いてあれこれ操作しなくて済みます。NFC非対応のスマホには、カメラの設定画面からQRコードを表示して連携操作を行います。

photo ソニー「α6100」のホワイト(ダブルズームレンズキット:ILCE-6100Y、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)

 α6100のレンズセットに付属するのは16-50mmの電動ズーム式レンズで、景色を広く撮ったり近くの人物を撮ったりするのに向いています。もっと遠くを撮りたい場合は、55-210mmの望遠レンズがプラスされたダブルズームレンズキットを選ぶと良いでしょう。レンズの規格は「Eマウント」でさまざまなレンズが用意されています。


お手頃価格で撮影枚数の多さが特徴 富士フイルム「FUJIFILM X-A5」

 富士フイルムの「FUJIFILM X-A5」は付属バッテリーで約450枚が撮影でき、ミラーレスカメラの中では比較的バッテリー持ちが良いモデルです。さらに高額で大きなハイエンドモデルには、もっとバッテリー持ちの良いカメラがありますが、比較的手軽に購入できる価格帯の中では撮影枚数の多さが魅力です。

photo 富士フイルム「FUJIFILM X-A5」のブラウン(デジタルカメラレンズキット:FUJIFILM X-A5、XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ)

 もちろんスマホ連携などの機能も備え、可動式モニターで自撮りも可能。セットに付属するのは15-45mmのズームレンズで、景色から人物までの範囲で使いやすいレンズです。もっと違うレンズを使いたくなったら「Xマウント」規格の中から目的別に選びましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.