メディア
製品比較
» 2019年12月10日 15時00分 公開

「大容量モバイルバッテリー(ポータブル電源含む)」とおすすめ3選【2019年最新版】

電源が必要になるシチュエーションに応じて、3つのテーマで大容量モバイルバッテリーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

[Fav-Log]

 モバイルバッテリーにはスマートフォンを何回も充電できる大容量タイプの製品がラインアップされています。中にはスマホだけでなく、パソコンなども動かせる超大容量のもの、さらに100Vの家庭用電源にもなる大型の製品もあります。

「大容量モバイルバッテリー(ポータブル電源含む)」とおすすめ3選

 1台あれば長期間の旅行やキャンプなどアウトドアでの電源として、また災害時に発生する停電への備えとして役立つでしょう。電源が必要になるシチュエーションに応じて、3つのテーマで大容量モバイルバッテリーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

覚悟があれば毎日持って歩くことも PCも充電可能な2万mAhクラス

 一般的に、容量1万mAhのモバイルバッテリーはスマートフォンを2〜3回程度充電できるのが目安です。スマホの機種や使い方によりますが、もっと充電回数を増やしたい、グループでバッテリーをシェアしたい、タブレットやPCも充電したいという場合もあるでしょう。

 そこで視野に入るのが1万mAhクラスの2倍、2万mAhクラスの製品です。サイズや重さもアップしてしまいますが、スマホへ充電できる回数も4〜5回以上、iPadなどにも2回以上充電できます。また機種が限られますが、USB PDという充電規格に対応したノートパソコンへの充電が可能なモデルもあります。

さらに大容量のモデル 普段は据え置きで利用?

 2万mAhクラスを超えると大きも重さも存在感が増し、毎日持って歩くのにはちょっとした覚悟が必要になるでしょう。選択肢も少ないため、このサイズの製品を探すよりは、2万mAhクラスの製品を2台買うのが良いかもしれません。

さらに大容量のモデル 普段は据え置きで利用? cheeroの「Power Mountain 50000mAh」

 なお、モバイルとはちょっと違うコンセプトになりますが、コンセントが少ない部屋で使う、机の上に置いてグループで使うなど、据え置き利用を前提としたcheeroの「Power Mountain 50000mAh」が面白い存在です。こちらを後半でご紹介します。

冷蔵庫やテレビもOK キャンプや停電時のバックアップにもなる超本格派

 さらに大きなクラスとなると、モバイルバッテリーではなくポータブル電源などとも呼ばれるジャンルに突入します。大きも重さも気軽に持って歩くモバイル機器ではなく、移動もできる電源という位置付けです。その分もパワーもケタ違いで、容量を表す単位も変わるのが特徴です。

冷蔵庫やテレビもOK キャンプや停電時のバックアップにもなる超本格派

 スマホを充電できるだけでなく、家庭用100V電源のコンセントプラグや車載用品に使われるシガーソケットなども備え、幅広い機器に電源を供給できます。キャンプなどのアウトドアはもちろん、停電時にテレビや冷蔵庫、扇風機などを数時間動かすこともできますので、いざという時の備えにもなります。

タイプ別のおすすめモデルはコレ!

スマホだけでなくノートPCも充電OK 「PowerCore+ 26800 PD 45W」

 Ankerの「PowerCore+ 26800 PD 45W」はその名の通り2万6800mAhと超大容量のモバイルバッテリーです。重さが約580グラムとペットボトル並みですが、「iPhone 11 Pro」なら6回以上、「Galaxy S9」なら5回以上充電できるため、スマホを充電するだけなら長期間の旅行でも安心でしょう。

「PowerCore+ 26800 PD 45W」

 単に容量が大きいだけでなく、ノートPCも充電できるのが大きな特徴です。USB PDという規格に対応したノートパソコン、例えば13インチのApple製「Macbook Pro」なら約1回分を充電できますから、コンセントが無い場所で長時間ノートパソコンを使う際に便利でしょう。バッテリー自体の充電を高速で行うため、専用の急速充電器も付属しています。

「PowerCore+ 26800 PD 45W」

スマホやタブレットのスタンドにもなる 三角の「Power Mountain」

 三角の見た目がユニークなcheeroの「Power Mountain 50000mAh」は、容量5万mAhのモバイルバッテリーです。これだけあれば、iPhone 7/8なら約17回、Galaxy S7/S8なら約10回の充電ができます。

cheeroの「Power Mountain 50000mAh」 三角の見た目がユニークなcheeroの「Power Mountain 50000mAh」

 ただし、このデザインとサイズ感から分かるように、外出時に持って歩くのはちょっと難しいでしょう。この形はスマホやタブレットのスタンドになるようデザインされたもので、家庭のリビングや会社の打ち合わせスペースに据え置く、充電ステーション的な使われ方を想定しているようです。ライトも付いていますから、アウトドアや防災用にも向いています。

cheeroの「Power Mountain 50000mAh」 スマホやタブレットのスタンドになるようデザイン

選べる2つのサイズ 人気のポータブル電源Anker「PowerHouse」

 モバイルバッテリーと呼ぶにはちょっと大きすぎるAnkerの「PowerHouse」は、100V電源のコンセントプラグも備えた人気のポータブル電源です。容量434Wh(約12万mAh)のモデルはスマホ充電なら約40回以上、ノートPCを約15時間、さらに小型冷蔵庫も約7時間動かすことができます。重さが4.2キロもありますから、頻繁に持って歩くのではなく、キャンプやお花見、災害時に出動する製品と言えるでしょう。

「PowerHouse」 「Anker PowerHouse」

 ひと回り小さい213Wh(5万7600mAh)のモデルはスマホを14回以上、MacBookを3回以上充電できます。こちらは重さが約2.7キロ。どちらも本体を充電しながら、スマホなどの接続機器を充電できるパススルー充電に対応しています。USB対応のスマホやタブレットだけでなく、照明機器など比較的消費電力が少ない家電も動かせますから、災害時の停電に備えることができます。なお、電子レンジやホットプレート、掃除機など、一度にたくさんの電気をが必要な機器は動かせません。

「PowerHouse 200」 「Anker PowerHouse 200」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.