メディア
製品比較
» 2021年02月26日 12時52分 公開

「知育玩具」おすすめ5選 おもちゃで遊びながら能力を伸ばす【2021年最新版】

知育玩具は子供の成長や年齢に合った種類があります。ここでは、0〜1歳、2〜3歳、4〜6歳と年齢ごとに違う知育玩具の選び方と、おすすめの製品をご紹介します。

[Fav-Log]

 「知育玩具」とは、子供の能力の発達を促すおもちゃのこと。集中力や思考力、社会性、創造性など、遊びながらさまざまな能力を磨くことができます。

「知育玩具」おすすめ5選 おもちゃで遊びながら能力を伸ばす【2021年最新版】 くもん出版「NEWくみくみスロープたっぷり100」(出典:Amazon

 知育玩具は子供の成長や年齢に合った種類があります。ここでは、0〜1歳、2〜3歳、4〜6歳と年齢ごとに違う知育玩具の選び方と、おすすめの製品をご紹介します。

知育玩具:0〜1歳児向けのおもちゃの選び方

 生後3カ月以内の赤ちゃんには、寝た状態でも遊べるモビールやベビージム、ベッドメリーなどがおすすめです。特にベッドメリーは、おもちゃが頭上でくるくる回りながら、優しいメロディーが流れ、視覚や聴覚などさまざまな感覚を育めます。

知育玩具:0〜1歳児向けのおもちゃの選び方 アガツマ「アンパンマン 8WAY ウォーカーまでへんしん! よくばりメリー」(出典:Amazon

 生後3カ月以降は、少しずつ体を動かせるようになってくるので、ボールなどの転がして遊べるおもちゃがよいでしょう。生後6カ月以降は、物を握る能力が上がるため、積み木のようにつかめるおもちゃがおすすめ。

 1歳前後は、色や音を判別する能力が上がるので、音感が鍛えられる太鼓や木琴などの楽器系のおもちゃで遊ばせてみるのもよいでしょう。

知育玩具:2〜3歳児向けのおもちゃの選び方

 2〜3歳くらいになると、手先がある程度器用になってくるので、自由に消したり描いたりできるお絵かきボードや、自由に形を変えられる粘土などがおすすめです。遊びながら想像力を育むことができます。

知育玩具:2〜3歳児向けのおもちゃの選び方 タカラトミー「アプリでうごく!おえかきせんせい」(出典:Amazon

 大人のまねをしたくなる時期を迎えたら、ままごとセットなどもよいでしょう。料理や掃除など、シチュエーションを考えながら遊ぶため、想像力が磨かれます。

 社会のルールやマナーを学ぶきっかけにもなるでしょう。友達と一緒に遊べば、共感力や協調性を育む効果も期待できます

知育玩具:4〜6歳児向けのおもちゃの選び方

 4〜6歳になると、言語や数字に関心を持つようになるので、ひらがなやカタカナ、数字を使って遊ぶタイプのおもちゃがおすすめです。語彙力や計算力を磨くのに役立ちます

知育玩具:4〜6歳児向けのおもちゃの選び方 メガハウス「ことばのカードゲーム もじぴったん」(出典:Amazon

 ルールを理解する必要があるボードゲームやカードゲームで、友達とワイワイ遊ぶのもよいでしょう。コミュニケーションを取る楽しさを感じながら、社会性や協調性を育むことができます。勝つために戦略を組むことで、論理的思考力もアップします。

 立体パズルやレゴブロックなどで遊べば、想像力や空間認識能力を鍛えることができます。子供と一緒に難しい立体パズルに挑戦してみるのもよいでしょう。

知育玩具:おすすめモデルはコレ!

アガツマ「アンパンマン 8WAY ウォーカーまでへんしん! よくばりメリー」

 アガツマの「アンパンマン 8WAY ウォーカーまでへんしん! よくばりメリー」は、対象年齢が生後12カ月ごろまでの知育玩具です。

「アンパンマン 8WAY ウォーカーまでへんしん! よくばりメリー」 アガツマ「アンパンマン 8WAY ウォーカーまでへんしん! よくばりメリー」(出典:Amazon

 全8種類の変形に対応しており、状況に応じて自由に形を変えることができます。例えば、メロディーとともに頭上のキャラクターが回転する「ベッドメリー」として使うこともできますし、赤ちゃんの歩行を助ける「ウォーカー」として利用することも可能です。

 50種類のメロディー、効果音、おしゃべりなどを収録。おむつ替えのときに便利なライトが付いており、ホワイトノイズ音で赤ちゃんのぐずりを解消する「ストップクライベイビー機能」など子育てをサポートする機能も搭載されています。

 メーカー希望小売価格は1万5180円(税込、以下同)です。

エド・インター「森のあそび箱」

 エド・インターの「森のあそび箱」は、対象年齢が1歳6カ月以上の知育玩具です。ボックスの形状をしており、「型はめ遊び」「数合わせ遊び」「迷路遊び」「ビーズ遊び」「音遊び」という5つの遊べる機能が搭載されています。

「森のあそび箱」 エド・インター「森のあそび箱」(出典:Amazon

 箱一つで木琴を叩いて音楽を楽しんだり、ボックスの穴に動物の型をはめて遊んだり、さまざまな遊び方が可能です。子供の好奇心を満たしつつ、音感や空間認識能力を育む効果も期待できます。販売価格は1万1000円です。

タカラトミー「アプリでうごく!おえかきせんせい」

 タカラトミーの「アプリでうごく!おえかきせんせい」は、お絵かきボードです。消去レバーでサッと消せるので、繰り返し何度もお絵かきを楽しめます。

「アプリでうごく!おえかきせんせい」 タカラトミー「アプリでうごく!おえかきせんせい」(出典:Amazon

 補助用のひらがなシートが2枚、お絵かきシートが1枚付属。シートをボードに被せて、シートの溝をペンでなぞっていけば、絵や文字をきれいに書くことができます。ペン先は引っ込むように設計されているため、安心安全に利用できます。

 描いた絵をスマートフォンやタブレットの専用アプリで読み込むと、アプリ上で絵に色を塗ることができ、最終的には描いた絵をスマホの画面上で動かすことも可能です。対象年齢は1歳6カ月以上です。メーカー希望小売価格4378円です。

メガハウス「ことばのカードゲーム もじぴったん」

 メガハウスの「ことばのカードゲーム もじぴったん」は、文字をつなげていくカードゲームです。プレイ人数は2〜5人で、プレイヤーはそれぞれひらがなが1文字書かれたカードを持っています。

「ことばのカードゲーム もじぴったん」 メガハウス「ことばのカードゲーム もじぴったん」(出典:Amazon

 シートのマス目に置かれたカードと手札のカードが、言葉としてつながる場合はシートにカードを置きます。置けるカードがないときは、もう1枚カードを引く必要があります。この流れで手持ちのカードが一番早くなくなった人の勝ちとなります。

 ゲームを楽しみながら、語彙力を鍛えることができます。対象年齢は3歳以上で、メーカー希望小売価格は1320円です。

幻冬舎「対戦型3次元パズル 立体四目ゲーム」

 幻冬舎の「対戦型3次元パズル 立体四目ゲーム」は、立体的な四目並べを楽しめる知育玩具です。縦、横、斜めのいずれかで自分の球が一直線に4個並んだら勝ちとなります。

「対戦型3次元パズル 立体四目ゲーム」 幻冬舎「対戦型3次元パズル 立体四目ゲーム」(出典:Amazon

 平面的な五目並べとは違い、立体的な情報処理が求められるため、ゲームをしながら空間認識能力を磨くことができます

 ルールは単純ですが、勝つためには相手の次の手を予測しながら自分の手を考える必要があり、想像力や思考力を養うのにも役立ちます。対象年齢は6歳以上です。販売価格は1980円です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.