メディア
製品比較
» 2022年01月14日 13時54分 公開

最強「GRMNヤリス」初公開 リアシート撤去済みの超本気仕様! 500台限定(1/2 ページ)

TOYOTA GAZOO Racingが「GRMNヤリス」を初公開しました。

[Fav-Log]

 トヨタ自動車のモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」は1月14日、「GRMNヤリス」を「東京オートサロン 2022」(千葉・幕張メッセ)で初公開しました。500台限定で、今夏ごろに全国の「GR Garage」で発売する予定です。価格(税込)は731万7000円〜846万7000円。

GRMNヤリス GRMNヤリス“Circuit package”(手前)とGRMNヤリス“Rally package”

超アグレッシブなGRMNヤリス

GRMNヤリス リアシートは撤去され、ブレースを追加

 ヤリスをベースにした高性能モデル「GRヤリス」をTOYOTA GAZOO Racingがフルチューンしたモデル。GRヤリスの最上位グレード「RZ“High performance”」(税込456万円)と比べ、リアシートの撤去(2人乗り仕様)やカーボンルーフなどの採用で約20kg軽量化したほか、車高10mm低減による低重心化、全幅10mm拡大による空力改善を実現。スポット溶接打点数と構造用接着材の使用を増やすことでボディ剛性も強化されています。

 直列3気筒インタークーラーターボエンジンの最高出力は272PSと、RZ“High performance”と同じですが、最大トルクは390Nmと20Nmアップ。これに、1〜4速をクロスレシオ化したトランスミッションとローギヤードなファイナル(4.250、RZ“High performance”は3.941)を組み合わせています。クラッチは強化版となり、LSDは前後機械式を採用しています。

GRMNヤリス GRMNヤリス“Circuit package”(マットスティール)
GRMNヤリス GRMNヤリス“Rally package”(エモーショナルレッド)

 ベースグレード(731万7000円)に加え、ロード性能を突き詰めた“Circuit package”(846万7000円)を50台限定で設定。BBS製の専用18インチホイールやビルシュタイン製ショックアブソーバー、カーボン製リアスポイラーなどが追加されます。

 ベースグレードに追加できる販売店オプションとして“Rally package”も設定。全日本ラリー選手権参戦からフィードバックを受け、走破性能を高めるパーツを用意。追加パーツは個別選択も可能です。

 GRMNヤリスでは「アップデートプログラム」と「パーソナライズプログラム」を提供。レースごとのタイムリーな改善を「アップデートプログラム」で随時提供し、ドライバーに合わせたカスタマイズによりパフォーマンスを引き出す体験を「パーソナライズプログラム」で実現するとのこと。レース車両のように、購入後も車の進化を楽しめます。

 TOYOTA GAZOO RacingのWebサイトで予約抽選の受け付けがスタート。2月28日まで受け付け、3月9日に当選が発表される予定です。

GRMNヤリスの主要スペックとGRヤリス RZ“High performance”との比較

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.