メディア

スマホ充電レンタル「ChargeSPOT」は使える? 実際にレンタルして、良かった点・気になった点をレビュー

» 2023年01月27日 07時30分 公開
[宇野源一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 生活を送る上で欠かせないスマートフォン。スマホのバッテリーが切れると連絡が取れなくなるだけでなく、行き先までの経路が調べられなくなったり、キャッシュレス決済ができなくなったりと不便な生活を強いられてしまうことになります。

フォト INFORICH「ChargeSPOT」

 長時間の外出でスマホを使っていると、当然ですがバッテリーがなくなります。予備の電源を持っていないと不安になってしまいますよね。そんな時に役立つサービスとして、モバイルバッテリーシェアリングサービスの「ChargeSPOT(チャージスポット)」があります。今回は実際に使ってみて、利便性をレビューしていきたいと思います。

宇野 源一

宇野 源一

大学卒業後、大手メーカー系自動車販売会社に勤務。在職中は個人顧客を中心に年間平均60台の新車を販売。自動車保険の見直し提案などの経験も豊富。その後、金融業界に精通した業務・教育支援を行う会社に転職し、法人営業に従事するとともに、2級ファイナンシャル・プランニング技能士およびAFP資格を取得。2018年よりライターとして活動を開始。新車ディーラー業界の裏話やファイナンシャルプランナーの視点から見た車購入アドバイスだけでなく、お得なカー用品やガジェット紹介等も得意とする。私生活では3児とうさぎ2羽の父。【保有資格】2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP(日本FP協会認定)

→著者のプロフィールと記事一覧

「ChargeSPOT」のサービス概要

 ChargeSPOTは、INFORICHが2018年から開始したモバイルバッテリーのシェアリングサービス。使いたい時にモバイルバッテリーを借りて、使い終わったら返却するというものです。

 利用料金は30分ごとに課金され、最初の30分未満は165円(税込、以下同)、30分以上6時間未満で330円、6時間以上24時間未満で480円、24時間以上48時間未満で660円、以降は24時間ごとに330円加算される料金体系となっています(※)。30分以上6時間未満の利用が最も使い勝手の良いレンタル時間ではないでしょうか。

※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3300円(利用料、違約金1650円を含む)の支払い義務が発生します

フォト INFORICH「ChargeSPOT」 利用料金

 この他、2022年7月から提供が開始された、月額360円からモバイルバッテリーがレンタルし放題の「ChargeSPOT Pass」もあります。

フォト INFORICH「ChargeSPOT Pass」

ChargeSPOTのモバイルバッテリーのスペックは?

 ChargeSPOTで借りられるモバイルバッテリーは、手持ちのスマホとほぼ同じサイズ感でした。本体に出力端子USB Type-C、Lightning、Micro USBの3タイプの充電ケーブルが取り付けられているため、ほぼ全ての端末の充電が可能です。

フォト INFORICH「ChargeSPOT」 モバイルバッテリー
フォト INFORICH「ChargeSPOT」 モバイルバッテリー

 バッテリー容量は、一般的なスマホ1台分が充電可能な5000mAhなので、スマホのバッテリー残量が半分ほど残っていれば2回程度充電できる計算となります。

 充電速度については端末によって異なりますが、筆者が所有するiPhone 13 miniだと、20%から60%前後までの充電が40分ほどでできました。急速充電にも対応していると思われます。30分以内の短時間利用であっても、十分に活用できるスペックではないでしょうか。

ChargeSPOTを利用してみた!

 2022年12月某日、筆者は朝から晩まで仕事で都内を回っていたのですが、普段持ち歩いているモバイルバッテリーがカバンに入っていないというおっちょこちょいなミスを犯してしまいました。その結果、手持ち端末のバッテリーはみるみると減っていって大ピンチ! 

 そんなときにChargeSPOTの存在を思い出し、すぐに会員登録をして使うことにしました。

 東京都内をはじめとした都市部では、コンビニエンスストアだけでなくドコモショップをはじめとした携帯ショップ、一部のショッピングセンターなどにChargeSPOTを利用できる場所が点在しているので、スポットを探すのは非常に簡単でした。

フォト 近くのChargeSPOTを探す

 ChargeSPOT専用のアプリ上で近くのスポットを検索し、利用できるスポットは水色のアイコンになっているので、そこにいきます。

 スポットに着いたら、モバイルバッテリーが挿さっているホルダーのQRコードを読み込むことで、モバイルバッテリーを借りることができます。

 モバイルバッテリーを借りているうちは手持ちの端末で使い放題となっており、使い終わったら返却すれば完了です。ちなみにアプリ上ではモバイルバッテリーを借りている時間を確認することができます。

フォト 専用アプリでは、レンタル時間・現在の料金の確認が可能

 またモバイルバッテリーを返却する際は、借りたスポットで返す必要がないのも便利なポイントです。移動中にモバイルバッテリーを借り、目的地付近にあるスポットでモバイルバッテリーを返せば良いので、借りたスポットに縛られないで済むのも良い点です。

フォト 返却完了

ChargeSPOTの良かった点・気になった点

 実際にこのサービスを使ってみた感想としては、とても便利の一言に尽きました。スポットが多くある都市部を拠点として行動している人にとっては、手持ちの端末のバッテリー状況を気にすることなく使えるので便利です。

 特にモバイルバッテリーはかさばりますし、ケーブルを持ち運ぶ必要もあるので、荷物が1つ2つ減るのは大きなメリットに感じました。

フォト ChargeSPOT

 一方で都市部以外はスポットが少ないように感じるので、利用シーンを選ぶのかなと感じます。また返却する際に、返却先のスポットの空きがなかったら返却できない(=余計に課金される)恐れがあるのも厳しい点ではないかと思います。

 利用する場所と利用シーンが合致すれば、お得なサービスであることは間違いないので、一度使ってみることをおすすめします。

人気の「モバイルバッテリー」もチェック

「モバイルバッテリー」最新ランキングも要チェック!

30日間無料でお試し! 1億曲以上が聴き放題!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワンランク上のPCオーディオを楽しむ「USB DAC」おすすめ3選 スタンダードモデル編【2024年4月版】
  2. 今売れている「マウンテンパーカー」トップ10&おすすめ 1位は急な大雨にも対応できる約4000円の高コスパジャケット【2024年4月版】
  3. 今売れている「SIMフリースマートフォン」ランキング10選&おすすめ 1位のiPhone SEに続いたのはモトローラの2万円で買える超コスパモデル【2024年4月版】
  4. 今売れている「オーブントースター」おすすめ3選&ランキング アイリスオーヤマやコイズミの製品が人気【2024年4月版】
  5. アウトドアブランドの「サンダル」おすすめ4選 春から履けるデザインのモデルをピックアップ!【2024年4月版】
  6. 「G-SHOCKのアナログモデル」おすすめ&ランキング タフネス&唯一無二のデザインが魅力!【2024年4月版】
  7. 【ワークマン】かわいすぎる「雨の日ウェア・アイテム」3選 おしゃれな“レインパーカー”は、1着は持っておきたい高機能ウェア【後編】
  8. 今売れている「チープカシオ(チプカシ)」おすすめ3選&ランキング 1000円台から買える高コスパ腕時計【2024年4月版】
  9. 今売れている「サウンドバー」トップ10&おすすめ3選 Dolby Atmosに独自技術を組み合わせた立体音響にこだわったモデルに注目【2024年4月版】
  10. 8〜9インチ限定 小さくて軽い「Androidタブレット」おすすめモデル3選【2024年最新版】