メディア

いよいよスタートした「特定小型原付」とは? 定義やルール、乗るのに必要なものを解説 自転車型でも該当する場合も

» 2023年07月06日 18時00分 公開
[福山忠秀Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2023年7月1日から改正道路交通法が施行され、電動キックボードなどの電動モビリティを想定した新区分「特定小型原付(特定原付)」が誕生しました。暮らしを便利にしてくれそうな特定原付ですが、どのような車両が該当し、どのようなルールが適用されるのかご存知でしょうか。

 ここでは、特定原付の定義やルール、実際に乗る際に必要となるものとともに、現在ショッピングサイトで注文できる特定原付を紹介します

特定原付 特定原付「RICHBIT ES1 Pro」(出典:Amazon

福山忠秀

福山忠秀

Fav-Log編集部員。学生時代はモノ系ブログを運営し、大学卒業後はモノ系媒体の企画営業としてスマートフォンやオーディオ製品のプロモーションに携わる。その後もコンシューマー向け媒体で、企画・進行として6年の経験を積んだのちFav-Log編集部へ。趣味のモノは全自動コーヒーメーカーやオーディオをはじめとした家電・ガジェットや、自転車、ファッションなどデジタルからアナログまで多岐にわたり、気になった製品ジャンルはとことん調べるデータ収集タイプのオタク。

→著者のプロフィールと記事一覧

特定原付の定義

 道路交通法施行規則で定められている基準は次のとおりです。

  • 長さが190cm以下、幅が60cm以下のサイズであること
  • 最高速度が時速20km以下であること
  • 最高速度表示灯が備えられていること
  • 原動機として、定格出力が0.60kW以下の電動機を用いること
  • AT機構がとられていること

 消費者が意識する必要があるのは、基本的にサイズや最高時速、最高速度表示灯の有無となるでしょう

 最高速度表示灯については、改正法の施行日(7月1日)前に製作されたものについては、2024年12月22日までの間、最高速度表示灯の取り付けが猶予されています。

 しかし、ユーザー側で後付けするのは難しいため、特定原付として運用したいのであれば他の要件を満たした製品でも、メーカー側が最高速度表示灯を取り付けるアップデートをアナウンスしない限りは選択肢から外すのをおすすめします

交通ルールや走れる場所

 特定原付は16歳以上であれば、免許不要で乗ることができます。飲酒運転や2人乗りは当然禁止となり、罰則もあるので注意しましょう。

 改正法の施工後は「一般原付」と区分される従来の原付が、最高時速30kmで車道のみを走行できるのはこれまでと変わりませんが、特定原付は、車道だけでなく自転車専用道や自転車専用通行帯の走行が可能です。車道と歩道、路側帯の区別があるところでは、車道を通行しなければいけません。(自転車道は通行可)

特定原付 通行場所のイメージ(出典:警察庁

 なお、最高時速6kmの走行モードを備えるなどの条件を満たすモデルは「特例特定小型原動機付自転車」となり、自転車通行可の歩道や路側帯を通行できます

実際に乗る際に必要なもの

 16歳以上であれば免許も不要ですが、自賠責保険(共済)への加入が義務となっています。特定小型原付による交通事故でも、自身が大きなけがを負うことや多額の損害賠償責任が生じる可能性があるため、任意保険にも加入したほうがいいでしょう。

 また、ナンバープレートの取得も必須となります。従来の原付のものよりコンパクトな縦横10cmのナンバープレートを市町村において順次交付する予定とのことです。

特定原付 特定原付のナンバープレート(出典:警察庁

 その他には、普通自転車と同じようにヘルメットの着用が努力義務となります。警察庁によると自転車の交通事故において、ヘルメットを着用していなかった人の致死率は、着用していた人に比べて、約2.1倍高いとのこと。努力義務ではありますが、自身の安全のためにも装着するようにしましょう。

自転車型やペダル付きの電動自転車はNG?

 電動モビリティメーカーなどの業界団体・日本電動モビリティ推進協会(JEMPA)が警察庁に確認したところ「最高速度が時速20km以下」とは、「ペダルによる人力走行を行った場合でも時速20kmを超えることができてはならない」という回答だったとのことです。

 しかし、ペダル付きの電動自転車がすべてNGというわけではないようで、例えば、ペダルを足置き用として固定したもの、ペダルをこいでも時速20km以上の速度が出ないような制御機構を組み込んだものなどは、要件を満たし公道を走行できる可能性もありそうです

 実際に電動モビリティの開発から販売を行うglafit社がOpenStreet社と共同開発を進めるシェアリング用電動サイクルは、ペダルを固定した自転車型の特定原付となっています。

特定原付 GlafitとOpenStreetが開発中のシェアリング用電動サイクル(出典:glafit

 他には、あくまで筆者の想像ですが、ペダルを推進用ではなく"発電用"として搭載したモデルも今後出てくるかもしれません

現在、ショッピングサイトで注文できる特定原付

RICHBIT ES1 Pro

特定原付 RICHBIT ES1 Pro(出典:Amazon

 「RICHBIT ES1 Pro」は、実売6万9800円(税込、以下同)と比較的手ごろな価格が魅力のモデルです。現在は公式ストアやAmazonで8月下旬ごろ配送予定のものを注文できます。

COSWHEEL MIRAI T Lite

特定原付 RICHBIT ES1 Pro(出典:Amazon

 「COSWHEEL MIRAI T Lite」は、最長約70〜80kmとなる航続距離(オプションの20Ahバッテリー使用時)が魅力のモデルです。ショッピングサイトでの価格は約17万円で、現在は公式ストアやAmazonで8月下旬ごろ配送予定のものを注文できます。

SWALLOW ZERO9 Lite

特定原付 SWALLOW ZERO9 Lite(出典:楽天

 「ZERO9 Lite」は、電動キックボードの専門店「SWALLOW」が展開するモデル。ショッピングサイトでの価格は約15万円です。現在は公式ストアや楽天で9月中配送予定のものを注文できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 今売れている「マウンテンパーカー」トップ10&おすすめ 1位は急な大雨にも対応できる約4000円の高コスパジャケット【2024年4月版】
  2. 【ワークマン】かわいすぎる「雨の日ウェア・アイテム」3選 おしゃれな“レインパーカー”は、1着は持っておきたい高機能ウェア【後編】
  3. 「G-SHOCKのアナログモデル」おすすめ&ランキング タフネス&唯一無二のデザインが魅力!【2024年4月版】
  4. 「ゴアテックスレザーシューズ」おすすめ3選 ビジネスシーンでも活躍! 上品な防水シューズ【2024年4月版】
  5. 今売れている「SIMフリースマートフォン」ランキング10選&おすすめ 1位のiPhone SEに続いたのはモトローラの2万円で買える超コスパモデル【2024年4月版】
  6. 今売れている「サウンドバー」トップ10&おすすめ3選 Dolby Atmosに独自技術を組み合わせた立体音響にこだわったモデルに注目【2024年4月版】
  7. 今売れている「オーブントースター」おすすめ3選&ランキング アイリスオーヤマやコイズミの製品が人気【2024年4月版】
  8. 8〜9インチ限定 小さくて軽い「Androidタブレット」おすすめモデル3選【2024年最新版】
  9. 今売れている「アウトドアナイフ」おすすめ&ランキング キャンプや釣りなど、野外で活躍!【2024年4月版】
  10. 今売れている「クロスバイク」おすすめ3選&ランキング 2万円前後で買える! スタンドやLEDライト、フェンダーが標準装備でコスパ良し【2024年4月版】