メディア

SSD増設時は必須! 新型PS5おすすめ「ヒートシンク」4選 新型専用モデルもついに登場!【2024年2月版】

» 2024年02月08日 06時00分 公開
[Fav-Log編集部Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 スリムな新型モデルも発売されたPlayStation 5(PS5)ですが、新旧どちらのモデルも内蔵SSDを増設して容量を増やせることをご存知でしょうか。

 しかしSSDを増設する際は、PS5に対応したSSDを選ばなければいけないのはもちろん、「ヒートシンク」の取り付けが必須となります

ヒートシンク Iesooy for PS5 Slim SSD ヒートシンクカバー(出典:Amazon

 ここでは、新型PS5で使えるおすすめの「ヒートシンク」4選を紹介します

Fav-Log編集部

Fav-Log編集部

さまざまな製品・サービスの「お気に入り」が見つかる情報サイト「Fav-Log by ITmedia」。各ジャンルに詳しい担当編集部員が、ユーザーの製品選びに役立つ情報をお届けしています。

→著者のプロフィールと記事一覧

ヒートシンクの役割と選ぶ際に注目したいポイント

 PS5の増設スロットに対応するM.2接続のNVMe SSDは、高速な転送速度など性能が高い分、発熱しやすいという問題がありますヒートシンクを付けることで放熱性を向上し、熱のダメージからSSDを守ることができます

 PS5のSSDに対応するヒートシンクには、主にPS5専用設計タイプと汎用タイプの2種類があります

ヒートシンク PS5専用設計のGLOTRENDS「PS5 ヒートシンク」(出典:Amazon

 専用設計タイプは、設計がPS5に最適化されているので放熱部の面積が有利になりやすいメリットがあります。一方、PS5で使っていたSSDを他のデバイスに流用する場合に、ヒートシンクが使えなくなるというデメリットがあります。

 また専用設計タイプは、現状旧型モデルに合わせた設計のものがほとんどなので注意が必要です。新型モデルはSSDスロットの位置やスロットカバーの形が旧型モデルとは異なるため、旧型モデル専用設計のヒートシンクは新型モデルでは使用できないと考えたほうがいいでしょう

 汎用タイプは、専用設計タイプと比べると放熱部の面積で劣るものの、他のデバイスでもヒートシンクごとそのまま使える可能性があります

 汎用タイプの場合、SSDにヒートシンクを取り付けた際のサイズが、PS5増設用SSDの要件である横幅25mm以下、厚さ11.25mm以下になるかを確認しなければなりません。しかし、この要件さえクリアしていれば新型モデルと旧型モデルの両方で使用することができます

新型・旧型どちらでも使えるPS5おすすめ「ヒートシンク」:SGTKJSJS ヒートシンク銅

 M.2 Type 2280 SSDにぴったり合うように作られた汎用タイプの銅製ヒートシンクです。ヒートシンク全体が熱伝導率の高い銅でできていることで、SSDの熱をしっかり吸収して過熱を防止してくれます

ヒートシンク SGTKJSJS ヒートシンク銅(出典:Amazon

 最小設置高が1.5mmと薄いため、PS5以外にも多くのノートパソコンに使用することができます。

新型・旧型どちらでも使えるPS5おすすめ「ヒートシンク」:HIKSEMI MH1

 某”汎用ヒト型決戦兵器”を思わせるカラーリングが特徴的な汎用タイプのヒートシンクです。PS5に使えるのはもちろん、厚さが約9mmしかないため、多くのデスクトップパソコンなどに取り付けられます。

ヒートシンク HIKSEMI MH1(出典:Amazon

 両面を覆うケースタイプとなっており、そのままM.2用端子に挿せるのが便利です。高品質のアルミニウム材を使用しており、耐久性や放熱性能に貢献しています。

新型・旧型どちらでも使えるPS5おすすめ「ヒートシンク」:MHQJRH M.2 2280mm SSD両面ヒートシンク

 M.2 Type 2280 SSD用に設計された汎用タイプのヒートシンクです。素材はアルミニウムを使用しており、深い溝が無数に配置された形状となっています。これによって放熱面積を大幅に拡大し、SSDの過熱を防止します。

ヒートシンク MHQJRH M.2 2280mm SSD両面ヒートシンク(出典:Amazon

 ヒートシンクの厚さは11mmとなるため、PS5にインストール可能なほか、デスクトップパソコンなどに使用することができます。

新型PS5専用のおすすめ「ヒートシンク」:Iesooy for PS5 Slim SSD ヒートシンクカバー

 新型PS5のSSD増設用スロットに合わせて専用設計されたヒートシンクです。スロットカバーの代わりにこちらの商品を取り付けることでヒートシンクとして機能します。

ヒートシンク Iesooy for PS5 Slim SSD ヒートシンクカバー(出典:Amazon

 マグネシウムアルミニウム合金でできており、表面に多数刻まれた溝が表面積を増やすことで放熱をサポートする設計です

Amazonの「PS5で使えるヒートシンク」をチェック!

PS5のおすすめ商品はこちら!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワークマン好きが“リピ買い”した「夏ウェア」3選 2023年夏に人気だったウェアが、新モデルになって登場
  2. ワークマンの使ってよかった「足の疲れ・歩行姿勢改善インソール」3選 長時間の立ち仕事や偏平足など、悩み別におすすめを紹介【2024年5月版】
  3. ワークマンの「汗をかいても快適なウェア」3選 980円の“ひんやりTシャツ”は、この夏のマストバイ【後編】
  4. 「電波ソーラーG-SHOCK」おすすめ&ランキング 無敵の実用ウォッチ! 人気モデルをチェック【2024年5月版】
  5. ワークマンの“スニーカー感覚で履けるサンダル”が優秀 フィット感抜群の蒸れないシューズは要チェック
  6. 「ソフトシェルジャケット」おすすめ3選&売れ筋ランキングトップ10 肌寒い朝晩にも役立つ、軽量な高機能アウター【2024年5月版】
  7. 今売れている「万年筆」ランキングトップ10 特殊なペン先で筆のような書き分けができるモデルが人気!【2024年5月版】
  8. 6月発売の「保冷機能付き付録バッグ」3選 ディーン&デルーカの“おしゃれ付録トート”が話題
  9. GUの“1990円バッグ”が話題 素材・形・色すべてがカワイイ! 実際に使ってみた
  10. 「スマートウォッチ」ほしいものランキングトップ10&おすすめ 1位のApple Watch SEに続いたのはHUAWEIの人気モデル後継機【2024年5月版】