メディア

安いけど“使える”PS5おすすめ「SSD」3選 1TB1万円前後で買えるモデルをピックアップ 選び方から解説【2023年8月版】

» 2023年08月04日 11時30分 公開
[Fav-Log編集部Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 供給量の増加で入手しやすくなったPlayStation 5(PS5、プレステ5)ですが、内蔵SSDを増設して容量を増やせることをご存知でしょうか。

 SSDを増設することで、より多くのゲームソフトやアプリケーションなどのデータを保存できるようになります。

SSD Crucial P5 Plus(出典:Amazon

 ここでは、1TB1万円前後で買えるPS5におすすめの「SSD」3選を紹介します。商品選びの参考にしてみてください!

Fav-Log編集部

Fav-Log編集部

さまざまな製品・サービスの「お気に入り」が見つかる情報サイト「Fav-Log by ITmedia」。各ジャンルに詳しい担当編集部員が、ユーザーの製品選びに役立つ情報をお届けしています。

→著者のプロフィールと記事一覧

SSDを選ぶ際に注目したいポイント

 PS5に使用できるのは、「M.2 SSD」という種類のSSDです。M.2 SSDには「基板のサイズ」と「通信規格」により複数の種類があります。事前にPS5が対応するサイズと規格を確認しておきましょう。

  • 接続インタフェース:PCI Express 4.0 x4(NVMe規格)
  • 通信速度(推奨値):シーケンシャル(連続)読み込みが毎秒5500MB以上
  • 必要な容量:250GB以上4TB以下
  • 基板サイズ:幅22mmであること(Type 2230/2242/2260/2280/22110)

 特に重要なのは、接続インタフェースと基板サイズです。接続インタフェースについては、ショッピングサイトでは「PCI Express 4.0 x4」という表記ではなく「PCle Gen4x4」という表記が一般的に使われているのでそれを目安に探すといいでしょう

 基板サイズについては、上記の要件に該当するものを選べば大丈夫です。

SSD SSDのPS5への取り付け方法(出典:Amazon

ヒートシンクも必須

 PCI Express 4.0 x4のM.2 SSDは、高速な転送速度など性能が高い分、発熱しやすいという問題があります。ヒートシンクを付けることで放熱性を向上し、熱のダメージからSSDを守ることができます

 公式サポートページでも、ヒートシンクや熱伝導シートなどの放熱機構なしでSSDを増設しないように注意が呼び掛けられています。元からヒートシンクが付属したSSDもありますが、そうでない場合は後付けのヒートシンクを購入して取り付けるようにしましょう。

SSD PS5対応ヒートシンクが付属したSSD(出典:Amazon

 SSDにヒートシンクを後付けする場合は、取り付けた際のサイズが、横幅25mm以下、厚さ11.25mm以下となる必要があるため、装着後のサイズもしっかり確認して選ぶ必要があります。

PS5おすすめ「SSD」:Hanye HE70

SSD Hanye HE70(出典:Amazon

 「Hanye HE70」は1TBモデルが約8500円(税込、以下同)、2TBモデルが約1万3000円で購入できる圧倒的なコスパが魅力のSSDです

 読み込み速度は毎秒7550MB、書き込み速度は毎秒6700MBをうたっています。実際の利用では、パソコンで毎秒7400MB前後の読み込み速度、PS5で毎秒6000MBを超える読み込み速度を計測したという情報もあり、安いけど使えるSSDの大本命となっています。

 PS5対応のヒートシンクも付属しており、購入してすぐに増設が可能です。

PS5おすすめ「SSD」:東芝エルイートレーディング(TLET) TLD-M7A

SSD 東芝エルイートレーディング(TLET) TLD-M7A(出典:Amazon

 「 TLD-M7A」は、東芝ライフスタイルグループの電機メーカー「東芝エルイートレーディング(TLET)」のSSDです

 国産ブランドながら価格は抑えられており、1TBモデルが1万1000円前後、2TBモデルが1万9000円前後で購入できます

 読み込み速度は毎秒7000MB、書き込み速度は1TBモデルが毎秒5800MB、2TB以上のモデルが毎秒6600MBをうたっています。

 放熱性に優れた深いみぞを備えたヒートシンクが付属し、PS5への増設も問題なく可能です。

PS5おすすめ「SSD」:ADATA LEGEND960 MAX

SSD Crucial P5 Plus(出典:Amazon

 「LEGEND960 MAX」は、台湾のメモリメーカー「ADATA」のSSDです。コスパに定評があるメーカーでパソコン用のメモリ(RAM)でお世話になった人も少なくないでしょう。

 本モデルのコスパも良好で1TBモデルが約9500円、2TBモデルが約1万7000円で購入できます。

 読み込み速度は毎秒7400MB、書き込み速度は毎秒6400MBをうたっています。

 PS5に対応するサイズのヒートシンクが付属しており、購入後すぐに増設が可能です。

こちらの記事もチェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. ワークマン好きが“リピ買い”した「夏ウェア」3選 2023年夏に人気だったウェアが、新モデルになって登場
  2. ワークマンの「汗をかいても快適なウェア」3選 980円の“ひんやりTシャツ”は、この夏のマストバイ【後編】
  3. ワークマンの“スニーカー感覚で履けるサンダル”が優秀 フィット感抜群の蒸れないシューズは要チェック
  4. ワークマンの使ってよかった「足の疲れ・歩行姿勢改善インソール」3選 長時間の立ち仕事や偏平足など、悩み別におすすめを紹介【2024年5月版】
  5. 今売れている「バーベキューグリル」おすすめ&ランキング ハイスタイルや卓上タイプなど、人気モデルをチェック【2024年5月版】
  6. 「スマートウォッチ」ほしいものランキングトップ10&おすすめ 1位のApple Watch SEに続いたのはHUAWEIの人気モデル後継機【2024年5月版】
  7. 「ソフトシェルジャケット」おすすめ3選&売れ筋ランキングトップ10 肌寒い朝晩にも役立つ、軽量な高機能アウター【2024年5月版】
  8. スニーカー感覚で履ける「軽量トレッキングシューズ」おすすめ3選 長時間歩いても疲れにくい【2024年5月版】
  9. 今売れている「万年筆」ランキングトップ10 特殊なペン先で筆のような書き分けができるモデルが人気!【2024年5月版】
  10. 「電波ソーラーG-SHOCK」おすすめ&ランキング 無敵の実用ウォッチ! 人気モデルをチェック【2024年5月版】