この特集のトップページへ
Appendix A:ADOコンポーネントによるデータベースアクセス

Appendix A
ADOコンポーネントによるデータベースアクセス

 ここでは,ADOコンポーネントを使ってデータベースにアクセスする方法を説明する。ただし,ここではADOコンポーネントを使ってデータベースにアクセスするために必要な最低限の情報しか記載しない。より詳しく知りたい場合には,ADOに関する参考文献やMSDN Libraryに含まれるドキュメントなどを参照してほしい。

 また,米Microsoft社のUniversal Data AccessのWebページには,DAOからADOに移行するときに役立つ『Migrating from DAO to ADO and Using ADO with the Jet Provider』という技術ドキュメントが掲載されている。英文ではあるが,よくまとまったドキュメントなので,一度参照しておくことをお勧めする。

 なお,ADOコンポーネントは,Visual Basic 6.0,Access 97,Access 2000,SQL Server 7.0,Internet Explorer 5.0などに含まれており,各製品をインストールすると自動的に組み込まれる。ただし,ADOは比較的頻繁にバージョンアップしている。最新のADOコンポーネントのモジュールは,Microsoft社のUniversal Data AccessのWebページからMDAC(Microsoft Data Access Components)として入手することができるので,必要に応じて参照してほしい。

注意 本稿の執筆時点でダウンロード可能なMDACはバージョン2.1であり,Windows 2000に初期状態でインストールされる予定のバージョン2.5よりも古い。よって,ダウンロードしたMDACをWindows 2000環境にインストールしてはならない。

A.1 ADOを使う準備
A.2 データベースへの接続と切断
A.3 ADODB.Connectionを使ったデータベースアクセス
A.4 ADODB.Recordsetを使ったデータベースアクセス
A.5 ADOを使うためのヒント
 Appendix A 1/6 next
本文トップページへ戻る


Special

- PR -

Special

- PR -