この特集のトップページへ
Chapter 1:オブジェクト指向から見たCOM+

Chapter 1...
オブジェクト指向から見たCOM+

 「はじめに」で述べたように,この連載では,Visual C++ユーザーを対象として,COM(Component Object Model)およびCOM+の仕組みと実装方法を解説する。COMやCOM+は,Microsoftのオブジェクト指向技術の結実であり,その仕組みや実装方法を理解するには,C++やオブジェクト指向プログラミングに対する一定の知識が必要となる。実際,COMやCOM+はC++の言語仕様を最大限に活用して実装されているので,C++を理解することは,COMを理解するうえで重要なことといえる。  そこでここでは,C++の基本概念とCOMおよびCOM+について,簡単に説明する。

prev Chapter 1 1/8 next


Special

- PR -

Special

- PR -